満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:居食屋 村長さん

分類:和食・洋食・中華(ラーメン) 所在地:愛知県みよし市(県道54号線沿い三好森下交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年9月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:豚骨らーめん+四川らーめん  今回の所要経費:650円+680円
探検隊の報告:
 愛知県へとやって来た。台風12号が日本に上陸する日であるが,なぜか東海北陸道の通っている県はさしたる影響がない。確かに横風はやや強いが,雨が降るでもなく,通常走行である。
 朝,金沢を出発して,東名三好インターをおりたのは12時過ぎである。目的地にたどり着くまでにお昼ごはんにしようと,国道153号線を突っ切り,県道54号線を走っていて,「ラーメン」という文字を見つけたので入ったのがここ「村長さん」だった。
 ここは夜は居酒屋,昼にはとんこつラーメン屋へと変身するという,変わった店である。店に入り,券売機で食券を買うが,連れあいと2人なので,2種類を買う。1つ目は基本の「豚骨らーめん」。券売機の左上である。2つ目は「四川らーめん」ということでつまりは辛いとんこつラーメンである。
 カウンターに座ると,店員が食券を受け取りにやってくるが,その時に固さを聞かれる。それで,そうだった,ここはとんこつラーメンなんだったと再確認した次第。固さは4段階あり「ばりかた,かた,ふつう,やわらか」と書いてある。が,すべて普通にする。
豚骨ラーメン  そして,あっという間にご所望の品がやってくる。まあ,とんこつラーメンだから,基本的に早い。早く供するために麺は細麺になったということをどこかで聞いた。しかも固さを「ばりかた」なんかにすると,もっと早いのだろう。
 さて,普通の「豚骨らーめん」は豚骨味である。当たり前だ。それほどくさみも感じず,とんこつだなあって感じのラーメン。何も入れずに,出てきたままでいただく。
 ちなみに,お品書きは基本的に「豚骨ラーメン」650円也,「四川ラーメン」680円也,「味噌ラーメン」700円也,「つけ麺」750円也の4種類である。最初の3つはすべて豚骨スープを基本にしている。あとは何をトッピングするのかということになる。ネギ100円,煮卵100円,全部載せ(ネギ+煮卵+チャーシュー3枚)250円というところである。
 あとは,ごはん,炒飯,餃子といったところである。平日にはごはん無料とか,餃子100円なんてサービスもしている。
豚骨四川ラーメン  「四川らーめん」は豚骨のスープを辛くしたもの。色もちょっと赤めになっている。これは自分としてはイマイチの印象。豚骨なんだか,なんのスープなんだかわからないような味になってしまう。この手の辛味はやはり味噌味に合うと思う。豚骨のスープはやはり豚骨ラーメンとして味わう方がいいと思った。
 ついでながら,とんこつラーメンなので替え玉あり。120円である。
 パッと見つけて,さっと入り,すぐにラーメンが出てきて,さっさと食べた。これぞ豚骨ラーメン,って感じの食べ方だったか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:村長さんのウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集