満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:神力舎(じんりきしゃ)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市もりの里(山側環状線下り線沿い)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:肉そば(大盛り)  今回の所要経費:714円
探検隊の報告:
 最近できたここもりの里の「神力舎」へとやって来た。ここはしばらく前までは「フジヤマ55」のあった場所である。できてしばらくの日曜日に,連れあいに,「新しいラーメン屋ができていたので,行こう。」と言うと,「いったいどこに?」と聞く。で,「あの『フジヤマ55』のあったところ。」と言うと,「フジヤマ55の全部のお品書きが食べてみたかったのに,残念。」と言う。確かに,自分もいろいろと食べたかったのだが,えらく早く次の店になってしまった。
 さて,その日曜日はやって来て,通りかかるとすでに店の外に数人の行列であった。行列嫌いなので,即その日曜日はやめにして,やって来たのはそれから10日後くらいの夏休みの1日である。この日は久しぶりに1日だけ休暇が取れて,朝からのんびりと過ごす。そして,開店の11時過ぎくらいに着くようにここ「神力舎」へと一人でやって来たのだった。
 さすがに平日の開店直後,まだまだカウンター席も空いているので,すぐに座ることができた。そして注文はお品書きの一番最初の「肉そば」である。お品書きを見ると大盛りも同一価格とある。並盛りの麺が280gで,大盛りになると400gらしいのだが,同一価格であるのをいいことに,大盛りでもいけるだろうと,大盛りを注文する。年をとって,大盛りをできるだけ避けるようになっているのだが,大盛りが値段が上がるのなら注文しなかったであろう。ちょっとせこいおじさんであった。
肉そば(大盛り)  さて,出てきた「肉そば」はつまりは豚肉が美味しく煮込まれたものが載ったラーメンということである。これまでも何回か「肉そば」というお品書きで食べたことがあるが,ここの特徴は豚肉大きい,麺太い,大盛り無料,ってことか。太麺がスープにからみ,もちもちっとした感じで美味い。スープは和風出汁って感じがあって,この豚肉の盛りつけといい,これにうどんを入れても美味しいんじゃないのって感じだった。
 それにしても,あとでやって来たカウンター席のとなりのおじさんがせわしない。自分もラーメンの写真は携帯電話のカメラで撮るのだが,となりのおじさんは本格的にデジカメで撮影している。自分よりもあとに入店したが,このおじさんの注文したつけ麺の方が早く出てきていて,ヒマな自分はこのおじさんを観察する余裕があった。しかも,このおじさん出てきたラーメンの最初の状態はもちろんのこと,かなり食べた状態の写真,一味唐辛子の容器の写真,胡椒の容器の写真と次々と撮影している。これはどうもブログなどで紹介するのだろうか。こっちは単なるウェブサイトで,1枚の写真と,味のことはほとんど書かずにしょもないことを書くのだが,この一見仕事人風,一見遊び人風のおじさんは,何を書くのだろう?
 などと思っているうちに自分の「肉そば」もやってきて,食べてしまうのだった。大盛りだったので結構食べ応えもあり,満腹になって店を出たのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:つけ麺(味玉サービス)  今回の所要経費:714円
探検隊の報告:
 前回ここに来てから2日後にまたやって来た。この日はまた連れあいは仕事で,自分一人が休暇。午後からは連れあいと共に出かけることになっている。掃除,洗濯などの家事労働を済ませ,またもや早々と一人でここ「神力舎」にやって来たのだった。今回も11時をちょっと回っただけだったので,入れたが,カウンター席は満席。すると一人なのに,テーブル席に案内されて,座ることができた。平日のこの時間一人客も多いらしく,珍しくテーブル席に一人で座る。後から来た一人客も,相席でよろしいでしょうかと聞かれて,2人が向かい合って座ったりしているのであった。
 さて,前回はこの店のウリの「肉そば」だったので,今回は「つけ麺」である。しかも,現在開店サービス中。1回来ると次回に味玉サービス,2回来ると次回に餃子サービス,3回来るとチキン南蛮がサービスとなっている券を前回もらっていたので,今回は「つけ麺 味玉サービス」である。店のおねえさんにこの券ってどう使って注文するの,などと聞いて,注文していたら,大盛りにするのを忘れた。この「つけ麺」も並盛りと大盛りは同一価格である。つけ麺なので,どうせなら大盛りにすればよかったかと思ったが,それに気がついたのは後だった。
つけ麺+つけダレ  しばらくするとご所望の「つけ麺」の麺だけがやって来る。つけ麺に麺だけがやって来てもどうしようもなく,しばし待つと,次につけ汁がやって来る。後はトッピングを待つばかりだが,それがなかなか来ない。確か写真にはもう一皿あったはずなのに,来ないのかな,などと思わせる時間の長さだった。仕方ないので,とりあえず,トッピングなしで,麺のみ食べる。つけ麺であるからしっかりとスープの味を味わうが,なかなか濃厚で美味い。
トッピングのセット  2,3口は食べて,ちょっと待っていると,ようやくサービス味玉入りのトッピングセットがやって来るのだった。3分あまりであるが,結構長く感じる。3分もあれば,きっと麺は半分くらいは平らげそうな感じである。
 味玉自身にもちろん味がついており,特につけ汁に漬けずとも味のあるサービス品だなあなどと,感じ入っていただく。特に大盛りを注文したのではなく,これは並盛りなのだろうが,結果的には結構あった。しかも,このつけ汁が最後はかなり味が薄まったのだった。これで大盛りだったら,最後にはつけ汁不足状態だったことだろう。ただ,このつけ汁のみを最後にいただく分にはちょっとだけ薄めるためのだし汁を入れた。そうして,すべてを飲み干したのだった。
 ということで,並盛りなのに,お腹がいっぱいになったのだった。ただ,麺,つけ汁,トッピングと3つが同時に出てきてほしかった。この時間差はいったい何?と思ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメン+餃子3切れ(サービス)  今回の所要経費:609円+0円
探検隊の報告:
 「神力舎」3回目である。今回も平日の11時をちょっと回ったところでやって来たので,店は空いている。2人連れの若者がテーブル席にいるだけで,自分はカウンター席を占有する。
 さて,本日の注文はまだ食べていない「ラーメン」である。単純にただ「ラーメン」である。お品書きの能書きには「濃厚かつコク深いスープがもっちり自家製麺によく絡む絶品の一杯!」とある。
ラーメン  出てきたスープを一口すするとかなりとんこつくさい。しかも,とんこつ醤油っぽいのだが,味が薄い。濃い味好きの自分としては,ちょっとなじめない味であった。麺にスープをからめても,スープの味が感じられない。いや,むしろ麺そのものの方が美味しいって感じだったのだ。ついでながら,上に載っているもやしを食べたら,これまた茹でただけで味がない。あわてて麺も野菜もスープに混ぜるのだった。つまり,能書きにあるように,「こってり」って感じがしないのだった。
餃子サービス品  ついでながら,10月20日までの来店記念サービスだが,2回来ると,次は餃子である。で,それを注文する。出てきた餃子は3切れ。まあ,サービスなのでこんなもんだが,大きなお皿に3切れで寂しい。通常の1人前は6切れである。しかし,この餃子が美味かった。かむと肉汁がほとばしる。何と1切れにつき1回ずつ,3回もテーブルに肉汁を水鉄砲のように散らしてしまった。この餃子を食べながら,ラーメンのスープをすすると,また一段とラーメンのスープの薄さというか,とんこつくささが際立つのだった。
 ということで,味の好みは人それぞれだが,これまでの「肉そば」「つけめん」に比べると,この「ラーメン」はいまいちなのだった。次はまだ食べていないあと2種類に挑戦してみるか,って気にさせられた。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:旨辛ラーメン+チキン南蛮(サービス)  今回の所要経費:630円+0円
探検隊の報告:
 「神力舎」4回目である。いよいよサービス券の使える最終日である。3回行くと,サービス品が「チキン南蛮」となる。なので,本日の注文はまだ食していない「旨辛ラーメン」とサービスの「チキン南蛮」である。
 この日は土曜日なので,カウンター席も半分うまっている。テーブル席に至ってはほぼ満席状態だった。自分はカウンター席のあいたところに座る。
旨辛ラーメン  さて,やって来た「旨辛ラーメン」だが,確かに辛い。しかし旨味が足りない。どうも辛さが勝ってしまい,スープの旨味とかコクが感じられない。辛い物好きの人にはいいだろうが,なんだかただひたすらに辛いのである。実は先日も「上海楼」という中華料理屋で「担々麺」を食べたのだが,その時も思った。ただひたすらに辛く,どうも旨味が感じられない。今回もまた同じで,2回続けて,辛いけど旨味の足りないラーメンである。最近食べた,辛くて美味しかったのは「らーめん世界」の「四川味噌らーめん」だった。これはもちろん辛いのだが,辛さの中にも旨味があった。つまり,ここの「旨辛ラーメン」は辛すぎるのがよくないのだろう。いや,この辛さが好きな人もいるから,人それぞれに好き好きはあるので,これを好む人もいるのだろうが,自分としては辛さの中に旨味が足りないと思った。で,くちびるが熱くなり,お腹も熱くなるのだった。
 しばらくして「チキン南蛮」が出てきたが,こちらも「南蛮」というくらいで,辛めなのだが,こちらの方は甘辛くて美味い。前回と同じで,ラーメンよりもサービス品の方が美味しかったのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
肉そば→714円(並盛り290g,大盛り400g同価格),味玉肉そば→819円,肉そばW→924円,肉そばトリプル→1134円,肉そば幸せいっぱい盛り→976円
ラーメン→609円,味玉ラーメン→714円,ラーメン幸せいっぱい盛り→871円,チャーシューメン→924円
つけ麺→714円(並盛り330g,大盛り440g同価格),麺増量110gにつき50円(税別)で増量可。1kg(262円)まで可。
旨辛ラーメン→630円,淡麗塩ラーメン→714円,いずれも幸せいっぱい盛り→262円
その他トッピング,一品もの,セットものなどあり。 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集