満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:炭火串焼き たまや

分類:和食(串焼き・焼き鳥) 所在地:金沢市昭和町(金石街道六枚交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年11月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:生ビール4杯と串焼き7本
今回の所要経費:約4300円
探検隊の報告:
 今年もまた三社の女性センターで桂文我の落語を聴いてきた。2時間半あまり,笑いっぱなしである。その帰りに連れ合いと金沢駅方面へと歩き,今日は焼き鳥,ということで,見つけた店に入ったのだった。
 この店は六枚交差点から金石街道を金石方面に少し行ったところにある。店はきれいで,できてからそんなに月日がたっていないようである。
 中に入ると結構な賑わいである。2人なのでカウンター席の一番端っこに座る。一番端っこは椅子席というより,ベンチ席で,固定されたちょっと奥まった1平方メートルの小部屋という感じである。
 飲み物は生ビール。つきだしは鶏と根菜の煮物。
 あとは出てきた順。好きなものを適当に注文した。
 左レバー。1本172円也。
 右シロ。1本同じく172円也。
 まあ,いつも好きなものは同じなので,どの焼き鳥屋に行っても似たようなものばかり注文する。
 ちなみにここから3枚の写真はなぜかえらく赤く写っている。光の具合か、カメラのせいか。レバーと砂肝の皿は本来はもっと黒い皿なのだが。
 左砂肝。1本162円也。
 右ナンコツ。1本151円也。
 しばらくすると左のカウンター席に常連らしき若者が2人やって来る。コースなのか何なのか,速いペースでビールを飲み,ちょっと変わった料理が出てくる。サービスですと串焼きのシロが供されて,そっか,サービスで串焼きが出てくるほどの常連なのかと,ある意味感心する。
 串焼き屋と標榜はしているものの,お品書きには居酒屋料理が数々ある。たとえば牛すじ煮なんてのもある。しかしこれが756円だから,この店は結構お高めの値段設定である。
 最後に手羽先。172円也。
 これは焼き忘れていたらしく,ビールの2杯目がなくなりかけた頃,聞いてみたら,今焼いてますとのこと。そば屋の出前である。
 以上串焼き7本,1173円と生ビール4杯で4300円弱。なんだ高いなあと思って支払いする。生ビール1杯はいくらだったのやら。1杯600円としても2人で2杯ずつの合計2400円。串焼きと足して3600円弱。するとつき出しが350円ということか。あるいは席料があるのか。この店はレシートをくれないので料金体系が全くわからない。気分としては串焼き7本食べたってことしか印象にないから,「串焼き7本でビール飲んで,これで4300円なの,高いな。」って思うのだろうな。
−−−焼き鳥の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集