満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:てらおか風舎(ふうしゃ)

分類:洋食
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2010年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ハンバーグランチ  今回の所要経費:1260円
探検隊の報告:
 本日は研修である。午前の部が終わり,仲間たちと歩いて食事に出る。車で行ってもいいのだが,車内はおそらく気温が50度以上。そんなものに乗る気がしない。そこで歩いて出る。6人である。
 そしてやって来たのはここ「てらおか風舎」である。初めてやってきた。ここは能登牛の店らしい。入口を入るとすぐに能登牛であることの証明書が飾ってある。本日使用の肉のコード番号らしきものも表示してある。それほど由緒正しき能登牛らしい。
スープ  さて,6人で入って平日のお昼,ランチメニューの中から注文する。とはいえ,この店はステーキが中心なのだろうが,そのランチも「能登牛の冷やししゃぶランチ」が1680円,さいころステーキの「風舎ランチ」が1680円,「ステーキランチ」が2100円とまあ結構な値段である。それで,最も安いのがこの「ハンバーグランチ」1260円であり,全員これである。飲物のお品書きも置いていくが,いかんせんワインを飲みたいが午後も研修である。そんなことはしてられない。ということで,水である。
 さて,スープは温かいものと冷たいものの中から選べる。温かいものは「コーンスープ」,冷たいものは「ジャガイモのスープ」,いわゆる「ビシソワーズ」とかってやつである。3人が温かいもの,3人が冷たいものを選ぶ。自分は冷たい「ジャガイモのスープ」である。それぞれの好みがでる。暑い夏に冷たいスープが美味い。
サラダ  スープの次にサラダが出てくるが,このドレッシングが自家製でこれまた2種類ある。これはドレッシングの瓶そのものが置かれて,好きな方をてんでに使う。一つは「梅」一つは金沢野菜の一つ金時草のドレッシングである。
 「金時草」の方を選んでみる。色は紅色。まあ金時草を茹でると裏側がこんな紅色になるのだが,その色って感じ。そして酸っぱいので,金時草といわれてもちょっとぴんと来ないのだった。
ハンバーグ  そしていよいよメインのハンバーグが来る。これもソースには3種類ある。3人が「風舎自家製デミグラスソース」3人が「ヒアルロン酸入り和風おろしソース」である。これまた好みが分かれる。あと1種類は「梅ぽん酢ソース夏野菜を添えて」とかいうソース。ちなみに自分はデミグラスソースである。このソースを絡ませたカボチャが実に美味かった。もちろんハンバーグも美味かったが,能登牛だからとりたてて美味いのかどうかが判断できるほどの舌の持ち主ではないのが残念。
 そして,フォークとナイフは使わずに箸で食べる。ハンバーグだから箸で切り分けられるし,ご飯も箸が食べやすい。おじさんである。
 ついでながら,パンとご飯が選択できるが,これは6人ともご飯を選択する。やはりみんなおじさんである。昔,千昌夫が言っていたなあ。「ニッポンズンならコメのメスィ。」
アイスコーヒーとデザート  最後にデザートがやってくる。この夏,最も贅沢なお昼ご飯を食べているような気がする。8月上旬には出張などもあったが,1000円を超える昼ご飯はまったく食べていない。居酒屋で生ビール4杯飲んで1500円,なんて出張だったから,お昼は質素である。ちなみに,なんだかケーキとパイナップルのシャーベットだったか。甘いものには興味がないので,ケーキの名前を言われても,覚えられないのだった。
 そして,飲物が付いてくる。5人がアイスコーヒーで,1人がアイスティーである。これまた好みが分かれる。これだけエアコンの効いたところで,アイスも食べたので,ホットコーヒーにすればよかったかとあとで思ったのだった。
 いや今日はちょっと贅沢した。できれば今度はステーキ食べて,ゆっくりワインが飲みたい。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:てらおか風舎のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集