韓国ソウル旅行記 −裕美と父の旅日記−富山空港を飛び立ち,ソウルへ

1ページ

 富山空港には出発の2時間前の午後4時40分には集合とのこと。一応国際線ということだ。
 4時半前に富山空港の団体旅行カウンターに着いて,他に誰もいないので,これはどうも一番最後かと思って,「最後の2人ですか?」と聞くと,ここからのツアーは2人だけとのこと。
 娘と顔を見合わせて,「なんだ,またもや2人だけか。」と笑ってしまう。
 一昨年のアンコールワット・ホーチミンへの旅と同じである。
 6時40分発なので,あと2時間も富山空港で暇つぶし。自分はガイドブックを読み,娘は小説を読む。
 ちなみに,この富山空港のいいところは,無料の駐車場がたくさんあるところ。ちょっと歩くことにはなるけれども,無料には代え難い。
 さて,空港内にはいくつか飲食のできるところがある。(国内線のターミナルビル内のみ)その中でも,ビールのおつまみになりそうなもののあった「エレガ」というレストランに入る。
 (その報告については「満腹探検隊」の「エレガ」のページへどうそ。)
 5時半になったら入り,晩ご飯である。自分はビールと,白エビから揚げ,ナンピザ。
 6時過ぎたので,国際線のターミナルビルに移り,チェックインと出国審査。その待合室は,韓国語ばかりが飛び交う世界だった。免税店では残った円を使おうという人たちでごった返す。韓国の人たちにとっては,今日も丸1日日本で過ごし,夕方帰るという,いい飛行機便である。
 それにしても,日本,韓国,中国の人々は区別がつかないものである。
富山空港にて これから乗る飛行機を背景に 富山空港の夜景
(左はこれから乗る飛行機を背景に撮ったが,よくわからない。右は飛行機の中から富山空港を撮影。)
 飛行機は定刻に飛び立つ。
乗ってすぐ出た軽食  乗ってしばらくすると,軽食が出る。(左の写真)予想外であった。日程には機内食とは書いてなかったので,しっかり空港で食べたのだった。それで,そばや寿司を食べ,煮物をビールのおつまみにしたのだった。
 そして,ビールを注文すると出てきたのは韓国のビール。いよいよここから韓国のビールを飲むことになるのだった。

 もくじ   次のページにいく