満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:FULL OF BEANS(フル・オブ・ビーンズ)

分類:和食・洋食・中華(おにぎり・惣菜)
所在地:金沢市里見町(竪町通りからちょっと入ったところ) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おにぎり2個(おかか+唐揚げ)+Bセット
今回の所要経費:115円+147円+525円→締めて787円
探検隊の報告:
 「FULL OF BEANS」というすべて横文字の店の割には,おにぎりを主体とするかなり和食よりの惣菜の店,そして食事の店なのだった。
 店を入れば,まずおにぎりと惣菜の陳列棚がある。店頭で買い求める人も結構いる。その奥に,食事ができる部分がある。
 民家を改装した店であり,奥に入るにも,たたきのようなところにみんな履き物をぬぐ。
 今日は男4人で来たが,われわれ以外はすべて女性である。
 民家を改装して,椅子が置いてあったり,カーペットが敷いてあったりするが,我々はちょっと奥の,2階への階段下にある座る席である。テーブルも昔の寺子屋風の飯台である。2階は「deux egg gallery」とかいうフリーマーケットになっているらしい。これまた,全くの和風建築を改装して,おフランス語と英語をあわせた店の名である。
 ところで「Full of beans」だが,「豆がいっぱい」という意味かと思ったが,うちのランダムハウス英和大辞典によると,俗語で一つ目の意味は「元気いっぱい」という意味らしい。ちなみに二つ目の意味は「愚かで」という意味である。なんで「豆がいっぱい」がこういう意味になるのかわからないが,やはりその国の文化の中から生まれた意味なのだろう。
 さて,食事のお品書きも結構いろいろなものがあるが,やはりおにぎりを食べてみるために,おにぎりとBセットというものを選ぶ。
おにぎり2個とBセット  Aセット(420円),Bセット(525円)共におかずがお店のおまかせだが,Aセットは2品,Bセットは3品のおかずがつき,豚汁はどちらにも付いてくる。
 今日の我々はみんなBセットにして,各自好みのおにぎりを選ぶ。さすがおにぎりの店だけあって,種類が多い。今日は2種類選ぶ。「おかか」と「唐揚げ」である。過去にこの店に来たことのあるエヌ氏が「唐揚げ」もなかなかうまかったと言うので,ついつい,その言葉にのったのだった。
 ちなみに,おにぎりの種類はというと,下のおまけに記載してみた。
 それから,今日のおかずは自分のは「セロリときゅうりと鶏の酢の物」「厚揚げとチンゲンサイのピリ辛あんかけ」「自家製がんも揚げ」(いずれも名称は私の予想である。)
 お隣のおにぎり3個注文したワイ氏は「酢の物」じゃなくて「マカロニサラダ」,「ピリ辛あんかけ」じゃなくて「なすと何とやらの煮物」(いずれも名称は私の予想である。)であった。
 そしてこれらのおかずはすべてお総菜として店頭で販売しているのだった。
 自分は合計すれば787円ということで,いいお値段となってしまったが,おなかの具合にあわせて,量を調節することも可能ということが,いいのかもしれない。
 秋晴れが続く中,このあと出張のワイ氏を見送って,職場へと帰ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのおにぎりのお品書きいろいろ:
塩(基本だね)→105円,梅・おかか・昆布→各115円,梅ちらし・おかか昆布・ゆかり・しば漬け・岩のり→各126円,梅のりわさび・厚焼玉子・唐揚げ→各136円,唐揚げ→147円,梅じゃこ・青菜小えび・とろろ・鮭→各157円,鮭マヨ・牛肉しぐれ・えび天→168円,明太子→178円,鶏つくね→189円
 ちなみに,一つ読めないお品書きがあった。あれはいったい何だったのだろう???
 その他,昔カレー→787円,タコライス→840円など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集