満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:猿煙(えんえん)

分類:和食・洋食 所在地:金沢市柿木畠(21世紀美術館に近い方)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わりランチ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 ここはもとは「DIG」といっていた。今年の2月下旬に改装されたのだった。
 見たところ,経営者は変わっていないらしい。変わったのは内装と,店の名前と,ランチの値段だった。
 それにしても,今日もにぎわっている。
 6人で行ったので,前と変わらないふかふかの6人掛けのソファーに座る。そしてみんな日替わりランチを注文するのだった。
日替わり定食  今日のお品書きは「鶏の唐揚げ−チリマヨネーズ−,甘塩焼鮭,菜の花のオムレツ,木の子と水菜のじゃこ和え,サラダ,みそ汁,ご飯,そしてコーヒー」である。
 さて,変わったところはというと,内装では,お座敷がなくなった。冬場はコタツのようになっていたところが,今は厨房である。
 それから店の名前は「猿煙」。なぜに「猿煙」なのであろう?
 ちなみに,今日職場に帰って,ランチに行かなかったとなりのエム女史がランチに一緒に行ったエム氏に聞いていた。
「今日のお昼はどこに行ったの?」
 すると,一緒に行ったエム氏は泣き真似をしていたのだった。
「えーん,えーーん。」
 さて,最後に変わったのはランチの値段。以前の680円に対して,改装料金を20円上乗せして,700円となっていたのだった。
 それにしても,異動の内示があさってにせまり,ついついうわさ話にも花が咲くこの日であった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わりランチ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
日替わりランチ  今日は改装なったこの「猿煙」へ来るのも2回目である。
 今日の日替わりのお品書きは「豚肉のチリソース炒め」「サーモンのフリット」「もやしとほうれん草のわさび和え」「カボチャのマリネ」である。
 これにコーヒーも付くから,ここはランチとしてはいいところだね。ご飯の大盛りもできるし……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わりランチ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 梅雨である。朝方はかなり強い雨が降る。天気が悪いと,道路も渋滞し,通勤のバスもいつもの倍近くかかった。
 さて,今日は天気も悪いので,近いところへ行く。6月の最終日のランチは「猿煙」である。窓際のテーブルに3人で座る。
本日のランチ 鶏肉のトマト煮  今日のランチのお品書きは「鶏肉のトマト煮,サクサクコロッケ,里芋の煮付け,もやしとベーコンの卵とじ,」あとはサラダと味噌汁,ご飯にコーヒーである。
 「ここのランチは,ほんと鶏肉が多いなあ。」とは一緒に行ったエム氏の弁である。あまりここへは来ないので,そんなこと考えもしなかったが,そうなのか。まあ,鶏肉は安いし,あっさりしていてうまいし。別にそれでもどうということはない。うちのよく行くスーパマーケットでは100g38円なんて値段で売っている。こんなので採算がとれるのかと思うのだが,とにかくこの何でも安く安くというのが今の日本をおかしくしているところもある。ちょうどこのとき,北海道の某社の肉の偽装事件や,賞味期限切れコロッケのラベル張り替えが問題になっていたのだが,これなんかも単に金儲けということもあるが,世の中とにかく安けりゃいいという風潮の中で,採算をとるためには,食の安全がないがしろにされているという典型なのではないかと思うのだった。まあ,これはまったく「猿煙」には関係のない話なのだが……
 さて,話はもどって,トマトソースの鶏肉とコロッケであるが,ご飯のおかずにはぴったりである。ここのご飯はなかなかうまい。美味しくなかったごはんということで,つい今月行ったあのラーメン屋の心のあるご飯をふと思い出したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わりランチ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 久しぶりにここ「猿煙」に来た。あいにくの雨が朝方から降り始め,手っ取り早く近いところを選んだのだった。
ランチ  それにしても,やはりここのご飯はうまい。ほかほかである。今日の味噌汁はちょっと濃い味。あとのおかずは,この店の得意の揚げものであるが「イカのフライ」それと「鶏肉のバーベキュー焼き」である。そのほかには「ひじき」「白菜とじゃこの梅和え」。
 やはり休憩時間が1時間あるっていいなあ。のんびりするのであった。
 久しぶりに来たら,ハガキ大の店の案内があった。夜のお品書きであるが,おすすめメニューとあったので書き写しておくと,「本日の生春巻き(580円)」「白軍鶏串4種盛り(680円)」「豚の角煮−山芋ソース−(780円)」「プリプリ海老のマヨネーズ和え−スパイシー仕立て−(780円)」「石焼きズワイガニのあんかけおこげ(780円)」コース料理は2500円からとある。当たり前ではあるが,プロの写真家とデザイナーは上手いなあと感心するのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わりランチ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
本日のランチ  本日のお品書きは「豚のしょうが焼き,いわしフライ,海鮮ビーフン,切り干し大根」それとごはんに味噌汁,コーヒーである。
 今日12月19日といえば,祖母の誕生日。うちでは誰であれ,誕生日には赤飯を炊き,鯛の尾頭付きがある。90歳になっても,であった。
 考えてみれば,元気な祖母だったなあ。確か1899年生まれ,つまり19世紀に生まれている。
 1992年に92歳でこの世を去った。そんな祖母の死に際の話は学級通信「Visage」に載っている。
 ふと12月19日で思い出したのだった。
                     合掌
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年4月  今回の探検目的:宴会の2次会
今回のお品書き:あれこれ宴会2次会コースと飲み放題  今回の所要経費:幹事お任せではていくらだったのやら
探検隊の報告:
 久しぶりのここ「猿煙」である。2008年に職場を異動してからというもの,とんとご無沙汰であった。ここから遠くなり,ランチに来ることもなくなった。
 そして,今回は宴会の2次会である。ランチによく来ていた頃には,一度ここで宴会もしてみたいものだと言いながら,宴会には一度も来たことがなかった。それが今度は宴会の2次会である。幹事が広坂の「石亭」の1次会のあと,近いところはないかと探したのがここ「猿煙」だった。
 コースはおそらく2次会の軽い食事のコース。そして,飲み放題である。
 左,宴会の始まりの様子。お皿の下には飲み放題メニューがある。
 カクテルも10種類ほどある。
 左,鶏の炭火あぶり焼き。
 実のところ,ビールの前にこれが出てきたのだった。
 右,サラダ。
 この手の宴会の特徴である,大皿盛りである。
 左,ゴボウスティックとフライドポテト。イモはいらないが,ゴボウは美味い。
 右枝豆。手を出しているのは上司である。
 まあ,こんな写真が宴会の臨場感(?)があっていいか,とそのままの掲載である。
 最初はビールを飲んでいたが,途中からビールベースのカクテルである「シャンディ・ガフ(Shandy Gaff)」を飲む。ビールとジンジャーエールを混ぜたものらしい。ビールの苦みが抑えられて飲みやすくなっている。まあ,逆に言うと,ビールのあの特有の美味しい苦みが消えている。2次会での酔っぱらいのおじさんには,これくらいの薄い飲み物がいいのかもしれない。
 最後にパスタである。
 いつものように真上から料理写真を撮っていたら,同僚が,料理は斜めから,いかにも料理だよって感じで,食べる人が見てるような角度から撮らなきゃというので撮り直しをしてみたのが右の写真だった。
 いつも,料理の様子がわかるように,ほぼ真上に近い角度に携帯電話のカメラを持っていって撮る。そう言われると,いろんな雑誌などの料理の写真は結構斜めから撮ってあるものもある。まあ,満腹探検隊はやはり,ほぼ真上である。それがいつもの撮影なのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
営業時間
営業時間:平日:11:30〜14:00,17:00〜24:00
 土日祝:11:30〜15:00,17:00〜24:00
 休業日は月曜日
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集