満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:横濱家系らーめん 元喜家(げんきや)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市大額(大額2丁目南交差点と大額3丁目交差点の間くらい)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメン並  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 土曜日のお昼である。夕方からの出張の仕事があるのだが,その前に午後に一度職場へと向かう。その前に腹ごしらえにと立ち寄ったのがここ「横濱家系らーめん 元喜家」である。この通りにある「とみ軒」と「天下一品」にはこの1か月の間に来たのだが,このようなところにこのようなラーメン屋があるとは初めて知ったのだった。何しろ,ここは「天下一品」からほんの近いところにある。かなり前からあったようだが,気がつかなかった。
 さて,通りから車を入れて止めると,そこには扉はあるのだが,「入り口は裏側です」とある。ここは前は何の店だったのか,とにかく,その店を改装してラーメン屋としたらしい。
 入り口から入ると,券売機がある。基本のラーメンのみで,あとは大きさの選択と,トッピングの選択である。で,やはり満腹探検隊は一番左上にするかと思いきや,それは「ラーメン小」だったので,そのお隣の「ラーメン並」である。これが650円。そして,トッピングのたぐいは一切選ばない。
 カウンターに座って食券を出すと,どのようなのがお好みですかと聞かれるので「すべて普通で。」と答える。麺の硬さ,醤油の多さ,脂の多さが選べるようである。
 待つことしばし,その間暇なので,目の前の説明を読む。まずは「横濱家系」とはなんぞやという説明がある。書き写すと以下のように書いてある。
「横濱発祥。豚骨醤油ベースのスープに,太いストレート麺。スープの表面には鶏油(チーユ)が浮かび,具にチャーシュー・法蓮草・大判海苔・刻みネギが定番のらーめんです。このようならーめんを出しているらーめん屋の屋号に「〜家」とついているところが多かったところから,いつのまにかこのらーめん自体が「家系」らーめんと呼ばれるようになりました。」
 前にも書いたが,「家系」なんて「いえけい」とは普通読めない。いや,読まない。「かけい」である。しかし「いえけい」というのはつまり業界用語ということである。知ってる人は知ってるが、知らない人は知らない。基本的に学校では習わない,国語辞典にも載っていない単語である。
 次にこのラーメンの食べ方が書いてある。それは「横濱家系」の説明よりかなり長いので,書き写すのはやめた。簡単に言うと@レンゲを使わずまずは丼を持ってスープをすする。A麺を食べてみる。B海苔をスープに浸し,スープを吸ったところで海苔を食べる。C麺を食べ終わったら,残ったスープにご飯を入れる。というものである。
ラーメン並  さて,やって来たラーメンであるが,とりあえず書いてあったとおりにレンゲは使わずに,どんぶりを持ってスープをすすってみる。かなり濃いめの味であるが,自分は好みである。隣にやって来た若者が「味は濃いめで。」と注文していたが,これをこれ以上濃くするなんて,かなりの濃い味であろうが,まあ人の好き好きだな。
 麺は太麺。もちもち感がいい。海苔は3枚。麺をくるんでいただく。なぜほうれん草と海苔なのかはよくわからないが,これが「家系」の伝統なのだろう。大好きおつゆを全部飲み干そうかと思ったが,結構濃い味だったので最後は残す。おそらくこれぞ「横濱家系ラーメン」の味なんだろうな。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集