満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:北の漁場(きたのりょうば)

分類:和食 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:小樽市堺町【おたる運河店】(堺町通り沿い)
探検時期:2012年7月  今回の探検目的:昼食・宴会
今回のお品書き:小樽地ビール+つぶ串(つぶ貝の串焼き)
今回の所要経費:400円+300円
探検隊の報告:
 親戚の結婚式が札幌で行われるので,北海道へとやって来た。その1日目である。
 金沢から空港バスに乗り,揺られること1時間弱。9時小松発新千歳行きに乗る。10時半には新千歳空港に着き,そこから10時49分のJRの快速エアポート札幌行きに乗り,札幌には11時25分に着く。そこからホテルに荷物を預けに行き,札幌観光という手もあったのだが,もともと小樽にも行こうと思っていたので,駅のコインロッカーに荷物を入れて,そのまままたもや11時44分発の快速エアポート111号小樽行きに乗ったのだった。小樽に着いたのが12時16分だった。
店構え  寿司屋通りの「おたる鮨玄」で握り寿司のお昼ご飯をすませたあと,堺町通りを歩く。ここには多くの土産物屋が軒を連ねる。東側から歩いて,かなり西側のガラス工芸の店まで行き,また東側の小樽運河方向へと歩いて向かう。その途中で,のどが渇き,見かけたここ「北の漁場」で休憩をしたのだった。
 なにしろこの旅は別名「飲んだくれツアー」である。まあ勝手に名付けたのだが,車を運転することは一切ないので,行く先々で,のどが渇いたら,お茶ではなくビールである。
 この通りではこの店が一番酒飲みの心をくすぐる店なのである。何がって,やっぱり串焼きがいろいろとあるのである。
ビール  さて,せっかくだからと小樽の地ビールをもらう。
 写真は歩道の脇のタライの中に無造作に氷と共に入れられたビールなどである。
 地ビールには缶ビールと瓶ビールがあったが,瓶ビールを選択する。
ビール  さて,ビールのつまみにと注文したのは「つぶ串」300円也である。
 美味しそうな焼き物がたくさんあり,せっかく北海道に来たので,いろいろ食べたいのだが,ビール1本に見合うものということで「つぶ貝」を選択する。ほかにもほっけ,鮭,ししゃも,蟹に始まり,ジャガイモやらトウモロコシなど美味しそうなものが列をついて待っている。だが,いくらでも食べられるものではなく,今回の旅でもまだまだ食べられなかったものがあるのだった。
ビール  さて,さらに東に向かって,小樽運河の方に戻りつつ,再びビールである。先ほどのビールもすぐに終わり,ちょっと物足りなかったので,ここで再びいただく。
 行く時にも見かけていた「小樽ビール」の店頭売りである。「ピルスナー」「ドンケル」「ヴァイス」と3種類あり,フルーティーと書いてあった「ヴァイス」を選択する。
ビール  グラスに1杯500円也。うーん,やっぱり「飲んだくれツアー」はいいねえ。
 ということで,続きは札幌に帰っての「飲んだくれツアー」,まずは「ゆうゆう亭」へと……
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:札幌市中央区北11条西21丁目【札幌中央卸売市場場外市場店】(「北の漁場2号店」2階)
探検時期:2016年1月  今回の探検目的:昼食・宴会
今回のお品書き:4人で丼2つとホッケとビール3本
今回の所要経費:1980円×2+1180円+600円×3の10%引きの消費税8%加算で6754円
探検隊の報告:
 親戚の結婚式が札幌で行われるので,再び北海道へとやって来た。その2日目である。
 昨日午後札幌に着き,今回は1日目はあまり時間もなかったので特にどこにも行かない。結婚式は2日目でしかも午後4時頃からである。そのためこの日は朝から札幌観光である。と言っても冬の札幌,「雪まつり」もまだやっていないので見るところがあまりない。なので「白い恋人パーク」へ行ったあと,お昼ご飯も兼ねて札幌場外市場へと来たのだった。そして入ったのがここ「ヤン衆 北の漁場」である。
 というのもホテルのロビーに無料の旅雑誌「るるぶ」があり,その広告にお食事10%引きのクーポンがついていたのである。これを使わない手はないと2号店の2階にある店に入る。
ビール  札幌ではほとんどどこへ行ってもビールは「サッポロクラシック」である。他の銘柄もきっとあるだろうが,なんだか地元サッポロビールを大切にするって雰囲気をうかがわせる。
 こちらとしてもこの「サッポロクラシック」は充分美味しいので毎回これである。中瓶600円也。
ホッケ  そして大好きホッケ焼き。
 昨日の夜の「ノアの箱舟」でも食べたが,あれは小分けされていて,いまいちだったけど,このように丸ごと1匹が出てくるのがやはりよい。
 そして美味しいのであった。ビールが進むねえ。
トロカニおまかせ丼  こちらがみんなで分け合った「トロカニおまかせ丼」1980円也。
 いろんなご飯ものがあったのだが,大盛りの丼を2つ注文した。夕方披露宴で美味しいものを食べる予定なので,これくらいを適当に分け合うのがよかろうと,5人で2つである。だいたいが自分はビールとホッケなので,最後に残ったごはんをいただく。
 載っているのはボタン海老,マグロ,マグロトロ,ホタテ,サーモン,イカ,カニむき身,いくら,たこ,玉子,あとはなんだか白身の魚,まあいろいろと載っていて,結構な量である。まあ「トロカニおまかせ丼」といってもトロは1切れ,カニはむき身だが,贅沢は言うまい。
ビール  こちらレジの所にあった丼の大きさを示す展示。きっとお客さんはその大きさを聞くのだろう。何しろ写真では大きさはわかりにくい。何はなくとも実物で示す,それは大切なことだねえ。
 ということで,クーポンで10%引きである。何はなくとも何でも持って歩いて役に立てることであるなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:北の漁場のウェブサイト
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
大盛り(丼直径18cm,寿司シャリ40%増量,ネタ大盛り)
大盛りトロかにおまかせ丼,大盛りかにいくら丼→各2138円,大盛り大量丼→2678円
ミニ海鮮丼(丼直径10.5cm)
親子丼(いくら,サーモン),本マグロ丼,三色丼,かに丼→各1058円,いくら丼→1166円,特上本マグロ丼→1382円,うにいくら丼→2138円,生うに丼→2376円
丼レギュラーサイズ(丼直径15cm)
親子丼→1598円,鮭かに丼,かに丼→各1814円,いくら丼→2030円,北前丼(生うに,いくら,ホタテ,サーモン)→2276円,人気三色丼(生うに,かに,いくら)→2678円,うにいくら丼→3218円,極上うにトロ丼(大トロ,中トロ,生うに),生うに丼→各4104円
大椀(丼直径18cm)
潮さい丼(本まぐろ,いくら,ホタテ,甘えび,サーモン)→2030円,海鮮おまかせ丼→1598円,本まぐろ丼→1814円,オホーツク丼(本まぐろ,イカ,サーモン),ソーラン丼(かに,ホタテ,サーモン)→各1922円,ねぎとろ丼→2786円,特上海鮮丼(生うに,ほたん海老,かに等)→3002円など
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集