満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:可貴(かき)

分類:和食 所在地:金沢市大額(北陸鉄道石川線・乙丸(おとまる)駅近く) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おろしそば(冷)  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 なかなかしゃれた店だった。
 このあたりに仕事があり,探した店がここだった。北陸鉄道の,今は数少ない鉄道路線の,乙丸駅近く,線路脇にあるのがこの店だ。
 手打ちうどん,手打ちそばの看板にひかれて入ったのだった。
 店の雰囲気もうどん屋というよりも,いくらでも割烹や,ちょっとした宴会場になりそうな感じだった。確かに,宴会承りますという案内もあるのだった。
 蕎麦が好きな自分は,迷わず「おろしそば」にしようと思ったのだったが,お品書きが多すぎた。お昼の「ランチメニュー」というのでもいろいろとあるし,単にうどん屋という感じではない。昔から,町中の食堂では,「食堂」と標榜せず,「うどん屋」と標榜していた感じの店があったが,そんな感じの店なのであった。金沢でも「お多福」とか「加登長」とか,うどん屋のようでいて,実は食堂という,あの感じである。
 それで,このお昼のお品書きもよさそうだと思ったのだが,やはり,基本の「おろしそば」にしたのだった。
おろしそば  しかし,その「おろしそば」もちょっとおしゃれすぎた。
 おろし蕎麦とくれば,大根おろしと,あとは,あってもわさびにネギに,福井だったら花がつおというところであるが,ここは貝割れ大根に,錦糸卵,それに,人参に海苔という,おまけがありすぎた。
 おしゃれすぎる。
 それに,蕎麦はどう見ても手打ちという感じではない。乾麺をゆでたという感じである。何しろ,「そば湯いかがですか?」などと聞かれる雰囲気ではなかったのだ。よっぽど「そば湯ください。」と言おうかと思ったが,この蕎麦の感じでは,そば湯があるとは思えないのだった。
 隣のおじさんも何とか定食で,ご飯と何かのフライで,うどんはおつゆ代わりみたいなものである。
 ただ,ここのランチの値段は,この「おろしそば」とそんなに変わらない。つまり,ここは手打ちうどん,手打ちそばを求めてくるよりも,きっとさまざまな和食類を食べると,きっと美味しくて,いろいろあって,いい店なのだろうなと思った。
 なにしろ,お品書きは10や20ではすまなくて,一品料理まであり,しかも,つい「ビール!」と言いたくなるような美味しそうなものがたくさんあるのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 お品書きはありすぎて,報告は特になし。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集