満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:信州野沢菜センター レストハウスこまがね・レストランぴっくる

分類:和食・洋食・中華
所在地:長野県駒ヶ根市(中央自動車道駒ヶ根インターチェンジ近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2010年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:お昼のセットメニュー
今回の所要経費:幹事お任せではていくらだったのやら。
探検隊の報告:
 同業者との温泉1泊バスツアーである。昨日金沢を発ち,天竜川下り,妻籠宿の見学,そして昼神温泉(湯元ホテル阿智川)宿泊である。今日は駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷カールへと行ってきた。夏休みの日曜日とあって混むことを予想して,予定より早く8時にホテルを出たのだが,それでも駒ヶ根インターチェンジ近くのロープウェイ行きのバス停には「ロープウェイは1時間待ち」の表示であった。ロープウェイの乗り場では缶ビールとソースカツドックをいただき,のんびりと順番待ちをするなどして,とりあえずは千畳敷カールへと行ってきたのだった。そして,下りのロープウェイもまた1時間待ちとなる。そうしてようやく地上へと降りてきて,お昼ご飯がここ「レストハウスこまがね」であった。
お昼ご飯  ロープウェイ降り場からの路線バスから降り立ち,次にツアーのバスに乗り換え,5分としないうちに,ここ「レストハウスこまがね」にたどり着くのだった。これまた2階が団体さん専用席。すでに食事を終えた団体もあれば,自分たちの食事の途中にやってくる団体もある。我々は男性が多い団体なのだが,途中でやって来た団体は全員が女性である。おばちゃんである。おばちゃんは元気である。
 料理の中身もいろいろ。値段によって違うのだろう。我々は1人につきだいたい1本ずつくらいのビンビールを注文する。何しろ運転手つきのバスツアーである。これが旅の楽しみである。
 ビールを飲みながらもしっかりとご飯を全部いただくのだった。そして,しばし1階でお土産を見て回る。自分はどこへ行っても基本的にお土産を買わない。買うなら自分のためのその土地の焼き物のぐい飲みか,ご当地ビールくらいである。お菓子なんぞは決して買わない。お菓子を買って帰っても誰も喜ばないからである。まあ,こんな人間が一人くらいいてもいいだろう。
 ということであとはバスに乗り込み,金沢へと爆睡状態である。渋滞を避けるため,東海北陸道経由に経路を変更した。途中恵那山トンネルで事故のため渋滞という表示を見たが,その表示を見たあとあっという間に爆睡して,恵那山トンネルを通り抜けたことを知らずに,いったいどこで目覚めたのだったやら?
−−−海老フライの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集