満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:油そば専門店 歌志軒(かじけん)

分類:中華(ラーメン)
所在地:金沢桜田店(金沢市桜田町・県道196号線桜田町交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年9月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:油そば 大盛り
今回の所要経費:630円
探検隊の報告:
 土曜日のお昼である。スポーツ大会の応援のはしごである。金沢市内中心部から,次はいしかわ総合スポーツセンターへと向かう途中である。どこでお昼を食べるかだが,以前見かけたこの店のことを思い出し,ちょうど途中でもあることから,中央通りを走り,ここに立ち寄る。
 以前見かけたというのは,この先もう少し国道8号線寄りにある「元祖博多中洲屋台ラーメン 一竜」に来たときである。その時「一竜」へは8号線側から来て店に入り,限定ものを食べた。店を出てのぼり旗に「油そば」と書いてあったので,じゃ,今度「一竜」に来たら油そばにしようと思って,市内中心部に向かって走ったら,この「歌志軒」という店ができていて,しかも「油そば専門店」と書いてあったのだった。
 この日は11時30分の開店直後ということもあり,前に2人連れのお客が入って,そのあとの本日3人目のお客である。まずは入口に券売機があり,そこで食券を買う。もちろん注文は「油そば」である。で,よく見ると「並盛」と「大盛」が同じお値段なので,「大盛」とする。ちなみに「大盛」の次が「倍盛」,その次がよくある「メガ盛」というのではなく,「でら盛」であった。なんで「でら」なのかと思ったが,あとでウェブサイトを見つけたら名古屋が本店の店なのだった。なので,名古屋弁のようである。
油そば  さて,一人なのでカウンター席の空いたとことに陣取る。
 そして,待つことしばし,ご所望の「油そば 大盛り」がやって来る。どのようにして食べるかだが,カウンターの目の前には「食べる前に必ずお読みください」と,食べ方の解説が書いてある。暇だったので,それをしっかりと読んだ。おねえさんが「油そば」を持ってきたときにも「食べ方はご存じでしょうか?」と聞くので「しっかりここに書いてあることを読んだ。」と答えるのだった。で,そこに書いてあったことを書き写そう。
「油そば」の召し上がり方
ー食べる前に必ずご一読くださいー
壱 必ず最初にラー油とお酢をためらわず入れる事。
 歌志軒のラー油はほとんど辛くありません。酢もすっぱくありません。
 恐れずにかけてください。辛みを追加する場合は「一味唐辛子」がおすすめです。
 ラー油,酢は「並」で1周半,「大盛」で2周,「倍盛」2周半,「でら盛」3周が基本の量です。
弐 豪快に混ぜ,油とタレがすべてなくなるまで混ぜる。
 混ぜないで食べると,最後の方が油っぽく感じられます。
 ラー油,お酢の途中からの投入はその味が強く感じられますのでご注意ください。
参 冷めないうちに一気に食べる!
 混ぜれば混ぜるほど冷めてしまいますが,よく混ぜながら食べてください。
四 気分によって味を楽しむ。
 卓上の調味料,トッピングで劇的に味が変化!お客様の一番の味を見つけ,お楽しみください。
 といったところかな。書いてあったのは。
油そば  ということで,2つめの写真はラー油2周,酢2周かけて,よくかき混ぜたあとの状態。
 味は途中でちょっと辛くて,こりゃもう少しラー油を少なめに,つまりおすすめは2周だが1周でもよかったかと思ったが,あとの方になると,いい味になった。結局はよくかき混ぜることが大切である。全体としてはそこそこの味。要するに焼きそばのちょっとコクのある醤油味,麺は味わいがあり,美味しめ,って感じだろうか。大盛りだったが,汁なしなので,軽く食べられる。トッピングがかなりいろいろとあり,味の変化を求めて,ネギくらいはちょっと試してみるのもおもしろいかもしれないと思ったのだった。「でらうみゃあ」というほどではないが,「まあうみゃあ」って感じかな。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
並盛→630円【140g】,大盛→630円【210g】,
倍盛→750円【280g】,でら盛→800円【350g】
チャーシュー油そばは200円増し
そのほかトッピング各種あり
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2016年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:無双油そば 大盛り
今回の所要経費:680円
探検隊の報告:
 今日は50円増しの贅沢「無双油そば」である。
 久しぶりの「歌志軒」である。午後からの会議のために職場を離れ,その途中でのお昼ご飯であった。
 この「無双油そば」は通常チャーシュー,メンマ,きざみ海苔だけのトッピングに対して,キャベツとモヤシが少々加わる。キャベツ,モヤシのトッピングはそれぞれに50円だから,まあこの2品を合わせて100円の半分の50円分くらいの増量のトッピングなのだった。
 ちなみに,1000円札がなくて,5000円札を券売機に入れたのだが,おつりの硬貨のみ取って,あとに出てきた1000円札4枚に気がつかずにいた。お気楽なものである。なにしろ券売機に5000円札を使ったのは初めてだった。全くもって硬貨を取ればそれで終わりと思ったのだった。取り忘れて券売機が「ピーピー」鳴っていたらしく,おねえさんが4000円を座っていたカウンター席に持ってきてくれたのだった。
無双油そば  ということで,書いてある食べ方通りにラー油と酢を1周半ほどかけて,それから全体をかき混ぜる。久しぶりに食べたが,なかなかこの麺も美味しいものである。全体にいい味が絡まって麺やトッピングもおいしくいただける。ちなみにチャーシューはこんなにたくさんいらない。といっても3枚ほどだったか。まあおじさんはチャーシュー抜きで,そのほかのトッピングのみでも充分いいのだった。並盛り,大盛り同一価格だったので140gを210gに増量の大盛りにしたのだったが,ちょうどよい量だった。
 次はさらに100円増しの贅沢で「台湾油そば」にしてみますかね。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集