満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:麺屋 縁(めんや えにし)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市田上(山側環状線田上町交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:鶏塩らーめん  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 いつの間にかご近所にこんなラーメン屋ができていた。山側環状線田上町交差点近くである。この交差点近くの下り線にある大型薬店にはよく買い物に来るのだが,その道路隔てて一つ裏である。しばらく前にウナギの寝床のような長い建物が作られていた。そして,テナント募集中の看板も見かけた。そうこうするうちに「富士宮焼きそば」の店ができ,朝霧台にあった焼き肉屋の「たかんだ」がここにできていた。それは知っていたのだが,この日曜日,この大型薬店に買い物にやって来てみると一番端にラーメン屋ができていたのだった。買い物のあとは仕事に出かける予定で,どこかでお昼ごはんを食べようと思っていたのだが,どうせならとこの店に入ることにしたのだった。
 ちなみに,車はこの大型薬店の駐車場に置いたままである。おそらくほとんどのお客はこの大型薬店の駐車場に車を置いているだろう。
 店に入り,右側にカウンターが広がり,さて,座ろうかと思ったら「食券の購入をお願いします。」との声かけである。回れ右をして入り口にもどり,食券の購入である。なにしろ,入ってすぐにある券売機なので,まったく気がつかない。ちなみに,自分のあとにも次々とお客がやって来たが,すべてのお客が「食券の購入をお願いします。」と声をかけられるのだった。
 さて,何を注文するかだが,満腹探検隊お決まりの,お品書きの一番最初の「鶏塩らーめん」とする。あまりない名前のラーメンだから,これがここの一押しというか,ウリなのだろう。食券を購入すると横で店員が「細麺と太麺が選べますが,どちらにしますか?」と聞く。すべてのラーメンに細麺と太麺の選択があるらしい。自分は細麺は物足りないかも知れないと太麺を選択する。
 カウンターに座って調理場を見ていると,すべてを一人でやっているので忙しそうである。ほかに店員は二人いるが,接客と茶碗洗いであり,調理は一人。いろいろな注文を次々とこなし,麺の茹で時間もあるし,一緒に供する焼きめしなどの料理もあるし,やはり料理人も賢くないとダメだなあと感心して見ている。
鶏塩ラーメン  出てきたラーメンを一口すすると,結構塩辛い。確かに「鶏塩らーめん」であるから,塩味なのだが,鶏ガラのあっさり塩味かというとそうではなく,塩辛い。チャーシューの味が薄く感じる。色もとんこつラーメン風にかなり白濁しているのだった。
 太麺を選択したのだが,平打ち麺である。これは適度に食べごたえがあって美味しい。とにかくかなり塩辛かったのだが,それでもスープはかなり飲む。塩分過多と言われそうだが,お汁好きなため,いただくのだった。次回は「鶏塩らーめん」以外のものを注文してみねばなるまい。
 それにしても,焼きめしや餃子はわかるのだが,「白玉ぜんざい」がお品書きの一つにあるのがどうも謎だと思いつつ,この店をあとにしたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

このときのお品書きいろいろ
鶏塩らーめん→650円,醤油らーめん→680円,味噌らーめん→680円,旨辛らーめん→750円,旨辛味噌らーめん→750円,コーンバターらーめん→780円
大盛200円
トッピング
半熟味付け玉子→100円,コーン→70円,バター→70円,焼豚(5枚)→300円
セットものなど麺類以外
焼きめし小セット(らーめん+焼きめし小)→+300円, 唐揚げセット(らーめん+唐揚げ)→+200円, 3点セット(らーめん+焼きめし+唐揚げ)→+500円, 唐揚げ(5ヶ)→230円, 白玉ぜんざい→200円, 餃子→300円, 焼きめし小→450円, 焼きめし→550円 −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:醤油らーめん  今回の所要経費:680円
探検隊の報告:
 日曜日のお昼である。午前中の仕事を終えてお昼である。どこで食べようかと思ったが,ご近所で,帰り道のここ「麺屋 縁」に寄ることにした。
 この店ができて間もなくして,一度来たが,お品書きもいろいろあったので,やはり満腹探検隊のよくやるお品書き全制覇でも目指そうかと再びやって来た。
醤油らーめん  さて,今日の注文はお品書き二つ目の「醤油らーめん」である。一度目の「鶏塩らーめん」は結構濃い味だった印象があるが,この「醤油らーめん」はまあままの濃さ。おそらく基本のスープは同じで,醤油ダレでこの醤油味になっているのだろう。刻みネギを混ぜて,スープと一緒にいただくと美味しい。
 麺は太麺と細麺が選べるが,またもやきっと食べごたえがあるであろう太麺とした。
 ということで,さらっとお手軽に食べるには好適な店である。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌らーめん  今回の所要経費:680円
探検隊の報告:
 お品書き全制覇を目指してまたもやここ「麺屋 縁」へとやって来た。平日のお昼である。お昼休みに職場からやって来た。3回目なので,3つめの「味噌らーめん」である。麺は相変わらずの太麺。
味噌らーめん  さて,スープを一口すするとかなり濃厚な味噌味。結構好きな味噌味である。作り方を見ていると,常に元味に対して,同じ鶏のスープを入れて,溶いている。「鶏塩らーめん」の時にはかなり濃い味に感じたが,味噌の場合,これがまた美味しく感じる。
 まあ,ここのラーメンは太麺は十分いける味で,美味しいが,量的にはちょっと少ないかなって感じである。もちろん大盛り(200円増し)とすればよいのだが,大盛りとすると麺はきっと2玉になるはずで,それだとちと多い。100円増しの中盛りなんぞはできないものか。チャーシューはちょっと厚めなので,これを半分の薄さにしてもいいから,麺増量してよ,って気持ちである。
 ということで,この「味噌らーめん」は十分美味かった。この結構濃厚なスープをたっぷりといただくのだった。さて,次はいつ来られるか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:旨辛らーめん  今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
旨辛らーめん  さて,次はいつ来られるか,などと前回言いながら,4日後に来ているのだった。
 年度末の1日,貴重な土曜日である。この日愛知へと向かうのだが,そのお昼である。
 とりあえず,さっさとお昼をすませようと,連れあいと共にご近所のこの「麺屋 縁」へとやって来たのだった。
 連れあいは初めてなので「鶏塩らーめん」,そして自分はまだ食したことのない「旨辛らーめん」とする。
 この「旨辛らーめん」は確かにコクはあるのだが,ちょっと辛め。それは「旨辛」だから当たり前なのだが,スープをたくさん飲む気にはなれない辛さである。
 ということで,ここでは基本のラーメンの方がおすすめだなと思ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:冷製梅塩らーめん+魚介醤油らーめん  今回の所要経費:830円+750円
探検隊の報告:
 七夕である。だからどうだってことはないが,今日の午前中は仕事である。一仕事終えて,帰宅し,買い物であるが,そのついでにと,連れあいと共にお昼ご飯に立ち寄ったのが,ご近所「麺屋 縁」である。
冷製梅塩らーめん  今回は前にはない新しいお品書きができていた。夏季限定らしい。
 一つはこれ「冷製梅塩らーめん」である。
 言わば冷麺である。冷たいスープに浸かったラーメンである。トマト,大葉,そして梅干しの入るちょっと酸い目のスープに浸かる冷たい麺である。
 夏向けで,あっさりしているが,少々味が薄いというか,酸っぱいというか,まあ,830円というのは入っているものがお高めなのか,自分としては,一度食べたらもういいかな,という味であった。
魚介醤油らーめん  続いては「魚介醤油らーめん」。
 ここは「鶏塩」がウリなので,鶏がら味ではないスープを別途作ったので,限定なのか。「かつお,いわし,昆布,椎茸などを厳選し,特製ブレンドしました。」とあるので,やはり,特製スープなのだろう。
 ネギの上には魚粉が載り,これを溶くといかにも魚介味。これはまあ「なつかしい味の定番,醤油らーめん」とどっこいどっこいと言うべきか。それを少々魚介味にしたと言うべきか。
 ということで,暑い夏のラーメンだが,自分としては2つ比較したら,やはり熱いラーメンの「魚介醤油らーめん」の方がよかったな。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集