満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ターバンカレー

分類:洋食(カレー)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市片町【片町本店】(百万石通り沿い,金沢市役所近く)
探検時期:2006年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ターバンカレー(中)  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
 久しぶりにカレーを食す。
 12月というのに,まだ雪も降らない金沢。
 一人歩いて食事に出る。
 百万石通りのこの店はいったいいつからここにできたのか。
 そして,ここが「ターバンカレー」の本店であるとは知らなかった。
 狭い店で,カウンターが10席,窓際に2人掛けのテーブルが3つほど。
 何を食べるかというと,いろいろとのっていないやつ。
 つまり基本の「ターバンカレー」の「ターバンカレー」である。
ターバンカレー 中  「小」だとちょっと少ないかなと「中」にしてみる。
 ごはんの量が書いてあり,「小」は250gで,「中」は300gである。
 「大」400gまでも食べると,ちょっと多いと思い「中」にしたが,「大」でもいけそうだった。
 味の方はというと,うちで作るよりはちょっと辛め。
 そんな,うちのカレーと比較するなと言われそうだが,姉妹店だかの「ゴーゴーカレー」よりはうまいと思うが,うちで食べるカレーがいつもうまいと思うのはなぜだろう。
 つまり,このまったくもって単純な,ご飯の上にカレールーがかかっただけのものだと,市販のカレールーでうちで作るものであってもなんら遜色がないのである。
 それは,おなかが空いて,家に帰ってきて食べるせいなのか,それとも,おしゃべりしながら,そしてビールを飲みながら,食べるせいなのか。
 はたまた,うちで作るといつも同じ味でないことが,かえっていいのか。
 まあ,味の好みは人それぞれであるので,何とも言えないが,同じ味でずっと勝負するのは結構大変なのであろうと,人ごとながら思ったのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市片町【片町本店】(百万石通り沿い,金沢市役所近く)
探検時期:2007年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ターバンカレー(中)  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
ターバン中  1年ぶりにここ「ターバンカレー」に来て,またもや1年前と同じ「ターバンカレー中」を注文してしまった。前回は,「中」は少々少なくて,「大」でもいけるかということだったのだが,そのことなどすっかり忘れて,同じものにしたのだった。
 しかし,「中」以上の料金体系がよく分からない。50g増しの「中」が50円増しだが,150g増しの「大」が190円増し,250g増しの「特大」は330円増し。50g増しで50円増しなら150g増しなら150円増しといったようになったら,まだいいが,「大盛り」にお得感がないような気がするのだ。
 普通は大盛りの方にお得感があるのが普通だと思うのだが,いかがであろう。
 基本のカレーからはロースカツ1枚のせが150円増しで,ごはん150g増しが190円増しだから,なんだかごはんよりもカツの方が安い気がするのだった。
 とまあ,文章表現してもわかりにくいので,グラフにしてみた。数学的表現である。(といってもわかりにくいと思うけど,とりあえずこの感覚を説明してみよう。)
カレーの値段のグラフ  まずこの店の通常のカレーの料金体系をおさらいしよう。
 「カレー小」はごはん250gで450円(点A),「カレー中」はごはん300gで500円(点B),「カレー大」はごはん400gで640円(点C),「カレー特大」はごはん500gで780円(点D)である。
 今回点Bの「カレー中」を注文したのだが,この段階でふとあれ?と思ったのだった。
 というのは,ここで「小」から「中」へとごはんが50g増えている。すると料金が50円増えている。
 つまり,ここでごはんの追加1gで1円の料金増である。
 このようにわかりやすい増え方だったので,このときに違和感を感じたのだった。
 つまり,この増え方だと,緑色のグラフのようになり,「カレー大」はごはん400gで,ごはん150g増しだから料金も450円の150円増しとなり600円(点E),「カレー特大」はごはん500gで,ごはん250g増しだから料金も450円の250円増しとなり700円(点F)だと,フムフムと思ったであろう。
 しかし,そうではなく,赤い点のような料金体系なのだった。
 ただし,単純に「カレー特大」は「カレー小」(点A)の倍量だから,「カレー小」(点A)を2杯食べると思ったら,青色のグラフのような料金体系になり,「カレー特大」がごはん500gで900円(点G)でもそんなものだと思うから,この青色のグラフより赤い点が下にあるということは,「中」以上の大盛りサイズ(点B点C点D)もお得であるといえば,お得と言えるのだった。
 ちなみに,実際に販売されているものの単位量(1g)あたりの値段を計算すると,「小」(点A)は1.8円/g,「中」(点B)は1.66円/g,「大」(点C)は1.6円/g,「特大」(点D)は1.56円/gとなっており,やはり大盛りになればなるほどお安くなっているのだった。
 ついでに,この緑色のグラフで単位量(1g)あたりの値段を計算すると,「小」(点A)1.8円/g,「中」(点B)1.66円/gと,実際に販売されているものと同じだが,「大」(点E)は1.5円/g,「特大」(点F)は1.4円/gと一段とお得な値段設定なのだった。
 以上,私の感じたちょっとした違和感をご理解いただけただろうか?
 えっ?たかがカレーの値段で何を言ってるんだって?
 しかも説明がわかりにくいって?
 はい。その通りでございます。
−−−カレーの仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:ターバンカレーのウェブサイト(外部リンク)
お品書き
このときのお品書きいろいろ:

大きさ(ごはんの量)小(250g)普通(300g)大(400g)特大(500g)
ターバンカレー450円500円640円780円
ハンバーグカレー,チキンカツカレー,ウィンナーカレー,コロッケカレー,納豆カレー(生卵付)580円630円770円910円
ロースカツカレー,エビフライカレー600円650円790円930円

−−−カレーの仕切り線−−−
満腹探検隊の 金沢カレー特集のページ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集