満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:めん房つるつる

分類:和食(麺類) 所在地:あちこちにありますが相互関係は不明。探検場所は金沢市泉野出町【長坂店】
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おろし参(つまり大盛)  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 富樫方面にエス氏と共に向かう。
 お昼はどこにしようかということになり,この「めん房つるつる」を選ぶ。
 それにしても「めん房」は「綿棒」とすぐに変換されてしまう。
 お昼ちょっと前だったので,2人で靴を脱いで上がれる所に入る。
そば茶  最初にそば茶が出てくる。
 ここは麺類が中心なのだが,多くの種類のお品書きがある。
 麺と組み合わせると,いったい何通りあるのだろうかというような多さである。
 そんな中で,選んだのは,もっとも単純なおろしそばである。
 おろしそばは鉢一つから選べる。
 で大盛りは三鉢であり,その「おろし参」を選択する。
おろし 参  ここのおろしそばは越前そばである。
 この手のどんぶりではなく,深めの鉢で出てくること,それに花がつおがかかっていること。福井ではよく見かけるものだった。
 で,調べてみると,この店の本店は福井のようである。
 やはりそうだったのかと納得した次第。
 おまけにその会社は福井の「ピリケン」という,昔から見かけた福井の中華料理屋の系列である。
 ただ,金沢のこの店が支店ということになっていないので,直営店ではないのかもしれない。
 それでも,店名が同じで,ロゴが同じなので,フランチャイズ契約店なのだろうか。
 まあ,そんなことはいいとして,ひたすらそばを食べ続ける。
 やはりそばは冷たいおろしそばが一番うまいね。
 で,お向かいのエヌ氏は豪華海老天付きである。
 しかし,そば湯がやってきたのがちょっと遅かった。しかも膳をいったん下げようとしたときに,それをやめて「そば湯持ってきますか。」と聞かれて頼んだのだった。
 やはり,聞かれる前に頼むべきだったのか。
 それはいいとして,すべて食べ尽くし,そば湯ももらっておつゆも飲み干し,満腹になってこの店を出たのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:かき揚げおろしそば  今回の所要経費:1000円
探検隊の報告:
かき揚げおろしそば  今日はおろし蕎麦だけではちょっと寂しいかなと贅沢をして「かき揚げおろしそば」(というお品書きだったか忘れたのだが)を注文する。贅沢にも1000円の出費である。天ぷらもなかなか自宅では食べなくなったお品書きなので,久しぶりにいいかと思い注文した。それにしても大きなかき揚げだった。冷たい蕎麦に熱いかき揚げだったのだが,やはり,熱いかき揚げは熱い麺がいいと思ったのだった。かき揚げは美味しいのだが,やはり純粋に蕎麦を楽しむべきだったと思ったのだった。
 ちなみに,この「めん房つるつる」は福井によくある「めん房つるつる」と同じかと思っていたのだが,どうも経営母体がちがうようである。こちらは「株式会社めん房金沢」という会社が経営しているようだし,福井のものは「株式会社ピリケン」が経営している。だから,ウェブサイトには載っていないのだろう。
 それにしてもロゴがほとんど同じだと思うのだが,ライセンスを付与しているのだろうか?
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 福井の店については,くわしくはウェブサイトへどうぞ
めん房つるつるのウェブサイト −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集