満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:海天すし(かいてんすし)

分類:和食(寿司) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2006年2月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:約2500円
探検隊の報告:
中トロ  回るお寿司屋さんも,いったいいつの頃から日本に広まったのか。昔,子供の頃,寿司といえば自宅で食べるもの,寿司屋へ行くなんてことは,とてもじゃないができなかった。
 そしてその寿司といえば,お祭りの押し寿司か,いなり寿司か,遠足の太巻きかってなもんで,にぎり寿司なんて食べられるものではなかった。このように手軽にお寿司が食べられるなんて,日本も平和で,裕福になったものだなあと,おじさんとしては思うのであった。
 さてこの「海天すし」はうちから一番近い回転寿司。回転寿司の名前が「海天すし」ということで,紛らわしいというべきか,それをねらって付けた名前というか,ま,うまいので文句は言うまい。
 ここのいいところは,魚がうまい!ということである。当たり前なのだが,ネタが売りの寿司屋でなければ,お話にならない。
トロと鉄火巻き  それと,季節に応じたいろいろなメニューがあるところがよい。
 もともと金沢は魚がうまくて,市民の台所近江町市場へ行けば,いつでもうまい魚が手に入る。そんな金沢にあって,ただ安いだけではなく,うまいものを提供するのが,飲食店の使命である。(なんて,おじさんは勝手に人の使命をつくるのであった。)
 ま,ネタは金沢港であがったものばかりとは言えず,関鯖だとか,南海の大トロなんてものもあるのだが,いずれにしてもうまいのでよしとしよう。
 この日は,いろいろ食べて,生ビールを飲んだ。
白子  冬場なので,白子の軍艦巻きもうまい。
 いつも食べるのはしめ鯖。今日のしめ鯖はいつもよりうまかった。この前はちょっと塩がききすぎていたのだった。
 まあ,自家製しめ鯖って言うから,その日によって少々つくりが違うのもいいかもしれないね。
 いつ食べても同じじゃ,そこら辺のファストフードだもの。
 それから,中トロもいける。そりゃ当たり前か。
カルパッチョ  それからカルパッチョなどという変わったメニューもある。
 ちょっとお子様向けだが,米の飯ってのは何にでもあうものだ。
 こうやってあとで写真を見てみると,なんだかサラダみたいに見える。
 腹一杯食べて,ビール飲んで,それで2500円あまりというのは,高いといえば高いが,満足できるお値段なのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2006年4月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
 子どもたちが金沢に帰ってきたので,それを記念して,お寿司を食べに行くこととする。
 うーむ,庶民としては贅沢な選択である。
 まあ,何でもいいのだが,やはり,魚は北陸の方がうまいのである。都会でもうまい刺身や寿司は食べられるが,金沢と同じ水準ではかなり値が張るのである。山と海が近い金沢っていいなあ。
中トロ  まあ,何でもいいのだが,とにかく,楽しく食べて,ビールが飲めればいいのであった。
 今回やっていたのはトロ特集。
 中トロがうまい。
トロかぶと  これで440円である。
 まあ,トロといっても,日本産とは言えないかもしれないが,それでもうまいのでよしとしよう。
 トロ大特集ということで,トロかぶとなんてものもあった。
 つまり頭の部分であるが,これもまたいける味なのであった。
 海洋資源が枯渇しないことを祈る,おじさんなのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2007年4月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
白エビ  この間海天すしに行かなかったわけではないのだが,まあ探検の報告をするまでもないと思い,ほって置いた。
トロいろいろ  今回は食べたもののうち,「金ぴか皿」を紹介しよう。
 我が家の通称「金ぴか皿」であるが,左の白エビは富山湾の名産である。
 右はトロ大特集。中トロはうまいなあ。
 いつ来ても,寿司ってうまいなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2007年8月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
とろ三昧  お盆週間である。都会は静かになり,田舎が賑やかになる。つまり,まだまだ日本も考えようによっては地域的に平均的に人が住み,東京一極集中を考え直して,地方でも仕事ができるようにしたら,もう少し日本中が賑わうってことだ。
 で,お盆にはたいていの企業がお休みになるが,働いている子どもたちもお盆で金沢に帰ってくる。
 この期間もずっと働かせるようでは,ますますゆとりのない日本人を生み出すだけである。ヨーロッパのバカンスとまではいかないにしても,日本人もゆとりのある生活がしたいものである。何でこんなに,日本人は働いているのだろう。
 とか言いながら,お盆も休みなく開業しているこの「海天すし」に,お盆休みの子どもと共に来たのだった。
 まあ,これまでもいろいろと食べたので,今回は「とろ三昧」だけをのせておこう。マグロの漁獲規制が強化されないことを祈るのみである。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2008年9月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
関鯖  この間何回かはここ「海天すし」に来たのだが,まあ「満腹探検隊」としても,とりたてて報告することもあるまいということで,画像も放っておかれたのだった。
 ということで(何がということかわからないが)久しぶりに1品だけ「関鯖」を紹介しておこう。
 この「海天すし」の中でも高いお品書きである。
 鯖は好きなのだが,たいていはこの「関鯖」の3分の1のお値段の「しめ鯖」をいただく。
 それでも十分うまい。しかし,この関鯖は酢で締めてあるのではなく,刺身の鯖である。
 ちょっと贅沢をしたので,その報告なのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2010年2月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+生ビール  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
さざえ  久しぶりにここ「海天すし」に来た。雪が降ると歩いてくるのも大変で,ビールをいただくものとしては,飲まないことはあり得ないので,ここへ来ることはないのだった。しかし今夜は運転手がいる。ということでやって来た。いろいろ食べたが,ちょっと豪華に見えるサザエだけ紹介しておこう。殻ごとどかんと皿に載ってやって来るのだった。
 締めには毎度おなじみしめ鯖である。それにしても,寿司は美味いなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2011年1月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+お酒いろいろ  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
大トロ  1月も末,「ジャンボとろの日」にここ「海天寿司」にやってくる。
中トロ  はたして日本人はいったいいつまでマグロを食べることができるのか?もうトロなんて貴重品になる日が来るのではあるまいか。
 などとか言いながらトロを食す。
 ジャンボ大トロ609円也。ジャンボ中トロ514円也。
軍艦三昧  しかし,ここ海天寿司も当たり前だが徐々に値上げしている。
イカ三昧  このときピンク皿514円であるが,はて,その前はいくらだったのやら。
 ちなみに左は「軍艦三昧」右は「イカ三昧」。
 この三昧シリーズもなかなかよい。なにしろいろいろな種類が食べられる。
しめ鯖  さて,トロ美味いとか言いながら,やはり好きな鯖を食す。
 198円也。
ブリ  右,ブリ。寒ブリは北陸の名物。
アジ  アジなんかも食べてみる。
 198円也。
 しかし,マグロをたらふく食べる,この贅沢はいつまでできるのやら。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2011年4月&5月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
 大型連休である。すでにうちにはいない県外に住む子どもたちが帰沢するとまあ決まって行くのがここ「海天寿司」か「マスタム」か「8番らーめん」である。そして,予定通りの行動でここ「海天寿司」に来る。
一本あなご  いろいろ注文して食べてのだが,今回はまずは「一本あなご」を紹介しよう。これでもにぎり寿司である。この一本のあなごの下にご飯が2つ隠れているのだった。
あわび  もう一つは「あわび」。あわびと言っても,実際には小ぶりのトコブシなのではあるが,気分はあわびの寿司である。
海老三昧  さてもう一種類は「海老三昧」である。
 最近ここではお寿司3個の「三昧シリーズ」が出ている。これのいいところは多種多様なお寿司が食べられることである。通常ならばお皿3枚注文して2人で分けるところを,一皿に3個のってくる。したがって,1個ずついろいろな種類を食べられるのである。「海老三昧」以外にも「サーモン三昧」「マグロ三昧」「イカ三昧」などなどいろいろあって,お寿司を楽しめるのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2014年4月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:????円
探検隊の報告:
冷酒立山+しめさば  ここまで何回かはここ「海天寿司」に来ていたのだが,報告はない。
 今回珍しく冷酒を頼んだので,久しぶりの撮影である。ビールだとおなかいっぱいになるので冷酒にしたのだった。その冷酒は「立山」だった。なかなかいけたね。
 ちなみに,後ろに写るのは好物の「しめさば」である。240円+税。259円。しめさばもいい値段になったなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2015年3月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:一人あたり5000円弱
探検隊の報告:
 久しぶりの「海天すし」の報告である。
 この間何回も来ていたのだが,まあ報告もいいかとやめていた。
 ということで,今回は一応いただいたものの中からいくつか紹介しよう。
 左「鮟肝」321円也。右「北海三昧」753円也。
 左「ホタルイカ」203円也。一貫に3匹載っている。
 右「イカ三昧」427円也。イカも好きなのだが,まあ,このように高いイカじゃなくても,一番安いイカでも満足するのであった。だけど,ついつい三昧シリーズを注文するのだった。
 左「金目鯛」だったかな。確か……。427円也。この間「安心院」で食べて美味しかったので注文してみた。しかし,寿司にしてしまうと,刺身よりもインパクトに欠けた。
 右「鯖三昧」645円也。大好き鯖である。この三昧では結構いい値段。酢味噌とかスダチが余計だった。単純な「しめ鯖」278円也を2つの方が自分はよかったな。
 左「さより」386円也。
 右「白子天ぷら」645円也。もう春なので「白子酢」も「白子軍艦」もない。そこで天ぷらを所望。冬の味覚だねえ。
 左「しろえび」645円也。
 右「活タコ」321円也。軟体動物が好きなのである。一番は「しめ鯖」だが。
 ということで,最初はちょっとだけビールを飲み,あとは冷酒「立山」である。いやはや,美味しくいただいた。お寿司はいいねえ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
 久しぶりの「海天すし」の報告である。
 この間何回か来ていたのだが,まあ報告もいいかとやめていた。
 今回は久しぶりの甥っ子の帰沢ということで,彼のリクエストによりやって来たのだった。
 これは白子酢。それから日本酒の冷酒で「立山」。こういうのが冷酒に合うね。なにしろビールだとお腹がいっぱいになるので早々に冷酒にするのだった。

鰹  左は珍しく注文した鰹。321円也。鰹もうちではあまり食べない。刺身ならば鰹以外であることがほとんどである。
 右は結構高い皿に載っているのだが,はていったい何だったのか。
 ということで,今夜もたっぷりと食べた。やはり寿司は美味しいねえ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2015年12月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
 またもや甥っ子が帰沢して「海天すし」である。
 いろいろと食べたけど,特徴的な物だけ紹介。
鯖  左「生鯖」。大好物「しめ鯖」よりもお高めの「生鯖」。だがしかし,「しめ鯖」で充分よかったか。
冬三昧  右「冬三昧」。「鮟肝」「蟹」「白子」の三種盛り。冬ならではのお品書き。
刺身盛り  こちらお酒のお供の刺身盛り。「季節のお刺身」2155円也。この日も生ビール1杯の後はすぐに冷酒の「立山」である。そのお供にいただいたのがこの刺身であった。
 ということで,寿司はいいねえ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2016年2月&3月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
 またもや甥っ子が帰沢して「海天すし」である。最近のいつもの流れである。
 いろいろと食べたけど,特徴的な物だけ紹介。
白子酢  左,冬の味覚「白子酢」
ホタルイカ酢味噌あえ  右,「ホタルイカ酢味噌あえ」
 どちらも酒のあて。1杯目は生ビールだが,次はすぐに「冷酒立山」。これまた最近のいつもの流れである。
かに面すし かに面すし  そして今回初めて見た「かに面すし」。「金沢おでん」と最近言われている金沢のおでんなのだが,その中の特徴的なおでんダネに「かに面」というのがある。それにあやかったのか,それにのったのか,香箱蟹の甲羅に寿司飯と蟹のむき身,そしていくらが載る。
 最初反対側から撮影したが,蟹らしくないので再撮影。
 味の方はというと,まあこんなものかという味。やはり魚の方が美味しいかな。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市杜の里【田上店】(山側環状線沿い)
探検時期:2016年7月&11月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:お寿司いろいろ+ビール+冷酒  今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
鯖寿司  この間も何回か行っているのだが,もはや取り立てて報告もなく,撮影もしてなかった。
 しかしちょっとだけ変わり種があったので紹介しておこう。
 こちら鯖の太巻きというのかお品書きの名は忘れたが,しめ鯖が巻かれている。そして回りは昆布である。しかしこの昆布が少々塩辛く,鯖の味に勝ってしまい,いまいちだったのだ。鯖は大好きなのだが,このとき1回だけ注文してあとは注文していない。最近はお品書きにあるのだろうか。もしもあったらまた注文してみるかな。味は改善されただろうか。
すじ煮  こちら「すじ煮」。
 寿司屋に来て「すじ煮」もないものだが,冷酒にして,結構お腹もふくれてきて,ちょいおつまみにと注文してみた。結構甘めの味付けである。
 あまり頻繁に注文はないのかも知れない。まあ,冷酒のお供にはいいが,せっかくのお寿司屋さんである。やはり寿司がいいかね。あるいはお腹ふくれてきたら刺身かな。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:海天すしのウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集