満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:養老乃瀧(ようろうのたき)

分類:和食・洋食・中華 所在地:あちこちにありますが,金沢にはこの1店だけです。探検場所は【杜の里店】(山側環状線沿い) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年8月  今回の探検目的:宴会・夕食
今回のお品書き:各自注文いろいろ  今回の所要経費:一人2000円弱
探検隊の報告:
 養老乃瀧っていったいいつからあるのだろうか。
 自分が学生時代から金沢にはあった。
 そのころは日銀金沢支店の裏あたり,金沢の繁華街香林坊にあったが,今はそこにはなくなり,ここ杜の里にある。
 とにかく,安い!ということで,学生はよく行ったものだった。
 もちろん今もそうである。
 若者がいつもいっぱいで,時にはそのうるささに閉口する。
 まあ,若者とは自分の過去であり,そんなものだったと思えば,彼らに負けじと騒いで飲むしかない。
 さて,ここ杜の里店は,食材はいいよという噂である。
 というのも,うちのご近所に料理好きのおばちゃんがいて,ここに非常勤勤務者(カタカナ言葉で言うとパートタイマー)として,行っているのだが,裏方の見た台所事情としてそう言っていたのである。
 これを口コミと言うのだろうが,きっとそんなことって大事なのだろう。
 もちろん全国共通のお品書きなどは,ありきたり,本社直送,出来合い,加熱殺菌処理密閉容器詰めなんてものも多々あるのだろうが,そんなことできない食材もまた多々あるものである。
 たとえば,刺身とか,生野菜とか,豆腐などの日配品などである。
 これらを,ご当地金沢のよい食材を使えば,それは,居酒屋とはいえ,おじさんでも立ち寄る気にもなるだろう。
 この店では今日のおすすめということで,黒板に毎日おすすめのお品書きが書いてあるようだが,やはり,そんなものを注文するのがよいのだろう。
 ということで,今夜はお盆の墓参りの帰り,11人で来たのだった。
 幸いにも座敷が空いていて,約3分待ったら座ることができた。
 各自が好きなものを注文したので,注文したものは数々あるので,調子に乗って撮影したものを少しだけ紹介しよう。
イワシのぬた しめ鯖
   左はイワシのぬたである。左に見える小さな器は今日のつき出し「たこわさび」。このたこわさびもうまかった。
 右はしめ鯖。この手の料理はやはり地のものでないと作れないものであろう。
宇和島のじゃこ天  こちら宇和島のじゃこ天である。
 何しろ運転手がいたので,自分はエビスビール大瓶を注文したのだった。
 エビスビールがお品書きにあるってことが,おじさんにとっては,よしとする大きな理由なのだった。
 ちなみに,このじゃこ天に添えられているおろし生姜はチューブ入りのものだった。
 なぜかというと,かなり強烈な保存料の味がしたからである。
 この保存料,市販品でもいろいろなところに使われているが,自分はこの味(つまり,薬品の変な味)に敏感なのであった。
 野菜は地物を使っても,おろし生姜は地物にならないのは,仕方のないことなのだろうか。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ
養老乃瀧のウェブサイト −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集