満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:中華そば つし馬(つしま)

分類:洋食 所在地:東京都台東区浅草(観音通り)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年2月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:中華そば 中+ビール  今回の所要経費:750円+400円
探検隊の報告:
 東京への出張である。宿泊地は浅草。金沢を昼過ぎに出て,夕刻東京に着く。ホッピー通りの「居酒屋たぬき」で,すじ煮込みを食して,一杯やり,浅草演芸ホールへ。落語のあと,どこかへ飲みに行こうかと思ったが,明日が出張の本番なので,軽く食事して,ホテルに帰って風呂に入ることとする。そのために,何か食べようとちょっと歩いていて見つけた,ここラーメン屋の「つし馬」とやらにやって来たのだった。
 狭い店である。カウンターが,自分の座った壁際に5席ほど,厨房に向かって4席ほど。そして4人掛けのテーブルが2つある。一人だったので,壁に向かうカウンターに座る。そして注文したのは「中華そば中」である。
 そうそう,忘れてならない,ビールも注文したのだった。そうすると,珍しいかな,アサヒスーパードライのスタイニーボトルだった。若いおねえさんが持ってきてくれる。このビールを飲みつつ,ラーメンができあがるのを待つ。
中華そば 中  出てきたラーメンは,店の名に「青森煮干」を冠してあるように,魚介系のスープのようである。スープはうまい。
 だが,麺がいまいちだと思ったね。中途半端に柔らかいのである。ちょっと茹で過ぎって感じ。もうちょっとしゃきっとした麺の方が美味い。せっかくスープが美味いのに,と思った。
 あとから来た若いお兄さんが「バリ煮干しそば」を注文しようとしたが,これはすでに売り切れだそうである。この「バリ煮干しそば」は開店早々来ないと食せないものなのか?次にいつ浅草に来られるかはわからないので,食べてみたいとは思うのだが,さてどんな味なのだろう?
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
中華そば 大→850円,中→750円,小→650円
バリ煮干しそば→750円,餃子→400円など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集