満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:おたる鮨玄(すしげん)

分類:和食(寿司) 所在地:小樽市山田町(寿司屋通り)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年7月  今回の探検目的:昼食・宴会
今回のお品書き:さざなみ(握り寿司)+ビール+付きだし  今回の所要経費:1260円+520円+300円
探検隊の報告:
 親戚の結婚式が札幌で行われるので,北海道へとやって来た。その1日目である。
 金沢から空港バスに乗り,揺られること1時間弱。9時小松発新千歳行きに乗る。10時半には新千歳空港に着き,そこから10時49分のJRの快速エアポート札幌行きに乗り,札幌には11時25分に着く。そこからホテルに荷物を預けに行き,札幌観光という手もあったのだが,もともと小樽にも行こうと思っていたので,駅のコインロッカーに荷物を入れて,そのまままたもや11時44分発の快速エアポート111号小樽行きに乗ったのだった。小樽に着いたのが12時16分だった。
ビール  12時も回りもうお昼ご飯だと歩いて寿司屋通りに向かう。確かに寿司屋が建ち並ぶ。しかも観光バスを乗り付けて団体さんが寿司屋でお昼ご飯である。団体さんが群がる店は置いておいて,こぢんまりとした店を探して歩く中の一軒かこの「おたる鮨玄」だった。とりあえず表の看板の「本日のサービス 海鮮丼1500円を1200円」にひかれたのだった。
 と言いながらも,この海鮮丼「だいこく丼」を選んだのは連れあいの方で,自分は握り寿司の10貫セットの「さざなみ」(1200円也)というやつである。旅に出て,当然のごとく(ってうちだけか?)ビールを注文する。瓶ビール520円也,お通しは300円也である。
さざなみ  さて,自分の注文した握り寿司10貫セット「さざなみ」はこんな感じである。
 上の列の左より,かんぱち,まぐろ,ほたて,甘エビ,サーモン,下の列左より,鯖,イカ,タコ,いくら,とびっこである。
 この「さざなみ」は握り寿司のセットの中でも一番安いやつである。ランクを上げて「うしお」2100円也となると,内容は「ひらめ,まぐろ,ほたて,ボタンエビ,サーモン,ほっき,カニ,いくら,ウニ,とびっこ」となる。「北の旬」2800円也は「ボタンエビ,ほたて,サーモン,イカ,うに」の2貫ずつ合計10貫のセット。「日本海」3000円也だと「ひらめ,とろ,ほたて,ほっき,あわび,卵焼き,ボタンエビ,かずのこ,かに,うに,いくら」の豪華11貫セットである。ちなみに,ビールを飲みつつ,「さざなみ」10貫でも充分お寿司を味わった気になるのであった。
だいこく丼  ちなみに連れあいの頼んだ「だいこく丼」はこんな感じ。載っているのは「いくら,ほたて,まぐろ,かんぱち,卵焼き,甘エビ,サーモン,イカ,タコ,とびっこ」と「さざなみ」のネタの鯖を卵焼きに代えただけで,これまた充分たっぷり北の幸が味わえるのであった。丼物には同じように,ネタを豪華にした海鮮丼の「えびす丼(2100円也),すし玄(2800円也)といった選択や,「うに丼」「いくら丼」「うにいくら丼」「サーモンいくら丼」といった特定のネタに特化したものもある。また,どんぶりものと握り寿司5貫のセットといったものもあるのだった。
 ここでとりあえずは腹ごしらえをして,あとは小樽の観光へと向かったのだった。(続きは「北の漁場」へ。)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集