満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:千番(せんばん)

分類:中華
所在地:金沢市入江2−189−3(西インター大通り・入江2丁目交差点から北へ20m)

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2019年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ベトコンラーメン
今回の所要経費:550円
探検隊の報告:
 いかにも町中の中華料理屋って感じで,実に大衆食堂らしい店だったね。
 お昼ごはんにちょっと外出。今日はベトコンラーメンがあると聞いたここ「千番」にやって来た。愛知県に行ったときには「新京」という,「ベトコンラーメン」の元祖らしき店で食べたが,実に美味しかったのである。
 さて,金沢でも,探せば面白い店もあるもので,ここは大通りからちょっとだけ入ったところにある。12時前に着いたので,近辺の会社もまだお昼休みではないらしく,お客は誰もいない。カウンター席の空いているところに座って,注文はもちろん「ベトコンらーめん」である。
ベトコンラーメン  壁にあるテレビを眺めつつしばし待つが,すぐにやって来る。上に載るのは「ベトコンらーめん」らしい盛り付けのもやしやらニラの炒め物だが,それ以上に「赤巻はべん」やら「メンマ」に「チャーシュー」が載るところが,いかにも大衆的町中の中華料理屋らしいところだ。
 スープは野菜炒めから流れ出た唐辛子のせいか,ちょっと茶色っぽく濁り,一口すすると,ピリ辛。これぞ「ベトコンらーめん」のスープって感じ。
 シャキシャキのもやし炒めも美味しくいただける。麺はよくある中華料理屋の麺だが,ピリ辛の具やらスープとともに美味しくいただける。
 しばらくするとおじさんが1人でやって来て「ラーメン+天津飯」というセットを注文する。これが690円だから,なんともはやお財布に嬉しい庶民価格。費用対効果に優れる。英語で言えばコストパフォーマンス。
 さらにしばらくすると,どこかから電話がかかってきて,それは出前の注文らしい。よく見るとカウンター席の向こう側に岡持がいくつも置いてある。こういう風に出前をするところがまさしく町中の中華料理屋。
 「ベトコンらーめん」はスープに浮かぶもやしとニラを救出するべく,レンゲでスープとともにいただく。そしてほとんどスープをいただいたが,唐辛子のおかげでお腹が熱くなってきた。
 店は少々年季が入っているものの,何も問題はない。いつまでもお手頃価格で中華を提供する,町中の中華料理屋であってほしいものだ。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年7月)のお品書きいろいろ
めん類(大盛り100円増し)
らーめん,メンマらーめん→各480円
タンメン,チャンポンめん,もやしらーめん,天津めん→各530円
ベトコンらーめん,とんこつらーめん→各550円
みそらーめん→560円
焼きそば→530円,塩焼きそば,五目あんかけ焼きそば→各550円
ご飯類(大盛り100円増し)
炒飯,天津飯→各550円
五目中華飯,麻婆丼,酢豚丼→各570円
ライス→180円
一品
麻婆豆腐→550円,レバニラ→580円,酢豚,ぶた天,肉野菜炒め→各600円,
唐揚げ→650円,ギョーザ→280円
定食
焼きそば定食→640円,ぶた天定食,酢豚定食,レバニラ定食→各690円,
肉野菜炒め定食→720円,唐揚げ定食→750円
当店おすすめセット
らーめん+(焼きめし,天津飯,中華飯,酢豚丼のいずれか)→690円
豚骨らーめん+(焼きめし,天津飯,中華飯,酢豚丼のいずれか)→750円
焼きめし+唐揚げ,焼きめし+焼きそば→各840円
ベトコンらーめん+ライス+ギョーザ→840円
焼きめし+みそらーめん→790円

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2019年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ラーメン+炒飯 セット
今回の所要経費:690円
探検隊の報告:
 やはり庶民の味方,お得価格だったね。
 味としてはラーメンは中華料理屋によくある鶏ガラ醤油味。炒飯の方が濃い味で,美味しくいただけた。
 夏休みの1日である。あちこちの店が混む前に,とっととお昼ご飯に出かける。今日は先日もやって来たここ「千番」である。前回と同じで,12時前なので,まだお客は誰もいない。空いているカウンター席に座り注文はもっともお得価格の「ラーメンとごはん物のセット」である。やはり中華料理屋だからと基本の炒飯を選ぶ。
ラーメン+炒飯 セット  待つことしばし,お盆に載って2つが同時にやって来る。
 ラーメンにはレンゲが付いてない。これがまた,庶民派中華料理屋らしいところか。そう言えば昔の大衆食堂のラーメンには余りレンゲが付いていなかったような気がする。すでに50年も昔の話だが。とにかく丼を持ってスープをすすればよい,という感じである。そう言えば藤子不二雄描くところのラーメン大好き小池さんの食べるラーメンにもレンゲが描かれていなかったような気がする。そして,小池さんは丼を抱えてスープをすするどころか,そもそも丼を持ったままラーメンを食べるのが普通だったような気がする。
 ということで,最後は丼を抱えてスープをいただく。
 このラーメンはちょっと味にコクが欠けていた。それよりも,炒飯がいい味だったね。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−お箸の仕切り線−−−
探検時期:2019年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:焼きそば(大盛り)
今回の所要経費:600円(+100円)
探検隊の報告:
 この「焼きそば」,実に美味しかったね。
 お昼時,一度ここの「焼きそば」を食べてみたくてやって来た。で,迷うことなく「焼きそば」を注文……というわけではなかった。何しろ前には確か「塩焼きそば」というのがあって,実はそれにしようと思っていたのだが,ない。ということで,ここはやはり「焼きそば」は「焼きそば」だろうと,「焼きそば」を注文したのだった。ついでながらお腹が空いて100円増しの「大盛り」である。
 待つ間にお品書きを眺めるが,10月の消費税増税後,お値段も少々値上がりしているようである。わかりやすくすべてが50円単位の値段になっている。それと,お品書きもいくつか整理されて,「塩焼きそば」のようになくなっているものもある。
 それでも「ラーメン+ごはん物のセット」が750円だから,相変わらずの庶民価格の大衆中華料理屋である。
焼きそば大盛り  さて,待つことしばし,ご所望の「焼きそば大盛り」がやって来る。
 これが実に美味しかった。
 甘めのソース味の「焼きそば」だが,麺は焼きそば用の中太の平打ち麺で,こいつがなかなかのもっちり麺で美味しい。そして,シャキシャキの野菜が「焼きそば」に合う。
 これまでここで食べた中では,この「焼きそば」が一番美味しいと思う。
 次は「炒飯」である。
 たくさんのお品書きに挑戦したわけではないので,ほかの中華のごはん物も一度挑戦してみなくては。
 とにかく,この「焼きそば」はおすすめである。
 最後に支払いをすると,おかみさんが,
「お客さん,前にもいらっしゃいましたよねえ。」
 と言う。
「うーん,夏頃に来たことがあるかな。」
「やっぱり。おとうさんとね,『何だか見たことある人よね』って言ってたの。」
 とまあ,顔をちょっとだけ覚えられていたらしい。
「『焼きそば』美味しかったですよ。また機会があったら来ますよ。」
 と言って,店を去る。

このページの先頭  お品書き掲載部分

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告:
お品書き
このとき(2019年12月)のお品書きいろいろ
めん類(大盛り100円増し)
らーめん→500円
タンメン,チャンポン,もやしらーめん,天津めん→各600円
ベトコンらーめん,とんこつらーめん→各550円
焼きそば→600円,五目あんかけ焼きそば→650円
ご飯類(大盛り100円増し)
炒飯,天津飯,中華飯,麻婆丼,酢豚丼→各600円
ライス→200円
一品
麻婆豆腐→600円,レバニラ,酢豚,ぶた天,野菜炒め→各650円,
唐揚げ→750円,ギョーザ→300円
定食
焼きそば定食→700円,
ぶた天定食,酢豚定食,レバニラ定食,野菜炒め定食→各750円,
唐揚げ定食→800円
当店おすすめセット
らーめん+(炒飯,天津飯,中華飯,酢豚丼,麻婆丼のいずれか)→750円
豚骨らーめん+(炒飯,天津飯,中華飯,酢豚丼,麻婆丼のいずれか)→800円
焼きめし+唐揚げ,焼きめし+焼きそば→各900円
ベトコンらーめん+ライス+ギョーザ→900円
らーめん+ライス+ギョーザ→800円

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionのトップページ  サイトマップ  更新情報