満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:蛇の目寿司(じゃのめずし)

分類:洋食 所在地:いろいろなところにありますが,いったいそれぞれが支店なのか何なのかわからない。ということで,このページでは支店というところを紹介しましょう。探検場所は以下の報告を参照してください。
なお,本店については「蛇の目寿司本店」のページへどうぞ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市西念【駅西支店】(労済会館近く)
探検時期:2009年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ランチ(にぎり)  今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 金沢駅西の勤労者プラザ(略して「きんぷら」。きんぴらの天ぷらも略して「きんぷら」)での研修にやって来た。
 朝,少し時間があってこの「きんぷら」の周りを散歩して,昼何か食べられそうな店は物色してあったのだが,たまたま知り合いがいて,近くにあっていったことのない店があるからといってやって来たのがここ「蛇の目寿司駅西支店」だった。
 柿木畠にある「蛇の目寿司本店」には行ったことがあるのだが,ここは初めてである。そして,本店に対してここは「駅西支店」と名乗っているのだから,そののれん分けをした支店ということになるのだろうか。金沢にも蛇の目寿司という名の寿司屋はたくさんあるようだが,それぞれに関係があるのかどうかはよくわからない。
味噌汁 お茶  さて,この日はお昼時に行ったのだが,お昼のランチがあるというので,その中からやはり「にぎり」を選ぶ。あと「ちらし」もあった。そしてやはり寿司屋の気分はカウンターだろうということで,カウンターに座る。
 しばらくすると,あの寿司屋の湯呑みってやつのでかい湯呑みにお茶が出てくる。そして,味噌汁とサラダである。
 それから目の前のカウンターに大きな笹の葉(なのか?)が置かれ,その端に甘酢漬けの生姜が載る。ちょっぴりずつ出てくるというのも,期待させるものである。
にぎり  まずはにぎり4個が出てくる。
 この寿司屋のカウンター,どこの寿司屋にもあるように透明なガラスのケースにネタが並んでいる。そして,それぞれの名がわかるように,名前を記入した小さな札が前に置いてあるのだった。
 確かにこうやって切り身として置かれていると,魚は一体何なのかわからないことが多い。(まあ1匹の姿であってもわからない魚も多いのだが……)こうやって書いてあると,じゃこれを注文してみようかという気にもなるのだった。こんな札のない寿司屋(というか,札のないところしか知らない)では「これは何ですか?」とよく聞いたものだが,寿司屋の方でもいつもいつも聞かれるのならば,はじめから名前を書いておけばいいという発想にもなるのだろう。
にぎり  さて,続いてもにぎりが4個である。
 この中には自分の好きな鯖も混じっている。
 しかし,ケースのネタには名前も書いてあるのだが,ランチはおまかせだし,主人の手元を見ていたわけでもないので,出てきた寿司が一体何なのかわからないものがある。結局は名前の札が役に立っていない自分だった。まあ,寿司は美味いのでよしとしよう。
 そして,細巻きが4個である。カッパ巻き以外はこれまた何が巻かれているのかわからない。
 それでもお寿司が計12個,味噌汁,サラダのランチで800円。これは結構いいランチなのではなかろうか。久しぶりの和食の寿司ランチで十分満足したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集