満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:越前玉川温泉 本家(えちぜんたまがわおんせん ほんけ)

分類:和食 所在地:福井県丹生郡越前町玉川
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2004年12月  今回の探検目的:温泉1泊で宴会
今回のお品書き:蟹料理の宴会  今回の所要経費:ちょっと忘れてしまった
探検隊の報告:
本家の外観  今回は課の旅行でやって来た。越前ガニを食べに,である。
 金沢からは越前海岸のカニを食べに何回か来たことがある。
 今では石川のカニも加賀と能登の一文字をとって「加能ガニ」と呼んでいるが,ここを訪ねたころはまだまだそこまでブランド化しておらず,金沢でもカニと言えば「越前ガニ」の方が有名だった。
 さて,今回やって来たのは玉川温泉だが,それというのも課長がここを知っていたからなのだった。
 こぢんまりとした課だったので,全員が1台のワゴン車に乗って,まだ雪こそは降らないが,寒い冬の日本海べりを走る。

越前ガニ  温泉に浸かったあと宴会が始まる。
 一人に一杯の越前ガニがやってくる。
 本当にここ越前海岸で捕れたカニであることを証明するタグが付いている。
 いつものことではあるが,カニの宴会ではみんなが無口になる。
 とにかく一生懸命カニの身を出さないと食べられないので,みんなカニに集中するのだった。

刺身  それともう一点,カニを食べ始めると手がきたなくなってしまうので,とにかく取りかかったらカニを終わらせないと他のものを食べるという状態にならないので,一段と集中するのだった。
 ビールを飲もうと思うが,ビール瓶もグラスもよごれるので,とりあえずカニを食べる間専用のビール瓶とグラスということになるのだった。
 しかし,カニだけではなく,刺身もうまい。当たり前だが……

焼ガニ カニ鍋  焼ガニも出れば,カニ鍋も出る。
 とにかくカニ三昧である。
 カニ鍋のあと,これが雑炊になって出てくる。
 もうこの段階で,ビールも飲んでいることもあり,結構おなかが一杯である。
 だがしかし,カニ雑炊を2杯食べるのであった。
 いやはや,満腹探検隊である。
越前海岸 (玉川温泉からの水平線)
 朝方,道路側から水平線を撮影してみた。(3枚の写真を並べたもの)
(大きな写真は「越前海岸(玉川温泉からの水平線)のページ」へ)
 西南西の方向になるだろうか。
 お風呂からもこちら側が見える。
 右手(金沢方向)には朝日が当たっている。
 すでに早起きの釣り人たちが防波堤の上にいる。
 温泉に浸かって,美味しいもの食べて,のんびりして,命の洗濯である。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:本家のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集