満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:拉麺創房うめえげん

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市高尾
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2008年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメン  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 町を走れば新しい店が見つかるもので,今日も土曜の仕事のあと,ちょっと鶴来方面に行ってみようかと思って走っていたら,ラーメンののぼり旗が目について入ってみたのだった。
 店は凝った風でもなく,とにかくラーメンを食べていってくださいという感じで,入り口もありきたりのアルミサッシ。
 明るい店で,入るとすぐに券売機が目につく。
 今日選んだのは一番最初の「ラーメン」であった。
 といっても,味の選択があるわけではなく,あとは味玉が入っているか,チャーシューがたくさん入っているかだけである。
 すでに午後2時近く,2人掛けのテーブル席は空いていたので,そこに一人で座る。
 おばちゃんが「味は普通と濃いめがありますが,どうしますか?」と聞くのでやはり「普通」とする。
 お昼時はご飯が無料サービスらしいのでいただくこととする。
ラーメン  出てきたラーメンはとんこつ醤油味と言うのだろうか,上に少々油が浮いているが,それをものともせずに,スープをすすってみる。
 まあいける味だね。味にうんちくを傾ける方ではないので,ごちゃごちゃしたことは言わない。(言えない)おいしくいただくだけである。
 テーブルの上にはゴマ,おろしニンニク,紅ショウガが載っているので,やはりとんこつラーメンなのか。
 ライスサービスだが,自分はどこのラーメン屋でも感じるが,ラーメンをおかずにしてご飯を食べるというのはどうもあわない。(サービスのご飯をもらっておいて言うなよという感じではあるが……)
 ここは一つ,ふりかけでも持ち歩くべきだったかと思ったのだった。
 おばちゃんの背中には「創麺房うめえげん」と染め抜かれている。
 確か店に入るときに「拉麺創房」とあったようだったがと思ったが,まあよしとしよう。
 おまけに駐車場ののぼり旗には四角いはんこのような配列で「美味栄元」とある。これはどういう意味だろう?と考えつつ店を去るのだが,これを「うめえげん」と読ませるのだとあとで気がつくのだった。
 この店の名「うめえげん」も金沢弁である。
 当ウェブサイトの「読んでみまっし金沢弁」にも載っているのだが,「〜げん」とは「〜なのだ」という意味である。
 「うめえ」は「うまい」「おいしい」であるから,「うめえげん」は「おいしいんだ」という意味の金沢弁なのだった。
 方言を上手に使った店名だね。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

座席数
座席数:カウンター7席,テーブル6人掛け×1,4人掛け×1,2人掛け×1
駐車場
駐車場:店の前に4台(両端は入りにくい),ちょっとだけ離れたところに6台分くらいあり。
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
ラーメン→650円,味玉ラーメン→750円,チャーシューラーメン→850円,替え玉→150円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集