満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:洋膳坊 楽の市(ようぜんぼう らくのいち)

分類:和食・洋食 所在地:金沢市片町(スクランブル交差点角のビルの地下)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年7月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:飲み放題2時間つき10品のコース  今回の所要経費:4500円
探検隊の報告:
 今夜は職場の送別会である。こんな時期にも別れはある。
 さて,今夜やって来たのは,片町はスクランブル交差点角にある「洋膳坊 楽の市」である。ビルの地下にもぐる。店を入ってすぐのちょっと変形の,まあ台形のような形の部屋に19人が集まった。ここに入って思ったのは,そういえば,昔同じ部屋に来たことがあるということだった。奧にも大小の部屋があり,カウンターもかなりの数がある。そんな中で,19人くらいがちょうど入る部屋である。
 本日のコースは10品+飲み放題コース。通常5500円のところ,クーポン使って4500円である。
 それにしても10品いろいろと出てきた。

 まずは「チャンジャと水菜の生春巻 大葉の香りで」。(以下料理の名称は,ウェブサイトに載っていたもの)。
 チャンジャが少々辛くて,ビールが進む。ちなみにビールはサントリーのモルツらしい。ピッチャーで出てくるが,やはり,飲み会はビンビールがいい。しかし,贅沢は言うまい。

 続いては「金沢港直送! お刺身の盛り合わせ」。3品ほどのお刺身が載っている。ちなみに,すべて大皿で出てくる。だいたい,3人前である。
 「たことオクラのネバネバ&でも、さっぱり夏サラダ」

 「選べる!贅沢しゃぶ鍋」ということで,「超人気!夏代表『豚しゃぶ』」または「大好評!超豪華『鯛しゃぶ』」だったのだが,魚嫌いの会員がいて,豚しゃぶとなる。それにしても,タレが多い。その割りには肉が少ない。ということで,このタレもっと少なくていいんじゃないの,とは貧乏性か。

 続いては「もちもちヒンヤリ紫芋まんじゅう」。
 夏場には涼しく冷たいものもいい。
 とかいっているうちに,熱いものも来る。「熱々とろ〜り!海老みそグラタン」。

 それにしても,10品いろいろと出てくる。「しっとり、ジューシー タンドリーチキン」
 これで,飲み放題で,4500円だから,結構お得感がある。しかも,飲み放題のお品書きも多い。およそ30種類はあっただろうか。それと,適当に混ぜ合わせるというカクテルもある。いろいろな組み合わせをするとこれだけで数10通りできる。1人が抹茶とオレンジジュースを選択する。色は緑色で,味はオレンジ味で,ちょっとだけ抹茶味。味見させてもらったが,まあ飲めるのだった。

 これは「白身魚と夏野菜のエスカベッシュ」。
 エスカベッシュとは「小さな魚を揚げ、酸味のある漬け汁に漬け込んだ料理」らしい。マリネのようだが,異なる点は素材を一度揚げるところとフランス料理の解説に書いてある。なるほど,そんな料理だったのかとあとになって感心する。なにしろ,他国の料理のことはそんなに知っているものではない。

 さて,「極上 牛サーロインの網焼きステーキ」が順番では5番と書いてあったのに,遅いなあ。もしかして,これはないの?なんて言っているうちにやって来る。そして結構お腹が一杯になってくる。

 さて,トイレに2度ほど行って,帰ってきたら座席移動。そうこうするうちに最後のごはんものの「焼きたて!ふっくら うなぎのロール寿し」がやって来る。結構お腹はふくれたのだが,やはり食べてみなければなるまい。それでも,みんな食べきれないらしい。折り詰めというか,透明のパックをもらって,残りを持って帰る会員がいる。結構快く,折り詰めを用意してくれた。店としても,捨てるよりは,持って帰って食べてもらった方がいいに決まっている。
 最後に,飲み放題のラストオーダーですよと言われて,もう締めにウーロン茶を注文したのだが,いったいどこに届いたのやら,誰かに飲まれて,終わってしまう。それにしても,4500円で多種多様な料理を食べ,宴会も盛り上がり,満足したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年5月  今回の探検目的:宴会の3次会
今回のお品書き:適当に注文して,飲む  今回の所要経費:割り勘で一人2000円
探検隊の報告:
 宴会の3次会である。6人でここ「洋膳坊 楽の市」にやって来る。
 3次会なので,適当に食べるものを注文し,飲むものを注文する。
 左はお通し。右はお品書きの中の「オリジナル」から選んだ「名物!牛タンおでん風」(きっと800円也)
 牛タンが和風の味付けのおでん出汁で煮込まれたって感じ。で,下には大根である。
 左ソーセージ。はたして何という名のお品書きだったのかはわからない。確か「毎日手造り 自家製ソーセージ」とかって名。
 右はこれまた「オリジナル」から選んだ「名物!牛タンシチュー」はて,いくらだったのやら。
 最後にこれはまたもや「オリジナル」から「ハーブ煮豚と梅ワサビ」(680円也)
 そのほかの「オリジナル」のお品書きには以下のようなものがあった。
 新玉葱の真っ黒焼きベーコン付き→480円
 熱々!海老グラタンパイ包み→680円
 新キャベツのホルモン炒め→680円
 能登地鶏のねぎ蒸し焼き→???円
 結局結構オリジナルなものを選んでいる。そんな3次会であった。
 今夜の1次会は「さわの」だったのだが,3次会の方が料理は充実していたなあと思う。凝った料理が多かった。しかも,2000円ですんだし。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集