満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:8番らーめん(はちばんラーメン)

分類:中華(ラーメン) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市旭町【旭町店】
探検時期:2006年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌らーめん  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
 「8番らーめん」といえば,加賀が発祥のラーメンチェーン店である。
 ここのラーメンの味が,金沢人にとっては標準の味なのだった。もうできて何年になるだろうか。
 自分が初めて行ったのが金沢に何店か店ができはじめた中学生の頃だから,かなり昔の頃である。
 当時は外食のチェーン店なんてものが日本には少なく,外食といえば近所のうどん屋に行くのがせいぜいのところ。大和デパート(なんて言っても金沢以外の人にはわからないだろうけど,金沢で1番の百貨店)の上の方にあるファミリーレストランでの食事なんて,贅沢そのものの時代だった。
 また,ラーメンといえばシナチク,チャーシューとネギがのっているくらいのものだったのに,炒めた野菜がどっさりのっているというのも,画期的に思えたものだった。
 それと太い麺も食べごたえがあって,当時のラーメン屋では味わえないものだった。
 もう一つ,当時のラーメン屋になかったのが味の選択。味噌,醤油,塩の選択なんてのも,ラーメンといえば醤油ラーメンしか知らなかった(というよりもラーメンといえば醤油ラーメンであり,それしかお品書きにはなかった)そのころは,画期的であった。
 今では外食も珍しくなく,ラーメン屋も乱立しているし,ましてやラーメンについては本も出るくらいの時代だが,やはりこの8番らーめんはそれなりの味を出している。それに,この値段でこの味出してるし,メニューもいろいろと工夫しているなど,企業努力もある。だしがどうの,麺がどうのとうんちくを傾ける人もいて,味にケチつける人もいるが,金沢人にとっては思い出の味のラーメンである。なにしろ,タイのバンコクにも8番らーめんがあって,思わずタイ料理食べずに,8番らーめんに入ってしまった……。
 自分は好きだね。チェーン店というものが嫌いで,どこかで頑固おやじのやってるラーメン屋がいいという人は,まあ勝手にしてちょうだい,という感じでして,ラーメン屋が見つからなければ,安心価格の8番らーめんに行くのがいいよ,と思っている。
 ということで,今日食べたのが基本の野菜ラーメンの中から,「味噌らーめん」。
味噌ラーメン  注文するときにも「味噌」とだけ言えば,「味噌ラーメン」のことなので,すぐ通じてしまうのであった。
 店によって,味はまず変わらない。(あたり前だけど,チェーン店だもの)だけど,野菜の炒め方なんかは微妙に違っていて,しゃきっとしているときもあれば,しんなりしているときもある。この日思ったのは,のってる野菜って,こんなに少なかったかな?ってこと。このところずっと値段も据え置きだから,採算とるためには,やはり野菜を減らさざるを得ない?
 それにしても,今日も客がいっぱいのこの店なのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市旭町【旭町店】
探検時期:2007年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:野菜担々麺+酸辣湯麺  今回の所要経費:650円+650円
探検隊の報告:
野菜担々麺  久しぶりに「8番らーめん」に来た。
 いつもなら野菜ラーメンの中から味を選んで注文するのだが,今日はちょっと変化を付けて,「野菜担々麺」にした。要するに醤油味の野菜ラーメンに肉のそぼろがのっているというやつである。よくある日本の担々麺は,肉のそぼろと,のっていてもチンゲンサイがちょっとだけ,というものをよく見かけるが,ここの「野菜担々麺」は野菜たっぷりにそぼろである。
 ちょいと要望を言えば,穴あきのレンゲがほしい。器の底に残った肉のそぼろはどうしたってとれはしない。もったいない,食べなくてはと思うが,通常のレンゲではとれないのだった。ラーメンとんとんにあったような穴あきレンゲを望みたい。
  sanratanmen.jpg  ちなみにつれあいは「酸辣湯麺」(さんらーたんめん)にした。冬季限定のお品書きらしい。小瓶のなんだか辛いたれが付いてくる。辛いようでいて,ちょっと酸っぱい,その名の通りの「酸辣湯麺」であった。
 しかし,バイトのお兄さんに「この小瓶は何ですか?」と聞いても即答できない。バイトとはいえ,ちゃんと売る商品については研究しておかなくちゃだめだよ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市泉野出町【泉ヶ丘店】
探検時期:2007年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:野菜こく旨(こくうま)らーめん  今回の所要経費:630円
探検隊の報告:
野菜こく旨ラーメン  富樫方面へと仕事である。同僚のエム氏と食事をしようと店を探したが,候補の店がしまっている。そうしてやって来たのがここ「8番らーめん」である。
 注文したのは新発売の「野菜こく旨らーめん」である。うたい文句は「濃厚なとんこつスープに,小豆島産本醸造醤油と,香り高いマー油が生み出す深い味。」とある。いつもなら野菜ラーメンの味噌味を注文するのだが,満腹探検隊はついついかわったものを注文する。ということで,今日はこの「野菜こく旨らーめん」なのだった。味はよしとしよう。でもあんまりとんこつって感じじゃなかった。それでもおつゆをしっかりいただくのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市旭町【旭町店】
探検時期:2007年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:醤油らーめん  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
醤油ラーメン  今年最後の外食である。
 締めが8番らーめんというのも金沢人であろうか。とにかく,暮れの買い物に出て,とりあえず昼ご飯に立ち寄ったのだった。
 基本の野菜ラーメンの中から,醤油ラーメンである。こうやって味わってみると,8番らーめんの醤油ラーメンはありふれた味である。
 が,しかし,コマーシャルでやっているように「なんでやろ,8番」という感じで,なぜか立ち寄ってしまったりするのは,この太麺がいいのかもしれない。懐かしのラーメンなのである。
 それにしても,日本人は何とラーメンが好きなのだろう。そして,ラーメンについてうんちくを傾けるのも好きである。うんちくの中では,8番らーめんは食べに行くラーメンじゃない,ラーメンの通は8番らーめんに行かない,などと言う人もいるが,それはこれほど外食産業がさかんになって,人々が当たり前のように外食をするような幸せな国になったからであり,そんな中でラーメンにこだわる職人のような人がいるからであろう。それに比べたら,チェーン店というのは金太郎飴のような輪切りの味だし,店独自の工夫がない。
 だが,そんな評論をする人間がどのような発想で食事をしているかは,きっと怪しいと思う。
 これほどインターネットが普及して,それぞれが勝手なことを書いているが(自分も含めて),そんな中でのラーメンの論評を読むと,ラーメンにこだわり,味にこだわり,化学調味料にこだわるなら,その人はラーメン以外にも食べるものにこだわり,日々の食事は全て無農薬の天然素材で,冷凍物など使うこともなく,微妙な味の違いがわかるすごい味覚の持ち主なんだろうなあと,半分揶揄したくなるのであった。
 しかも,そんなにラーメンばかり食べているなんて,まったくもって不健康な偏った食生活である。ラーメン以外に食べたものの評論をぜひ聞いてみたいものである。
 まあ,人間こだわりがあるというのも大切なことで,そのこだわりで結構人生を楽しんだりもできるので,ラーメンだけにこだわる人がいてもそれはよしとしよう。
 ちなみに,自分はスープを一口すすったくらいで化学調味料が入っているかどうかなんてわからないので,(全部飲み干してもわからない)8番らーめんがまずいと思ったことはない。たまにあるしゃきっとしていない野菜については,何とかしてほしいと思うが。
 まあ,この「満腹探検隊」の主宰者はこの程度の味覚の持ち主である。
 ということで,12月で,暮れともなったのに,全く雪も降らない金沢の町を帰ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市旭町【旭町店】
探検時期:2008年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:塩らーめん  今回の所要経費:500円
探検隊の報告:
塩ラーメン  久しぶりに8番らーめんに来た。というのも,愛知から金沢に帰省している娘が,前回帰省したときに食べ損ねた8番らーめんを食べたいと言うからである。つまり,金沢に生まれ育つと,このように8番らーめんが食べたいという人間が育つことになる。
 ということで,久しぶりに行った8番らーめんで,自分は今回初めて「塩らーめん」を食べた。40年以上も前から来たことがある8番らーめんでも,いつもたいてい「味噌らーめん」で,時々変わったものを選択していたが,「塩らーめん」は選んだことがなかったのだった。
 で,スープは基本のあっさり味である。
 夏の暑い日,熱いラーメンもうまい。
 それにしても,日本人はラーメン好きだなあ。そして,ラーメンに対するこだわりもなかなかのものである。もっと気楽に,おいしく,楽しく食べればいいのにと思うのだが,あれこれ評論せずにはおれないらしい(自分もあまり人のことは言えない)。
 そして,インターネットの匿名性をいいことに,品のないことを書く人間も山のようにいる(自分は品のないことを書かないようには心がけているが……)。インターネットも善し悪しである。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市長土塀【長土塀店】
探検時期:2009年12月  今回の探検目的:ちょっと一杯
今回のお品書き:餃子ダブル+春巻き+ビール  今回の所要経費:2000円ちょっと払ったような気がする。
探検隊の報告:
餃子ダブル  今日は落語を聴きに来た。金沢駅近く,三社にある女性センターで桂文我の落語である。
 駅でバスを降り,歩いて三社へと向かう。しかし始まるまでに1時間以上ある。そこで,ちょっと一杯と思ったのだが,三社近辺には店がない。というか,あってもまだ開店前である。しまった,金沢駅にはたくさんいい店があったのに,と思ったが,もう引き返す気にはなれない。そこでやむなくというか,ここでもいいやと入ったのが「8番らーめん」である。ついでながら,女性センターを通り過ぎて,ここへ向かう間にジャージ姿の文我師匠と笑福亭呂竹に会うのだった。
春巻き  さて,ラーメンを注文するわけではなく,ビールと餃子と春巻きである。まあこんなラーメン屋の過ごし方もいいかとしばし時間つぶしをしたのだった。
 ビールを注文すると,すぐに持ってきますか,あとでお持ちしますかと聞かれ,今すぐと答える。
 まあ,居酒屋ではないので,ビールにあうのは餃子,春巻き,鶏の唐揚げくらいであるが,焼きたて餃子は美味かった。ここの餃子は自動餃子焼き機で作られる。鉄板に餃子を載せ機械の右から入れると,焼けたものが左から出てくる。何でも自動化を考える人間がいるものである。おもしろい。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市高尾南【額店】
探検時期:2011年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:いろいろ食べてビール飲む  今回の所要経費:大人4人と幼児2人で4860円
探検隊の報告:
味噌担々麺  大型連休である。小さな子どもたちを連れて鶴来の「ふれあい昆虫館」に行くことになった。その往き道でのお昼ご飯である。県外に出た子どもが,帰省するとは「8番らーめん」に行きたがるので,やって来たのだった。で,いろいろ各自好きなものを注文して,これってきっと写真撮ってないよな,と思って「野菜担々麺」だけ撮影したが,何のことはない,昔食べていて,記録が残っていた。人間の記憶とは曖昧なものである。
 ちなみに,乗せてきてもらい,運転手付きでビールまで飲んだが,何のことはないスポンサーである。あとでしげしげとレシートを眺めると,「8番らーめん」もずいぶん値上がりしたなあ,と思う。当たり前だが,これくらいの値上げをしないと採算はとれないだろう。
 ということで,詳細を報告すると,味噌担々麺→819円,五目らーめん→777円(おお,フィーバーだ),バター風味らーめん→567円,Cセット(野菜らーめんから味の選択+唐揚げ+ポテト)→934円,餃子ダブル→462円,らーめんを一つ大盛りに→189円,瓶ビール556円。
 ちなみにお隣の席の子ども連れは子どもに一つラーメンを注文して,かなり食べ残している。我が家ではそんなムダはしない。大盛り注文して,取り皿をもらう。子どもの食べる量くらいわかりそうなものだが,と思いつつ,また,こんなたくさんの食べ残しはもったいない,と思いつつ,その家族を見送った。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:加賀市桑原町【本店】
探検時期:2011年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:とんこつらーめん  今回の所要経費:567円
探検隊の報告:
 福井方面へと向かった日のお昼時である。どこかでお昼を食べようとして,おおっ,ここが「本店か!」と入ったのが「なんでやろ」8番らーめんである。国道8号線沿いに「本店」と表示されているこの店に入ったのだった。
 そして注文したのが,「あれれ,いつの間にこんなお品書きができてたの?」という「とんこつらーめん」である。毎度おなじみ,野菜ラーメンの味の選択にいつの間にか「とんこつ」ができていた。
 この「とんこつ」ができたのはいったいいつなのだろう?まあいいや,と,とにかく味わってみるべく注文する。
 出てきた「とんこつらーめん」が他の野菜ラーメンと大きく異なるところ,それは紅ショウガが載っていることである。ってなんて大げさなと思うかもしれないが,やはりそれはとんこつらしさを出すためであろう。で,ここの紅ショウガのいいところはよくある着色料で真っ赤になってはいないということである。赤色何号だか知らないが,あの真っ赤な紅ショウガは食べる気がしない。たいてい,とんこつラーメンには載っているが,赤色が溶け出して,白いスープまでも赤くする。とんこつラーメンや焼きそばにのっかっている赤い紅ショウガはすべて取り出して,食べないのだった。
 ところで,「とんこつらーめん」の味だが,ちょっと薄めだ。よくあるとんこつのくさみもなく,どちらかというとあっさりしている。やはりそこは「8番らーめん」大衆受けする味なのだろうか。自分としてはもっとこってりと,これぞとんこつだという味がいい。
 ということで,やっぱり「8番らーめん」なら,「味噌らーめん」だな,と自分の好みを確認したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市小金町【城北南店】
探検時期:2012年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:唐麺+辛・唐麺  今回の所要経費:661円+630円
探検隊の報告:
 久しぶりに「8番らーめん」に来た。というのも理由は簡単で,単純である。割引券をもらったからである。「辛・唐麺」というのが新登場らしく,この「辛・唐麺」または「唐麺」の100円割引券をもらったのであった。
 そこで,連れあいと2人,土曜のお昼に久しぶりに「8番らーめん」に立ち寄ったのだった。
 左通常の「唐麺」。太麺で,スープのないラーメンである。まあこりゃ,大盛りがほしいかなって感じ。
 こちら新登場の「辛・唐麺」。辛めの味付け。載っているものも異なっている。
 「唐麺」は海苔,ネギの輪切り,紅ショウガに対して「辛・唐麺」はもやしが載り,ネギは斜めに切ってある。もちろん唐辛子も載っている。
 いずれもいける味だったね。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市もりの里【もりの里店】
探検時期:2012年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌らーめん  今回の所要経費:567円
探検隊の報告:
 久しぶりに「8番らーめん」に来た。しかも,このもりの里店には初めて来た。と言うのも,この日この店の近所の車屋に車を車検の見積もりに出して,預け,11時から12時まで時間が1時間もあったからである。車がないのでほかのところに行くこともできず,とりあえず近所で時間をつぶさなくてはならない。買い物だけでは1時間もかからず,それでは食事をしてしまうかと,ふらふらと山側環状線沿いを歩いたのだった。で,「麺屋じゅん」に入ろうかと思ったら,ここの開店は11時30分からで,まだ開いていない。ラーメンが食べたかったので,その並びの「田上食堂」や「ゴーゴーカレー」にも行く気がせず,結局「なんでやろ8バン」にしたのだった。昨日も「神力舎」で「旨辛ラーメン」を食べたのだが,どうもこのラーメンはいまいちで,満足できなかったので,久しぶりに,「8番らーめん」の一番の好みの「味噌らーめん」を食べようとやって来たのだった。
味噌らーめん  以上前置きで,食べたのが「味噌らーめん」。やはり「8番らーめん」では太麺のラーメンが美味い。食べごたえがあるのであった。この味噌味って,ちょっと薄めかなと思ったが,これ以上濃いと塩分摂り過ぎってことなので,これくらいの濃さのスープを美味しくいただくのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市もりの里【もりの里店】
探検時期:2015年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:野菜五目らーめん  今回の所要経費:はていくらだったやら
探検隊の報告:
野菜五目らーめん  久しぶりの「8番らーめん」である。寒い冬,これまであまり食べたことがないものにしようと「野菜五目らーめん」を選択する。この「野菜五目らーめん」は季節限定なので,いつでも食べられるというものではなく,冬場限定らしい。
 ということで,醤油味でとろりとあんのかかったラーメンをいただいた。やはり「8番らーめん」はこの太めのちぢれ麺が美味しい。寒い冬,しっかりとスープもいただいたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市高柳町【高柳店】(県道200号線,高柳交差点角)
探検時期:2016年9月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:野菜トマトらーめん  今回の所要経費:853円
探検隊の報告:
野菜トマトらーめん  久しぶりの「なんでやろハチバン」である。というのも最近道を走っていると「8番らーめん」の店頭にのぼり旗が立っている。「今だけ 野菜トマトらーめん」というやつである。限定ものに弱い満腹探検隊隊長は,機会があれば「8番らーめん」に立ち寄ろうと思っていたのだった。そうして,この土曜日,スポーツ大会の応援がてら,試合の合間の時間をぬって「8番らーめん」の高柳店にやって来たのだった。
 で,もちろん注文は「野菜トマトらーめん」である。待つことしばし,ご所望の「野菜トマトらーめん」がやって来る。ここではこのような特製のラーメンの場合には上に載せる具は1人前ごとにレトルトパック詰めである。まあ,フランチャイズ店では普通のやり方である。野菜ラーメンの上にとろりとかけられるのであった。元ベースのスープは何味なのだろうか。とにかく,味はいい。最初見た感じ担々麺のように見えるが,ひき肉ではなくトマトペーストで,味も結構なコクがあり,スープが美味しい。トマトの青くささがあるのではなく,ミートソースのような,トマトケチャップのような味わいのあるスープなのだった。そして麺は「8番らーめん」の太麺である。独特の味わいのラーメンをしっかりといただいたのだった。もちろんスープもたっぷりいただいた。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市福増町【安原店】(海側環状線沿いみどり団地口交差点近く)
探検時期:2017年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌らーめん  今回の所要経費:604円
探検隊の報告:
味噌らーめん  久しぶりの「なんでやろ8番」である。
 新年度新しい職場での仕事。前の会合が長引いて,お昼休みが短い。なので近くてしかも早く出てくるであろう「8番らーめん」に行くことにする。
 注文は「味噌らーめん」,店員さんには「味噌」の一言で通じる。
 最近道路を走っていてよくこの「8番らーめん」の店頭に「新・味噌」などというのぼり旗を見かけていたので,一応どう変わったのかと注文したのだが,どう変わったのやら,さっぱりわからない。当たり前である。同じ物を毎日食べ続けでもしない限りはわからないだろう。ということで,久しぶりの「なんでやろ8番」で「味噌」をいただき,久しぶりのこの太麺がやはり美味しいなあと思いつつ,取り急ぎ職場へと戻ったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市笠舞本町【笠舞店】(犀川大通り沿い)
探検時期:2017年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:Aセット味噌ラーメン(餃子とライス付き)+Bセット塩ラーメン(炒飯付き)+8番セット味噌ラーメン(餃子付き)+8番セットとんこつラーメン(餃子付き)+瓶ビール2本
今回の所要経費:950円+885円+842円+842円+572円×2→4663円
探検隊の報告:
とんこつらーめん  札幌に住む甥っ子が金沢に遊びにやって来た。金沢で食べたいものはというと「金箔ソフトクリーム」と「8番らーめん」と食べられるなら「ハントンライス」だったらしい。
 「金箔ソフトクリーム」については兼六園を見学に行き,その帰りに紺屋坂で食べたらしい。確か900円とかいっていた。まあ,金沢に住むものにとっては取りたてて食べようとは思わないので,観光地価格というか,観光客向け名物ってところだろう。
 「8番らーめん」はやはり,金沢の食べ物で検索すると上位に出てくるらしい。で,どうせ食べるなら「8番らーめん」だということで,山の日に続く土曜日にここ「笠舞店」にやって来た。午後1時を回っているというのに盛況である。順番待ちだったが,普段順番待ちが嫌いな自分も甥っ子が食べたいというので,しばし待つこととする。
味噌らーめん+餃子+ビール  さて,大人が4人と小さな子供が1人ということで,注文したのは上記のもの。このあと運転手を甥っ子と交代するので,ありがたくビールをいただく。ビールがキリンの「一番搾り」で,ちょうど卓上にこのご当地ラベルのビールを入れての写真を応募すると,抽選で何か当たるとある。そこでちょっとばかり,ラーメンとビールを入れて撮影してみる。まあ,餃子にビールはいいが,ラーメンにビールとなると,酔っ払いの3次会みたいな感じである。しかし,この「8番らーめん」に「一番搾り」が置いてあって,キャンペーンのお知らせがあるのだから,こんな撮影もいいのだろう。
 ということで,久しぶりの「8番らーめん」だった。
 甥っ子の感想は「野菜がたっぷりだ。」ということと「麺が太麺なんだ。」ということだった。確かにこれが「8番らーめん」の基本的な特徴だね。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 探検隊おまけの報告:
いろいろな情報はハチバンのウェブサイトへどうぞ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集