満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:とっつあん

分類:中華(ラーメン) 所在地:富山県富山市今泉北部町(国道41号線沿い,富山市民病院前)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年10月  今回の探検目的:昼食・宴会
今回のお品書き:醤油ラーメン+塩らーめん+餃子+ビール  今回の所要経費:700円+700円+400円+500円
探検隊の報告:
 富山へとやって来た。実はこの日はいいお天気で,あてもなく車を走らせていたのだった。初めは夢の平方向へコスモスでも見に行くつもりだったが,国道359号線からの曲がる交差点を見落としてしまい,そのまま国道359号線を富山方向へと走る。途中から婦中町の方向へとそれ,富山空港のちょっと南あたりで国道41号線に合流したのだった。お昼過ぎともなり,国道41号線を北上して,富山市民病院の前あたりで「ラーメン」の幟旗を見つけて,いきなり入ったのがここ「とっつあん」だった。市民病院のほぼ真ん前で,ビルの1階。店の前の道は国道41号線に直交しており,このビルの1階にはいくつかのテナントが入っている。41号線を曲がって,1.5車線ほどのビルの前の道路というより通路を通る。駐車場らしきものがわからない。そこで市民病院の前で転回し,再びビルの前の通路へ。この日ほかのテナントはみな閉まっていたので,まあいいだろうと,幅寄せをして車を止めたのだった。
枝豆  さて,店に入るとカウンターにお客が一人。(と思ったのだが,あとでわかったが,この人はこの店の従業員あるいは娘さん?だったのだ。)「奧の座敷でもいいですよ。」と言われたのだが,2人だったこともあるし,カウンターの方が店の主人,すなわち「とっつあん」の仕事ぶりもわかるし,カウンターに座る。
 注文したのはお品書きの順に「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」である。ついでながら,この日は運転手専門で車を駆っていたので,連れあいにビールの権利を譲る。そうして最初に出てきたのが,瓶ビールと,つきだしの枝豆である。
醤油ラーメン  (左:まずは「醤油ラーメン」)
 しかし,時間は1時を過ぎていて,お客ももう来ないのかと思っていたら,自分たちのあとに次々とやって来る。カウンターに4人がぱらぱらとやって来るし,2人連れが3組,座敷に上がっていき,次々とお客が増えた。カウンターに座ったおにいさんが,「おすすめは何ですか?」と聞くと,「とっつあん」の答は「塩ラーメン」とのこと。ほほうそうなのか,と聞いている。
塩ラーメン  しばらくして,「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」が同時にやってくる。
 やって来た「醤油ラーメン」はとんこつ醤油のようである。スープがうまい。
 「塩ラーメン」はあっさりした中にもこくがある。とんこつ味ではなく,純粋な鶏がらスープって感じだ。「醤油ラーメン」と違ってしらがネギである。
 お品書きを見ていると,3番目が「生姜ラーメン」とある。これまでいろいろなラーメンを食べたが,「生姜ラーメン」というのは初めてである。「この『生姜ラーメン』を注文してみなくちゃならなかったんじゃない?」と連れあいが言うが,満腹探検隊としては,初めて行った店ではまずはお品書きの順に注文するのであった。しかし「生姜ラーメン」もいったいどんなものなのだろう。今度来る機会があったら,ぜひ食してみたいものである。
餃子  ついでに餃子も注文したのだが,これもうまい。
 支払いを済ませて店を出ると,こんな通路に車止めてもいいのかなと思いつつ自分が止めたところにずらりとお客の車が並んでいて,なんだ,止めるときにあんなに悩むんじゃなかった,駐車場を探すんじゃなかったと思ったのだった。
 この店は表通りに面しているわけでもないし,店も少々汚れかかってはいるが,味はそれを補ってあまりある美味しい店であった。隠れた名店である。

−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
ラーメン 醤油,塩,生姜,味噌→各700円,味噌キムチ→900円,チャーシュー→900円,つけ麺→800円,ざるラーメン→600円,大盛りは200円増し
餃子→400円,キムチ→200円,特製とろ肉→400円 など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集