満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:天むす

分類:和食(おにぎり) 所在地:名古屋名物だぎゃあ
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年5月  今回の探検目的:おみやげ
今回のお品書き:千寿・天むす  今回の所要経費:もらいもの
探検隊の報告:
 世の中,ゴールデンウィークとはいえ,当然働く人もいる。
 娘はこの間仕事は休みで,長い休みだからと金沢へ帰ってきたが,その婿さんは仕事である。
 で,ようやく休みになったということで,遅れて金沢へやってきた婿さんがもってきたおみやげが居住地名古屋の名物「天むす」であった。
天むすがまだ包まれてますよ状態  これはまだ包まれている状態である。
 「天むす」というのは,この千寿という店の登録商標らしい。
 これが有名になって,あちこちの便利店(カタカナことばで言いたい人にはコンビニ)なんかでも似たようなエビ天の入ったおむすびを売っているが,さて,何という名前で売っているのだろうか?
 「天むす」という名前は使えないはずなので,一度これこそ探検してみなくては……
  天むすの外の包みを開きましたよ状態  次はいよいよ外の包みを開きましたよ状態である。
 このおむすびは,普通のおむすび(自分で書いていて,何が「普通」なんだか,「普通」というのもとてもいい加減な日本語である。「普通」ほど「普通じゃない」日本語もないものだ。要するに今時,惣菜屋などで売っている大きさを普通の大きさということにしよう。)に比べるとやや小振りである。
 しかも握り方が「三角おむすび」でもなければ「丸おむすび」でもない。
 どちらかといえば,あの飲料のテトラパックのような正四面体に近い形に見える。
 それとも,このようにおみやげタイプだから,いつの間にかぎゅっとくっつき合って,正四面体に近い形になったのだろうか。
 また,海苔の巻き方もそれにあわせて,ちょっとかわった付き方をしている。
  いよいよこれが天むすですよ状態  さて,おみやげにもらったものは,こんな感じで出てくる。
 5個入りである。
 このきゃらぶきもまたおにぎりに合う。
 おみやげ用の包装がまたしゃれているではないか。(最後はアルミホイルに包まれているんだが……)
 金沢へやってくるまでに,だいぶ味もしみて,海苔もおにぎりの表面になじんでいる。
 名古屋から金沢まではるばるやってきた天むすを,婿さんに感謝しつつ,ありがたくいただいたのであった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
今回は特になし。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集