満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:松代(まつしろ)パーキングエリア(上信越自動車道)

分類:和食・洋食・中華 所在地:長野県長野市篠ノ井東福寺(上信越自動車道)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年8月(上り線・上越から長野・東京方向)  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:さんま五目寿司丼+お煮かけそば
今回の所要経費:580円+530円
探検隊の報告:
 渋温泉でゆっくりしたあと,予定では草津に抜けようとしたのだが,天気が悪い。周りを見渡しても,山にはガスがかかっている。そこで方針を変更し,ここから南下。山ではなく地上を走ることとした。そのため信州中野インターチェンジから上信越道にのり,それから朝ご飯である。小布施パーキングエリアは昨日立ち寄ったので,そこはやめにして,もう少し南下し,長野インターチェンジを過ぎて,最初にあるのがここ「松代パーキングエリア」である。高速道の表示にコーヒーカップマークがあったので,きっと何か食べられるだろうと,ここに止まった。しかし,やって来てみると,駐車場も広いし,サービスエリアという感じである。
さんま  さて,軽食コーナーがあり,結構いろいろなお品書きがある。そこで選んだのが,やはり,限定ものと地域ものである。一つは「さんま五目寿司丼」8月いっぱいのお品書きらしい。「野菜ときのこをふんだんに使って五目寿し風にアレンジしました。さんまは北海道厚岸産,酢めしとの相性も抜群です。」とある。さんまは秋のものと思いがちだが,北海道では7月に漁が解禁になるらしい。この上に載っているさんま,よく食べる缶詰のさんまの蒲焼きの味によく似て少々甘めである。しかしうたい文句にあるように,酢飯との相性がいい。
お煮かけそば  もう一品は「お煮かけそば」である。(何度日本語変換しても「鬼かけそば」となる。)これは信州の郷土料理で,そばに野菜の煮物をかけたものらしい。ここでは,シメジ,エノキ,ニンジン,油揚となんだかきのこ汁をかけたような感じである。こういうのが信州の郷土料理なのかと感心しつついただく。胃に優しい朝ご飯であった。
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
かき揚げそば,うどん→460円,千曲川かけそば,かけうどん→330円,天玉そば,うどん→500円,とろろそば→500円,ざるそば,とろろ付き→600円,お煮かけうどん,そば→530円
醤油ラーメン→600円,味噌ラーメン→650円 そのほか定食各種あり
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年9月(下り線・長野から上越方向)  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:大盛りもりそば+大盛り用替え玉そば×2
今回の所要経費:720円+210円×2
探検隊の報告:
 長野から金沢への帰りである。坂城インターチェンジより上信越道にのり,夕方もいい時間だったので,食事をする。この先「小布施パーキングエリア」には数度立ち寄ったことがあるので,今回は手前のここ「松代パーキングエリア」とする。
 さて,今回の第一目的は青木村の「有乳湯」(うちゆ)に入ることだったのだが,第二の目的はそばである。しかし,お昼時はまだ岐阜県は高山付近にいて,信州のそばにたどり着くにはまだ時間がかかりそうだったので,そこでちょっとしたかけそばであった。ここではようやく冷たいそばを食べようと,「もりそば」を選ぶ。しかも大盛りの方がお得なので「大盛りもりそば」とする。通常の「もりそば」の200円増しである。そしてお品書きを見ると,「大盛り用替え玉そば」というのがある。博多ラーメンじゃないが,そばに替え玉があるのは初めてだった。これが1玉で210円である。そこでこれも選択し,食券を2枚出すと,「大盛りに、替え玉で,そば3玉ですね。」とちょっと驚かれつつ,確認されるのだった。
大盛りもりそば+替え玉  そうやって出てきたのがこれである。「大盛りもりそば」と「替え玉」を別々に出してくれたのではなく,まとめて3玉がどどーんと載る「もりそば」であった。ちなみに,つけ汁は基本のそばちょこにあと2つついてきて,合計3玉分らしい。単純に1玉の「もりそば」520円也を注文するよりもかなりお得な選択である。これを連れ合いと2人で分けて食べた。冷たいそばが美味しい。そして,2人で3玉じゃもう少しいけるかと,さらに「大盛り用替え玉そば」を買ったのだった。
替え玉  カウンターにもらいに行くと,「つけ汁はいいですか。」と聞かれる。まだまだ残っているので,「いりません。」と答える。しかし,替え玉にもしっかりとつけ汁がついてくるのかと感心する。3玉分のつけ汁でも十分4玉食べられる。いや,1つには手をつけていないので,つけ汁は2つ分で4玉を食べたということか。都合4玉を食べて1140円だから,このお品書きはかなりのお得な買い方であると判明する。
 しかし,単純に「大盛り用替え玉そば」のみを注文したらどうなるのだろう。やはり,基本的に何かを注文しないと「替え玉」は受け入れてもらえないのだろうか。1玉の「もりそば」520円也ではなく,同じ1玉でも「大盛り用替え玉そば」210円だったら,半分以下の値段であり,かなりのお得な感じである。今回のように,あとで単純に「大盛り用替え玉そば」の食券を持っていったら,「つけ汁はいりませんか。」とまで聞いてくれる。ネギもわさびもいらないのならば,この「大盛り用替え玉そば」だけを注文しても,同じ量の1玉のそばが食べられる。混んでいるときなんか,その人が何かのお代わりで「大盛り用替え玉そば」を注文しているのか,単純に「大盛り用替え玉そば」だけを注文しているのかはわからないのじゃないかと思う。「大盛り用替え玉そば」210円也でも店は損をしているわけじゃないので,別に文句は言われないとは思うのだが,果たして,このような「大盛り用替え玉そば」のみを注文して食べるというお得な注文の仕方はできるのだろうかと,いらんことを考えさせてくれる「大盛り用替え玉そば」なのだった。
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 このときのお品書きいろいろ
温かいそば
かけそば→390円,月見そば,たぬきそば→各440円,きつねそば→460円,山菜そば→470円,とろろそば→490円,かき揚げそば→550円,山菜とろろそば→580円,かき揚げ玉子そば→600円,かき揚げきのこそば→620円
冷たいそば
もりそば→520円,もりそば(とろろ付き)→620円,冷やしねばとろそば→650円,もりそば(かき揚げ天付き)→670円,大盛りもりそば→720円,大盛り用替え玉そば→210円
ごはんもの
ごはん→160円,とろろごはん→260円,とろろごはん味噌汁付き→360円,カレーライス→520円,ソースかつ丼,かつ丼→各650円,とろろ親子かつ丼→720円,カツカレー→740円,松代定食→700円,松代御膳→820円
うどん
かけうどん→390円,月見うどん→440円,きつねうどん→460円,山菜うどん→470円,とろろうどん→490円,かき揚げうどん→550円,かき揚げ玉子うどん→600円
ラーメン
和風ラーメン→550円,チャーシューメン→750円,ラーメンとろろセット→800円,ミニカレーラーメンセット,ラーメンチャーハンセット→各810円
そのほかセットもの,スナックものなどいろいろあり
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年11月(下り線・長野から上越方向)  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:大盛りもりそば+替え玉そば
今回の所要経費:770円+220円
探検隊の報告:
 長野から金沢への帰りである。今回は突然に上田市へと旅に出て,天下分け目の上田城グルメ合戦などといったイベントにも顔を出してきたのだった。その帰りである。
 晩ご飯をどこで食べるかだが,きっとここ「松代パーキングエリア」には何かあるはずとやって来た。そして,連れ合いと2人,いきなり1年ほど前のことを思い出す。「そうだった,ここのもりそばの替え玉がとってもお得だった。」と。ここに着くまでは全く去年のことを覚えておらず,「きっとスナックコーナーもあって,長野だから蕎麦は食べられるだろう。」なんて言っていたのであった。ほんと,人間は忘れる動物である。
大盛りもりそば 替え玉  ということで前回と同じ,「もりそば大盛り」と今回は「替え玉1つ」である。
 ちなみに「大盛りもりそば」770円,「替え玉」220円と少々の値上げである。とは言えこの「替え玉」がとってもお得な「もりそば」なのだった。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集