満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:二代目 つけ蔵(にだいめ つけぞう)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市横側(国道157号線横川南交差点から久安3丁目交差点方向)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:つけ麺
今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 平日のお昼である。先日の休日出勤の代休である。このあたりに用事があり,そのついでのお昼ご飯にとやって来た。
 開店間もなくのお昼時間,カウンター席のみのこの店もすでに7人ほどが座っており,自分は8番目である。
 何を注文するかだが,つけ麺の店に来てつけ麺でしょう,と,お品書き一番最初の「つけ麺」を注文する。
 注文を聞いてくれるのは,この店で働き始めて間もないらしい美人のおねえさん。何しろお品書きも単純で,ほかに観察することもないので,店内の動きをいろいろと見るが,このおねえさんはいろいろと教えてもらいながらの仕事である。そして,勉強のためのメモ帳を開いたりしていたのだった。
 次々と先客に注文の品がやって来るが,結構「ラーメン」のお客が多い。つけ麺の店でありながらラーメンを注文するのかと感心する。ラーメンは一種類で,「待望の二郎系ラーメン登場」とあるのだが,ラーメン通でないものにとっては,「二郎」だか「三郎」だかよくわからない。自分は「二郎」と聞くとすぐに連想するのは「コント55号」の「坂上二郎」である。「二郎系」に対して「欣ちゃん系」を考案しても受けないだろうなあ。
 そんないらないことを考えながら待つが,あとに次々とお客がやって来る。二人連れが多いので,カウンター席のすき間がなく,結局待合席で待つお客ばかり。
つけ麺  そうこうするうちに自分のところにも「つけ麺」がやって来る。先ほどのおねえさんが「器が熱いのでお気をつけください。」と言う。カウンター席の上の平棚につけ汁が右側,麺が左側に置かれるが,右利きの人間としては動線が逆なので,テーブルの上にはつけ汁を左側,麺を右側にして置く。
 麺は200gの基本の「つけ麺」を選んだので,ちょっと少なかったかなあと思ったが,できるだけ大盛りを避けるように心がけているので,これをじっくり味わうこととする。
 つけ汁につけて食べるが,確かに濃厚で魚介の味。この味どこかで食べたような気がするなあという味だったが,いちいちそんなことを覚えていない満腹探検隊なので,これはこれで美味しいと思う。太麺で,しこしこでつるつるで,食べ応えがある。チャーシューは四角いかたまりで,これまたとろとろでいい味である。なぜ海苔が載っているのかはわからないが,海苔巻きを作り,だし汁に浸していただく。濃いめのつけ汁が海苔にしみて,これも美味い。ゆっくり味わうようにして,200gを平らげた。
 最後につけ汁が少々残ったが,スープ割りをもらわずにそのままの味をいただく。少々濃いめだが,やはりこれが美味いから麺も美味しくいただけるのだろう。特に割ることもなくそのままつけ汁をいただいたのだった。こうやって飲めるのだから,結構いい味なのである。
 右や左の二人連れの先客はラーメン組なので,先にラーメンが来ていたが,まだ食べ続けている。そんなみなさんを置いておいて,これまた先ほどのおねえさんに支払いをし,にっこり笑顔で送り出されたのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
つけ麺(麺200g)(ゆでた麺を冷水で締め,麺本来のコシ,旨みを出し,温かいつけ汁につけて食べる)→800円
あつもりつけ麺(麺200g)(麺を温かくした状態で温かいつけ汁につけて食べる)→800円
だしかけつけ麺(麺200g)(麺に温かいだし汁を張り,温かいつけ汁につけて食べる)→800円
辛味噌つけ麺(麺200g)(十数種類の味噌を1か月熟成させた辛味噌で作る)→850円
肉そばつけ麺(麺200g)(秘伝のたれで煮込んだ甘辛い豚肉&卵黄で食べる)→900円(肉そばの肉増し150円。あつもりまたはだしかけもできます)
麺大盛り(300g)→100円,特盛り(400g)→200円
ドカ盛り醤油ラーメン(並盛り200g)→700円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集