満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:グリル中村屋(なかむらや)

分類:洋食 所在地:金沢市柿木畠
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ランチ(日替わり)  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 金沢で洋食屋というとこの「グリル中村屋」を思いつくほど,ここは金沢では老舗の洋食屋である。
 創業は1938(昭和13)年らしい。
 子どもの頃にここに来た覚えがある。ということは,この日久しぶりにここへ来たということは,なんと35年ぶり!くらいに来たということだ。
 で,注文したのは,メニューの一番上にあったランチ(日替わり)というやつで,今日の注文は他の店で注文するものと代わり映えがしない。
 35年ぶりに来たのだったら,この店の名物のカツ丼にするんだった。でも,今度また,満腹探検隊で来る楽しみができた。
日替わりランチ  さて,今日は同僚と3人で来ているのだが,1階のテーブル席は満席,2階のテーブル席も満席,それで,2階の畳席に座る。
 先客が寝っ転がってマンガを読んでいる。この日のこの部屋の雰囲気は,美味しい洋食を味わおうという女性客には不向きな雰囲気である。どうも,サラリーマンのおじさんの溜まり部屋である。
 しかし,あとのテーブル席は明るく,雰囲気もよい。
 そういえば,先週別の同僚がここに来て,ハヤシライスの大盛りを注文したらしい。100円増しの大盛りであったが,とても量が多かったという話を職場でしていたのだった。誰か大盛りを注文しないかと思ったが,みんな日替わりランチを注文する。
 今日のランチの主菜は,鮭のフライ,鶏のトマトソース煮。ご飯が進む味である。あとはスパゲッティが少々入っているのと,小鉢に蓮根の煮付けがある。それと味噌汁,香の物。
 洋食屋ではあるが,味噌汁が定食につくというのは,やはりここは日本である。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:カツ丼  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 前回ここに来て,カツ丼にするんだったと思ってから2日後,ここに来る。
 今日は1時までの仕事。したがって,昼食は1時からで,お昼時をはずした1人だけの食事である。それでは!というので,満腹探検隊としては,前回食べそびれた名物カツ丼に挑戦したのであった。
 1時も過ぎれば,ここ中村屋もだいぶすいてくる。1階の4人掛けのテーブルに1人で座る。ほかのテーブルもほぼ満席だが,それでも4人掛けを2人とか,1人とかで使っている。テーブル席はとても明るい雰囲気である。
カツ丼  さて,カツ丼であるが,やはり普通には思いつかない調理である。白くて丸いお皿にご飯を盛り,その上にカツ,そして,和風味の玉子入りあんかけである。これをスプーンでいただき,おまけに味噌汁付き。
 味はちょっと濃いめで,和食を食べているような感じ。さすがに1938年創業である。洋食のようで洋食ではなく,洋食でないようでいて,洋食。でも当時これを食べた金沢人は,とてもハイカラな食べ物だと思ったことだろう。「ハイカラ」という言葉も,もはや死語になりつつあるが……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:カレーライス  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 今日はここ「グリル中村屋」のインド料理に挑戦である。
 ま,「カレーライス」なのだが……
 基本のカレーライスは,はじめから目玉焼き付きである。これで650円で,カツカレーが700円であるから,どっちがいいかというとちょっと微妙な判断である。
 まあ,次はいろいろと挑戦してみよう。
カレーライス  最初にスプーンとフォークがついてくるが,このフォークで味噌汁のワカメを食べるのだった。
 いろいろなお品書きに味噌汁が付いてくるのが,老舗である。(ほんまかいな?)
 さて,カレーはかなり黒い色をしている。だが,そんなに辛くはない。かといって学校給食のように甘くはないが,子どもでも食べられる辛さである。
 一人で入ったので,入口の円形テーブルに一人で座る。カウンター席が一杯だったのだ。一人の客はカウンター席か円形テーブルで相席ということになるのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ハヤシライス  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 2日続けて「グリル中村屋」である。
 今日は「ハヤシライス」に挑戦である。まあ,挑戦であると言ったって,「ハヤシライス。」と注文して,食べるだけであるが……
ハヤシライス  出てきたハヤシライスは,タマネギがたっぷりのっている。そして牛肉。あとはマッシュルームが少々。味はやや甘め。汁気よりも具が多い。
 これは子どもも喜びそうな味である。よい子はタマネギをたくさん食べましょう。
 そして味噌汁が付く。
 お品書きを見ても「ハントンライス」がないのだが,やはり金沢名物「ハントンライス」は新しいお品書きなのだろうか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:オムライス  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
オムライス  黄金週間最終日の日曜日,週明けの仕事に備えるべく,出勤である。
 で,お昼ごはんはここ「グリル中村屋」まだ食べていないお品書きがたくさんある。
 その中で今日は「オムライス」を選ぶ。
 第一印象は,えらくケチャップが多い!ということであった。上にかかっているケチャップもさることながら,中のごはんも,結構な量のケチャップで味付けされている。まあ,ケチャップ好き,オムライス好きであるからいいのだが,それにしても,ちょっと甘め。
 中も鶏肉ではなく,ハムが入っているようである。そんなオムライスを食しつつ,ゆとりがほしいと思う,今日この頃‥‥
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年2月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:宴会コース  今回の所要経費:会費5000円
探検隊の報告:
 ここ「中村屋」では初めての宴会である。いろいろと昼ご飯を食べに来たことはあるが,宴会をするのは初めてである。
 会場は3階の和室である。和室でも,2階までが満席の時にはランチを食べに来たことがあるが,今回はここにずらりと座卓が並んでの宴会である。
 写真は最初の状態。左,サーモンのマリネ。右,鴨か何かの燻製。さすがというか,洋食である。
 左,海老の塩焼き。
 これは和食名か?洋食名で言うと何?グリルドシュリンプ?などといらぬことを考える。
 右,洋風茶碗蒸し?
 いったいどういう料理だったのかは忘れている。とうに消化されてしまった。
 左,手羽先唐揚げ。
 名古屋名物手羽先って感じである。やや甘めのタレで美味い。
 右,ロールキャベツ。
 さらに外側にベーコンで巻いてあるところが,中村屋風。ちょうどいいとばかりにスープもいただく。
 最後に出てきたのが中村屋名物の「コキール巻き」である。
 お品書きには「クリームソースの豚ロース巻き」とある。最後にちょっとがっつり,揚げ物が出てくる。
 本日の会は女性も多く,食べきれずに残す人もいる。こちらは元気にすべてを完食である。洋食の宴会であったが,なかなか美味かった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:ランチメニュー
ランチ(日替わり):650円,カツ丼:650円
カレーライス:650円,カツカレー:700円,エビカレー:700円,コロッケカレー:700円,ウインナカレー:700円
ハヤシライス:700円,焼き飯:700円
大盛:100円増し,目玉焼き:50円増し など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集