満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:らーめん松田屋

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市寺中町(金石街道沿い・寺中西交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:らーめん
今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 金石街道を走っていて見つけたのだった。じゃ,お昼はまだ行ったことのない,ここ「らーめん松田屋」にしようと,店に入る。12時を過ぎたばかりで,お店はそんなに混んでいない。
 店に入るとすぐ脇に券売機があり,そこで食券を買う。何にするかだが,満腹探検隊は券売機ならば一番左上,といきたいところだが,ここはラーメンとセットにするチャーハンのボタンが並んでいる。そこで,ラーメンの中での一番左上,つまり,2列目の一番左,そして,このお店の基本であり,ウリである「らーめん」とする。味は豚骨醤油らしいのだが,名称はただ単に「らーめん」である。ほかのお品書きはすべて「○○らーめん」という名称なので,やはりこれがこの店の基本らしい。そして,表の看板にも「豚骨醤油らーめん」の上に「名物」と書いてあった。
 食券を買い,1人なのでカウンター席に座る。おねえさんが水を持ってきてくれて,食券を渡す。
らーめん  さて,しばらくしてこの「らーめん」が出てくる。スープを一口すすると,「とんこつ醤油」とはいえ,とんこつくささは感じない。むしろ醤油味である。基本のスープのベースがとんこつなのだろうが,色の濃さもかなり薄めで,醤油ラーメンという感じである。
 麺はやや堅めで,なかなか美味い。ということで,さらっと食べられる「豚骨醤油らーめん」なのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 このときの基本のラーメンのお品書き
豚骨醤油→650円,ミニ→600円
鶏塩→700円,ミニ→650円
味噌→700円,ミニ→650円
四川→700円,ミニ→650円
四川味噌→750円,ミニ→700円
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:鶏塩らーめん
今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 新年度に入った。土曜日の出勤である。午前中は別のところで会議があり,その後職場へと向かう。そのときのお昼に立ち寄ったのが,10日ぶりくらいのここ「らーめん松田屋」である。
 職場の近所のラーメン屋巡りをすること,5日連続。この12日間でも8回もラーメン屋を訪ねる。
 さて,2回目の訪問の今回はお品書き2つめの「鶏塩らーめん」である。新年度になり,消費税も8%になったのだが,この店は税込み価格で表示してあり,そのラーメンの値段は3月の時と同じで,値上げしていない。ちょうどお客もまとめて店に入ったらしく,券売機も順番待ちである。券売機では迷うことなく「鶏塩らーめん」のボタンを押す。
 カウンター席に座ると,しばらくしておねえさんが水を持ってやってくる。そして「鶏塩らーめん」の食券を渡すと,「ニンニクは入れますか。」との問い合わせ。今から仕事に向かうので,ニンニクはなしとする。「豚骨醤油らーめん」の時は聞かれなかったから,これは「鶏塩らーめん」の時の選択肢らしい。
鶏塩らーめん  待つことしばし「鶏塩らーめん」がやって来る。スープを一口すすると,ちょっと豚骨の風味。つまりはベースがやはり豚骨のスープなのではなかろうか。そして,「塩ラーメン」ではあるのだが,結構醤油の風味である。いや,結構濃い味に感じるから,塩味以上のものを感じるのだろうか。二口目からは豚骨の風味を感じなくなってしまったので,人の味覚というものはおもしろいものである。
 麺は相変わらず美味しい。ということで,スープは濃い味に感じながらも,そして,塩味よりも,もっと違う風味を感じながらも,結構飲んでしまうのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌らーめん
今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 スポーツ大会のお昼である。帰り際に立ち寄ったのだった。
 訪問3回目で,選ぶお品書きは,左から3つめの「味噌ラーメン」である。「ニンニクはどうしますか?」と聞かれ,今日は土曜日,まあいいかとニンニクを入れてもらう。
味噌らーめん  さて,出てきたラーメン,スープを一口すすると,結構な濃い味。もちろん味噌味なのだが,それ以上に塩辛く感じる。まあ,スポーツ大会で汗を流してきたので,その塩分補給にもいいかとスープを頂く。まあまあこくのあるスープだとは思うが,やはり,濃いめの塩辛い味だなあと思いつつ頂いたのだった。
 麺を完食して,最後にスープを頂くが,やはりニンニクの香りがする。当たり前だがニンニクを入れてもらったからである。いつもならスープも完食といきたいところだが,やはり,濃い味なので少々残したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ざるらーめん(大)
今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 本日真夜中に車を運転して愛知に向かう。そのために晩酌はなし。普通に晩ご飯である。そして,職場からすぐには家には帰れない。ならばどうするか。ご近所でとっとと何かを食べておくことである。9時,10時に帰宅して,家でバタバタ食べて,ちょい寝して出かけるよりも,早々と職場近くで何か食べて,職場に戻って仕事である。
 ということで,選ばれたのがここご近所の「らーめん松田屋」である。
 何にするかだが,あまりにたらふく食べると,おなかいっぱいで運転中に眠くなる可能性もある。食べるは食べるが,適度に満たされるものということで,おつゆは飲まず,麺だけを味わおうと,「ざるらーめん」を選択したのだった。とは言え,2玉の「大」を注文したので,まあ,あまり変わりがないように思えるが,気にしない。
 ちなみに,この「ざるらーめん」は券売機にはなく,おばちゃんに直接注文である。「ざるらーめん大」と言って1000円札を渡し,おつりをもらって,カウンター席に座る。
味噌らーめん  さて出てきた「ざるらーめん」はこんな感じで,つけだれの追加分がついてくる。つけだれにつけて一口いただくが,このたれ,結構濃いめの味である。いや,単に濃厚というのではなく,塩辛い。いや,醤油辛いというべきか。自分が期待したのは,ざるそばのように,やや甘みもあり,麺がつるつるっとのどを通るような味を期待していたが,どうもコクがない。やはりこのたれ,もう少し薄味または甘めの味がよい。ついでながら,載っているチャーシューも濃いめと言うよりも,醤油辛いのだった。ここまで数回,この店に来たが,この店全般的に濃い味である。
 途中で店主が「味はどうですか。」と聞くので,「ちょっと濃いめで,もう少し薄い方がよい。」と答える。すると店主が「この前のお客はもっと濃い方がいいと言ったのだが。」との返答。これで薄いとは,と自分は思う。「濃い場合には適当に薄めてください,とたれと一緒に水を出すのもおかしいですしねえ。」と店主。酢を入れるとマイルドになるとの表示もあり,少し入れてみたが,味はちょっとよくなった。それよりも「ラーメンだれ」という小瓶があり,それを入れてみたが,こちらの方がちょっと甘めで,この方がいいようである。次々と追加で混ぜてみたので,いったいどういうのがいいのかわからなくなってしまった。
 ということで,そろそろクールビズも始まる5月の末,もうちょっとさらさらっと食べたかったのだが,麺はいいとして,つけだれにはまだまだ工夫がいると思うこの「ざるらーめん」だった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:四川らーめん+焼きめし(並)ー(平日キャッシュバックキャンペーン)
今回の所要経費:700円+300円−100円
探検隊の報告:
 秋の1日,平日のお昼である。行事があって,自分は職場にお留守番。そんなお昼前に金融機関に出金に行き,郵便局に入金に行き,その帰りのお昼である。お昼はラーメンと決めていたので,まだお品書きの制覇が終わっていないここ「らーめん松田屋」へとやって来た。順番で今日は「四川らーめん」にしようと決めていたのと,お初で「焼きめし」を食してみようと思っていたのであるが,お店の前の看板に新メニューとして「濃厚カレーらーめん」「味噌つけ麺」などと書いてある。ふらっと「味噌つけ麺」でも,と思ったが,思い直して初志貫徹である。券売機でラーメンとセットの焼きめしの食券の並盛りを選択,それと「四川らーめん」で,合わせてちょうど1000円である。
チャーハン  カウンター席はほぼ一人おきに人が座っている状態で,自分は空いている一番端っこに座る。本日仕事中と思しき男性ばかりがお客である。ラーメンにニンニクと背脂はどうしますかと聞かれて,平日の仕事中なので,ニンニク抜きとする。そしてしばしすると,焼きめしのキャッシュバックの100円玉が届けられる。平日ランチサービスというのをやっているらしく,月・火・金はラーメンに対して100円のキャッシュバック,水・木は焼きめしに対して100円のキャッシュバックである。
 目の前を見ると,先ほどの「濃厚カレーらーめん」「味噌つけ麺」のほかにも新メニューとして「あっさり 和風醤油らーめん」や「まろやか 塩らーめん」などが書いてある。いつの間にか,4種類も新たなラーメンが登場していたのだった。これで,全種類制覇がまた一段と遠くなったのであった。
 さて,待つことしばし,まずは「焼きめし」がやって来る。なかなかいい味である。並盛りの焼きめしであるため,量はしっかりとある。紅ショウガも真っ赤じゃないのでいただくこととする。
四川らーめん  焼きめしを3分の1ほど食べたところで,ご所望の「四川らーめん」がやって来る。スープを一口すするが,やはり辛い。それと基本は醤油味だろうか,結構コクもある。麺は適度なゆで具合で美味しい。スープが辛めなので,いつも感じていたチャーシューが濃い味というのは感じない。スープにつけて,暖めていただく。
 お昼時なので,次々とお客がやって来るが,中には本を持ってくるお客がいる。3人がそれぞれに持っていて,それを示している。前にお隣の「楽風亭」で見かけた,500円で食べられる本のようである。ラーメンについてもそのような本が出ているらしい。ラーメンならば,今回だと200円安くなるわけで,結構元が取れるかも知れない。市内をいろいろと動き回る営業担当の人などは,お得だろう。こちらはそんなに頻繁に外食するわけではないので,ガイドブック程度にはなるかも知れないが,元を取れるかどうかはあやしいところである。
 ということで,あとはラーメンが伸びないようにと,まずはラーメンを食べてしまう。そのあと焼きめしを食べたが,これで結構濃い味の焼きめしに感じた。味の種類が違うせいだろうか。
 最後の締めに,またもや残ったスープを一口すするが,ちょっとばかり味噌味風にも感じた。はて,いったい何をベースに辛いラーメンだったのやら。このほかにも「四川味噌らーめん」というのがあるので,味噌味ベースはほかにあるのだろうから,こちらはやはり醤油味だったか。
 店を出ようとすると,本日初めて見かける女性客の2人連れが入ってくる。彼女たちは券売機には目もくれず,座席へと向かう。店のおばちゃんも慣れたもので「本の方ですか。」と聞く。彼女たちも例の500円になる本を持っているらしい。この本もなかなか売れているなあと思いつつ店をあとにしたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:四川味噌らーめん
今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 平日のお昼である。お昼ご飯を食べにふらりと外に出る。3月も末となり,ようやくコートなしでも外を歩ける。
 まずは空いていたら「金石餃子店」に行こうかと思ったが,店の表で3人ほど順番待ちをしている。相変わらずの盛況ぶりである。なので,ここを通過。次にやって来たのがここ「らーめん松田屋」である。ここはテーブル席は全部埋まっていたが,カウンター席が空いていた。そこでここにする。
 選んだお品書きは,まだ食べたことのない「四川味噌らーめん」である。これで基本のお品書き5種類をすべて制覇することになる。しかし,基本のお品書きのほかに,今回はまた新しいお品書きがある。前回来たときには「濃厚カレーらーめん」,「味噌つけ麺」,「あっさり 和風醤油らーめん」,「まろやか 塩らーめん」という4種類があったが,さらに今回「煮干し醤油らーめん」と「煮干し塩らーめん」が増えている。つまり,都合6種類のお品書き増加である。今回増えている「煮干し醤油らーめん」と「煮干し塩らーめん」は「冬の新メニュー」とあるから,とっとと来て食べてみなくてはなくなる可能性がある。
 さて,食券を渡すと,「ニンニクと背脂は入れますか。」と聞かれて,まだまだ勤務時間なので背脂のみとする。待つことしばし,ラーメンが来る前に,若いおねえさんが一人で隣の席にやって来る。彼女はニンニクも背脂もお断りしている。
四川味噌らーめん  さて,さらに待つことしばし,ご所望の「四川味噌らーめん」がやって来る。スープを一口すするが,コクのある味噌味である。これは味噌ベースであるので,なかなかに好きな味である。
 そう思いつつ,麺を一口いただいたときに,くだんのおねえさんのところにもできあがったラーメンがやって来て,それもまた「四川味噌らーめん」だった。しかも味玉入りである。おっと,このおしゃれもせずに,へろへろのかっこして,スマホをいじくってばかりのおねえさんの方が贅沢だ。
 しかし,いつも思うが,ここのラーメンは麺が美味しい。適度なゆで具合の,もっちりとした麺である。ただ,標準では量的にはちょっと少ないかなと思うのだが,それでも,この辛い味噌味とからんで美味しくいただけるのであった。
 最後は結構このスープをいただく。残っているもやしやネギをいただき,スープでお腹を満たす。最後までもいけそうだったが,さすがに塩分が多すぎるかとやめた。
 ということで,あとは増えているお品書きに挑戦してみるか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:和風醤油らーめん
今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 あっさりと言いながらも,結構濃い味だった。
 平日のお昼である。近所へお昼ご飯を食べにでかける。手っ取り早くここ「らーめん松田屋」にやって来る。基本のお品書きはすべていただいたので,あとは食べたことのないものを注文しようと,まずは「和風醤油ら〜めん」とする。これは券売機に食券がある。
 12時前の時間帯で,まだ結構空いている。カウンター席には誰も座っておらず,適当にカウンター席に座る。ニンニクと背脂をどうするか聞かれて,背脂のみとする。
和風醤油らーめん  さて,このラーメン「あっさり」とお品書きの頭についているのだが,結構な濃い味。スープを一口すすっても,醤油の味が利いている。ここのお品書きはいつも思うがすべてにおいて濃い味である。メンマも濃い味,チャーシューも濃い味である。これが「あっさり」ならば,ほかのお品書きはいったいどうなるんだ,くらいに全般的に濃い味の店なのだった。濃い味でもそれなりにコクがあるとよいが,濃い味すぎて,時には塩味ばかりを感じてしまう。スープを飲むからいけないのだろう。麺をからませて食べるとそれなりにいいのだろうが,いかんせん,お汁好きである。なので,もっとほんとに「あっさり」の方が好みである。水を飲んでからスープをすすると,それなりにいい旨みが出ている。しかし,自分にとっては濃い味すぎて,スープは残してしまうのだった。
 さて,あと数種類食べていないものがある。はて,どんな味だろうか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:煮干し醤油らーめん
今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 そこそこ煮干しの香りがする和風のラーメンだった。
 この日は平日の夕方,少しばかり夕食を食べようとやって来た。と言うのもこの日は次の日の行事のために,結構長く職場に残らなくてはならない。なので,とりあえず何か食べておくことにしたのだった。
 さて,夕方の時間,午後5時開店であるが,お客はまだ誰もいない。券売機でこれまで食べたことのないものを食べようとこの「煮干し醤油らーめん」を探すが,なかなか見つからない。ここの券売機は結構いろいろとあるのだった。
 カウンター席に座ると,ニンニクと背脂はどうするか聞かれるが,この先仕事なのでニンニクはやめにして,背脂のみ入れてもらう。待っている間にカウンターの前のお品書きを見ると,またもや新しいお品書きがある。基本の味は変わらず5種類だが,それに加えてラーメンは6種類,つけ麺が4種類も出ているのだった。
煮干し醤油らーめん  待つことしばし,ご所望の「煮干し醤油らーめん」がやって来る。スープを一口すすると,ちょいとばかり煮干しの味。魚介くさいとまではいかないが,ほんのりと魚介風味。基本は醤油ラーメンなので,醤油と煮干しで和風の味。相変わらずチャーシューは濃いめの味。ネギをスープでいただくが,美味しい。ここの麺はなかなか美味しい。スープはものによってはいまいちと感じることがあったが,これはそこそこ。麺にスープをからませて食べるとちょうどよい感じ。とか何とか言いながらも,スープもほとんどいただいたのだった。
 さてと,職場に戻って仕事の続きをしますか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:煮干し塩らーめん
今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 結構な濃い味なのだが,まあしばらくで旨みを感じる味となる。
 今日も「麺屋衣歩」に振られて(ずっと休業中の張り紙あり),またもや一昨日と同じ「ナンチャンラーメン」に行くのも芸がないので,「らーめん松田屋」をめざすこととした。まだまだ食べてないお品書きがあるので,では「らーめん松田屋」にしようとやって来る。
 だが,あとどれを食べていないのか,あまり覚えていない。だけどきっとこれだろうと「煮干し塩らーめん」を選ぶ。
煮干し塩らーめん  カウンター席に座り,待つことしばし,ご所望の「煮干し塩らーめん」がやって来る。
 スープを一口すするが,やはり結構な濃い味。今回は無料のにんにくも背脂もなしとする。元々の味のままをいただく。あっさり塩味を標榜しているが,濃い味に感じる。コクもまあまああるし,煮干しの味もしっかりと感じる。このスープでもやしとねぎをいただくと美味しい。麺はいつものように適度なゆで具合で美味しい。チャーシューが今回は濃い味に感じなかった。いつもなら醤油がらいと感じるチャーシューも,そこそこ豚肉の味が出ている。
 ということで,もうちょっと薄めでいいから,コクがほしい。とかいいながらもスープはほとんどいただいたのだった。それも煮干しのなせる技か。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:味噌つけ麺
今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 相変わらず濃い味だった。
 この日は日曜日。本来出勤する予定ではなかったが,急遽処理しなくてはならない事案が発生し,お昼ちょっと前に職場に着く。その事案の処理の合間,ちょっとだけ外出して久しぶりに「らーめん松田屋」にやって来た。今回はまだ一度も食したことのないつけ麺とすることにした。つけ麺も4種類あり,その中から,一番左上の「味噌つけ麺」を選ぶ。ニンニクと背脂はどうするか聞かれたが,何も入れない,何も足さないで,お断りする。
味噌つけ麺  さて,やって来た「味噌つけ麺」はこんな感じである。麺の丼よりもつけ汁の丼が大きい。これはいったいどうしたことか。このつけ汁の丼に麺をすべて投入したら,これはただの「味噌ラーメン」ではないかと思わせるようなつけ汁の丼であった。
 今回は最初にスープをすすってみることはせず,とりあえず麺をつけていただく。そうすると冒頭の感想にもどるのであった。「相変わらず濃い味」である。味噌の濃厚な濃い味というよりも,塩辛い味の濃さが先に立つ。ここのラーメンはいつも濃い味だなあと思って食べていたが,やはりつけ麺もかなりの濃い味。くどいと言うべきか。最後の方に結構この味に慣れてくると,味噌のコクも感じられる。しかし,残ったスープをすべて飲む気にならないくらい濃い味なのだった。味噌味ってのはもうちょっと薄めで甘めが好きである。つけ汁の量ももっと少なめでよい。結局つけ汁は残るのだから,この半量でも充分なくらいだった。ついでにチャーシューも相変わらずの濃い味。表面が濃厚な醤油味である。
 それにしてもこの店はいつの間にかお品書きの種類がどんどん増えた。最初は基本の5つの味だったのに,いつの間にかいろいろと増えて、通常のラーメンは15種類もある。それにつけ麺が4種類で,合計すると19種類にもなっている。なので,最初の方に食べたラーメンの味も忘れてしまっている。それと後はいったいどれを食べたのかも忘れているような状況である。毎回麺は美味しいと思うのだが,スープがほとんどくどすぎ。これは人それぞれの好みなのだろうが,もう少しどれも薄味で,もうちょっとコクを感じられる方がいいと思うのであった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 このときのラーメンのお品書き
豚骨醤油らーめん→650円,ミニ→600円
鶏塩らーめん→700円,ミニ→650円
味噌らーめん→700円,ミニ→650円
四川らーめん→700円,ミニ→650円
四川味噌らーめん→750円,ミニ→700円
和風醤油らーめん→700円
塩らーめん→700円
カレーらーめん→750円
チーズカレーらーめん→800円
魚介みそらーめん→750円
背油醤油らーめん→750円
魚介豚骨らーめん→750円
岩のりらーめん→750円
煮干し醤油らーめん→750円
煮干ししおらーめん→750円
味噌つけ麺→一玉750円,二玉850円
塩つけ麺→一玉750円,二玉850円
豚骨醤油つけ麺→一玉750円,二玉850円
旨辛つけ麺→一玉750円,二玉850円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集