満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:狸小路(たぬきこうじ)

分類:中華(ラーメン) 所在地:羽咋市大川町(国道249号線沿い) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:中華ラーメン+醤油ラーメン  今回の所要経費:480円+550円
探検隊の報告:
 能登へと向かった。
 能登有料道路は使わずに,ひたすら国道を走る。
 いよいよ昼近く,羽咋市に入る。
 何回もこの国道を走っているが,どこかでご飯を食べようということは考えずに走っているので,どこにどんな店があるのかわからない。
 今回はこのあたりに何か店はないかと,意識しながら走ってきて,とりあえず見つけたこの「狸小路」に入ったのだった。
 狸小路なんて,あちこちの町にそんな名前の小路がある。
 札幌の狸小路で食べたホッケにホタテ貝はうまかったなあ。
 それはいいとして,とにかくラーメンを食べようと入ったので,自分は基本の「醤油ラーメン」つれあいはお品書きの一番最初の「中華ラーメン」である。
 「醤油ラーメン」と「中華ラーメン」なんて,いったいどこがどう違うのだろうと,期待しつつ,12時のNHKニュースを見ながら待つ。
 テレビが壁際にあるなんて,いかにも大衆食堂という感じであり,お客は次々やってくる。
 しかも,男ばかりであった。
中華ラーメン  さて,「中華ラーメン」というのは,まったくもって基本のラーメンだった。
 これを「醤油ラーメン」と称してもよいようなものである。
 特に特別なものが入っているのではない。
 チャーシューに,シナチク,なるとに,ほうれん草,海苔,そして刻みネギ。
 これぞラーメンという面々が麺の上に「こんにちは」って感じで乗っかっている。
 そして,味も基本の醤油味だった。
 これで480円だから,羽咋のラーメン屋で食べるラーメンとしてはよしとしよう。

  shoyu.jpg  さて,「醤油ラーメン」の方はといえば,上に炒めたもやしがのっている。
 あとはニラと,豚肉か。
 ということは,お品書きから考えると,ここのラーメンの基本はこのようなもやしののっかったラーメンのようである。
 これにあとは味を選択し,上にのせるものを選択するようである。
 この店はラーメン以外にもいろいろな中華料理があるし,定食もあるので,中華料理屋というべきかもしれないが,ラーメン食べるなら「中華ラーメン」がいいとみた。
 さて,このあと北上し,目的地へと向かったのだった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 
お品書きいろいろ:中華ラーメン→480円
味噌ラーメン,醤油ラーメン,塩ラーメン→各550円,それぞれのコーン,バター,メンマ,ワカメラーメンは100円増し,チャーシュー麺は200円増し
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集