満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:杉津(すいづ)パーキングエリア(北陸自動車道)

分類:和食・洋食・中華 所在地:福井県敦賀市(北陸自動車道)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年11月 (下り線・米原から金沢方向)
今回の探検目的:昼食(というか軽食)
今回のお品書き:おろしそば  今回の所要経費:420円
探検隊の報告:
 杉津パーキングエリアへとやって来た。と言っても,高速道路を利用してではない。ウェブサイトの「おすすめの日本」の「北陸本線旧線を走る(今庄〜敦賀)」の新版の取材のために,旧北陸本線あとが県道になっている部分を走り,途中でこの杉津パーキングエリアへと立ち寄ったのだった。
おろしそば  この道は以前にも走ったことがあり,今回は久しぶりにどうなっているかと思ってやって来たのだった。(詳しい報告は「おすすめの日本」の「北陸本線旧線を走る(今庄〜敦賀)再び」をご覧いただきたい。)ちなみに,下の県道からは上り線も下り線も,どちらのパーキングエリアにも行くことができるが,ここは下り線(米原から金沢方向)の方が上(より頂上寄り)にあり眺めがよい。このあたりは工事の難所で,下り線が本来左側なのに右側を通り,山の上側にあるのだった。ついでながら上り線は北陸本線の旧線の杉津駅跡である。
 さて,お昼時も過ぎ,ここらでちょっと腹ごしらえにと食べたのは福井名物「おろしそば」である。冷たい蕎麦がかなり平らな丼に入り,基本は大根おろしと花鰹が載り,薄めの出汁がかかっているものである。ここでは大根おろしのみが初めから載っており,花鰹とネギは好きなだけ載せるようになっている。写真は適当に花鰹とネギを載せたものである。
 注文すると3分ほどお待ちくださいとのことで,立ったままでしばらく待つ。一人だけなので,前回座った窓際の席が空かないかなあと待っていたのだった。(ちなみに前回はかけそばを食べた。「北陸本線旧線を走る(今庄〜敦賀)」にもその写真はある。)しばらくすると,その席が空き,とりあえずそこに座って待つ。そうして番号が呼ばれて,窓際に置いたのが,この蕎麦である。これは日本海や下の杉津の町まで入れて撮影している。(右の写真。向こうはちょっとかすんでいるが,日本海。海辺には杉津の町。)
 さて,蕎麦は美味い。しかし,この出汁が少々醤油の味が利きすぎである。自分の好みとしては,もう少し甘みと,出汁の旨みがほしいと思った。せっかく蕎麦が美味いのに,その味を半減させている。通常ならこの出汁をすべて飲み干すのだが,今回は半分ほどでやめてしまった。まあ名物であり,店々でいろいろな味を出しているのだろうが,こんな味もあるかなという感じであった。まあそれでもここは眺めがとてもよい。北陸自動車道の中では随一なのではないかと思う。
 ここには当たり前だが,そのほかにもたくさんのお品書きがある。中にはこれまた福井名物の「ソースカツ丼」もある。今度は機会があればソースカツ丼に挑戦してみようと思ったのだった。
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
天玉うどん・そば→470円,天ぷらうどん・そば→430円,
きつねうどん・そば→360円,月見うどん→330円,肉うどん,
そば→510円,かけうどん,そば→300円
味噌ラーメン,醤油ラーメン→500円,ソースカツ丼→600円,
カレーライス→520円 など
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2016年8月 (下り線・米原から金沢方向)
今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:越前おろしそば  今回の所要経費:460円
探検隊の報告:
おろしそば  名古屋から福井へと向かった朝である。7時時ちょっと前にここに着いたが,売店などの開店は朝7時からである。そこでシャッターが開くのを待って中に入り,朝ごはんとして福井名物「おろしそば」をいただいたのだった。
 相変わらずちょっと濃い目の出汁であったが,目覚めた胃袋にはちょうどよい。
 ということでこの日の杉津パーキングエリアの風景については「おすすめの日本」の「杉津パーキングエリアからの眺め」のページをどうぞ。
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
★おろしそば
越前おろしそば→460円,越前辛味大根おろしそば(麺1.5倍)→620円
★そば
かけそば→330円,月見そば→380円,きつねそば→450円,
天ぷらそば→480円,天玉そば→530円,海老天そば→580円,
大盛り天ぷらそば→550円,大盛り天玉そば,ねぎたっぷり豚そば→各600円,
肉そば→620円
★うどん
かけうどん→310円,月見うどん→360円,極とろろこんぶうどん→410円,
きつねうどん→430円,天ぷらうどん→460円,天玉うどん→510円,
肉うどん→600円
★海鮮丼
夕日の海鮮丼→860円,ウニいくら丼,かにとウニのたっぷり丼→各1010円,
杉津海鮮丼→1500円
★ラーメン
味噌ラーメン,醤油ラーメン→各550円,
味噌ラーメンセット(半チャーハン付き),醤油ラーメンセット(半チャーハン付き)→各700円,
こだわりチャーシュー醤油ラーメン→780円,
杉津絶景でっけいラーメン(麺1.5倍)→660円
★ご飯もの
三元豚のロースカツ定食→820円,から揚げ定食→720円,
シーフードフライ定食→700円,甘えびから揚げ丼→510円,ソースかつ丼→620円,
ソースかつ丼とかけそばセット→810円,カレーライス→550円,
カツカレー→820円,おにぎり→100円,へしこおにぎり→150円,
いなりずし→200円 など
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2018年4月 (上り線・金沢から米原方向)
今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:越前おろしそば+ソースカツ丼
今回の所要経費:500円+720円
探検隊の報告:
おろしそば  金沢から名古屋へと向かう。そのお昼時に立ち寄ったのがここ「杉津パーキング」であった。
 大体が福井で食べるものは決まっていて「おろしそば」か「ソースカツ丼」。で,今回2人だったので,それらを一つずつ注文していただいたのだった。
 ここには松尾芭蕉の句碑が建っている。

句碑 「名月や 北國日和 定なき」

 説明書きには次のようにある。
「芭蕉が月の名所と呼ばれる敦賀の湊に到来したのは元禄2年8月14日で,翌日の中秋観月が目的である。待望の十五夜は雨月となってしまったが,はかり難い越路の陰晴に翁は北陸の風情をひとしお感じて,この句を「奥の細道」に遺した。
 北陸自動車道杉津パーキングエリア上り線は,福井県敦賀市(旧越前国敦賀郡)に位置する。
 敦賀市は「古事記」に「角鹿(つぬが)」と記され,古代より港湾を中心に栄え,北陸と畿内を結ぶ位置から近代以降は鉄道や道路の要地ともなっている。
 当パーキングエリアは,鉄道唱歌で景勝地と唄われる北陸本線旧線の杉津駅の跡地を利用しており,お召し列車にて当駅を通過なされた大正天皇が,その絶景に見惚れて,暫く汽車の発車を遅らせたという逸話が残っている。」
 ということで,そこにあった杉津駅に関する案内も撮影してみた。
 さてと,米原に向かいますかね。 看板
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
★ご飯もの
ふくいポーク焼肉丼→730円,アジフライ&豚汁定食→750円,
豚生姜焼き&唐揚げ(3個)定食→880円,
ソース焼きそば&唐揚げ(3個)定食→880円,
ソース焼きそば定食→730円,ソース焼きそば(単品)→630円
杉津満腹定食(アジフライ,ハンバーグ,鶏唐揚げ,ミニうどん,ライス)→880円,
かけそば定食(かけそば,唐揚げ,ライス),かけうどん定食(かけうどん,から揚げ,ライス)→各670円,
杉津定食(豚生姜焼き,唐揚げ,豚汁)→1030円,豚もやし生姜焼き定食→730円
ソースカツ丼→720円,ポークカレー→500円,
福井名物セット(おろしそば,ミニソースカツ丼)→770円,
かき揚げそばミニカツ丼→720円,ミニソースカツ丼→300円
★麺類
越前おろしそば→500円,かき揚げそば・うどん→各550円,
きつねそば・うどん→各450円,かけそば・うどん→350円,
ミニそば・うどん→200円,そば・うどん大盛り→50円,
山菜梅おろしそば→550円
★ラーメン
杉津ラーメン→650円,味噌ラーメン→600円,
醤油ラーメン→550円,唐揚げラーメン→700円 など −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2018年8月&9月 (上り線・金沢から米原方向)
今回の探検目的:昼食&昼食
今回のお品書き:福井名物セット(そばは大盛り)&福井名物セット+越前おろしそば(大盛り)
今回の所要経費:770円+50円&770円+500円+50円
探検隊の報告:
福井名物セット  8月も9月も,金沢から名古屋へと向かう,そのお昼時に立ち寄ったのがここ「杉津パーキング」であった。
 8月は2人で軽く食べようと,「ソースカツ丼」と「おろしそば」のセットである「福井名物セット」をそば大盛りに変更。
 セット物のそばだけを大盛りにできるのであった。
福井名物セット+おろしそば(大盛り)  9月はそばをたくさん食べたいということで,「福井名物セット」と「おろしそばの大盛り」であった。
 中身はこれまでとあまり変わり映えしないので報告はこれだけ。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集