満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:リトル マーメイド

分類:洋食(パン) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:大分県別府市駅前町【別府店】(別府駅ビル(B-Passage)内)
探検時期:2013年7月  今回の探検目的:朝食
今回のお品書き:サンドイッチ+コーヒー  今回の所要経費:260円+250円
探検隊の報告:
 別府2日目の朝である。昨日の午後に別府に着いた。今日から研究大会が始まる。8時過ぎにホテルを出て,今日の会は11時過ぎから始まるので,それまでヒマである。朝ご飯については駅の近辺なら何かあるだろうと,駅近辺を物色する。3泊4日で別府にいるので,いろいろと行ってみるのがよいだろうと,この別府2日目の朝,つまり,別府では初めての朝にはパン屋を選んだのだった。
サンドイッチ  なにしろ,昨日からあまり野菜を食べていない。「かき揚げそば」(白山そば)に「鯖寿司」(柿千)に「りゅうきゅう」に「とり天」(いっぽ)ときている。なので,野菜がたっぷりそうなサンドイッチを選んだのだった。そしてホットコーヒーである。

 この店には駅の西側の窓際に小さなテーブルのコーナーがある。いわゆるイートインというやつだが,狭い。テーブルが2つだけなのだが,そこに座ったのだった。この店は基本的にはパンのお持ち帰りの店のようなので,ゆっくり座って食べるってことは想定していないのかもしれないが,それでもコーヒーを注文することができる。ホットコーヒーを注文したら5分ほどかかりますので,座ってお待ちくださいとのことだった。
 待つ間ヒマだったので,座ったままで駅の西口の風景を撮る。いや,昨日別府に着いて,初めて撮影したのが西口に立つ謎のおじさんの銅像だったので,その後ろ姿を撮ったのだった。

 このおじさん,油屋熊八(あぶらや くまはち、1863年8月29日(文久3年7月16日)〜1935年(昭和10年)3月24日)という実業家らしい。別府の観光開発に尽力したとして,その功績をたたえられて,このような銅像になっている。
コーヒー  さて,待つことしばし,ホットコーヒーがやって来たのだが,やや薄めのコーヒーであった。サンドイッチ一つだったので,やや物足りない気もしたが,お昼ご飯と,夜の宴会を楽しみに,この程度にしておいたのだった。って,どんなおじさんなんだと,自分で思いつつ,この店をあとにしたのだった。
 ちなみに,このあとは,研究会は午後からなので,とりあえず会場のビーコンプラザへと向かった。そして,時間があるのでまずは高さ125mのグローバルタワーに上る。
 毎度おなじみ,高いところからの満腹探検隊パノラマ写真を撮影したので,どうぞご覧ください。スカッと晴れ渡る日ではなかったが,一応こんな風景が見られるのかと,参考にどうぞ。(グローバルタワー展望台からの360度の眺め
アジ寿司  で,研究会が始まるまでのお昼ご飯だが,結局はご近所の「新鮮市場」というスーパーマーケットに行って,お寿司を買ったのだった。適当にお弁当でもおにぎりでもと思って入ったのだったが,お寿司コーナーの「アジ寿司」がえらく美味しそうに見えたのだった。立派なおにぎりが1個198円で,このアジ寿司が8個で399円。もちろんおにぎり2個よりもアジ寿司を選ぶ満腹探検隊であった。海の見えるところのせいか,これが関アジっていうわけではないのだが,このお寿司は美味しかった。グローバルタワーの真横には回転寿司の店もあったのだが,このマーケットでこの寿司が399円だから,ずいぶんとお買い得である。ちなみに,マーケット内には食べるところもベンチもないので,ビーコンプラザに戻り,エアコンの効いた中でお寿司をいただいた。ビーコンプラザに来てお弁当を買うなら,この「新鮮市場」がいいですよ。
グローバルタワー展望台からの360度の眺めのページにはグローバルタワーの真下に見える「新鮮市場」の写真があります。)
 そうそう,道を横切る時も,ビーコンプラザにやって来る時も,やたらとたくさんの警察官に会う。我々2700人あまりの研究大会のためなのか,高校総体のためなのかと思ったら,何のことはない皇太子さまがビーコンプラザの横を通過するのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:「リトル マーメイド」のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集