満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:松屋(まつや)

分類:和食 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市片町【金沢片町店】(国道157号線沿い)
探検時期:2007年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:牛めし豚汁セット(並)  今回の所要経費:540円
探検隊の報告:
 いよいよここの並び4軒を制覇することになる。
 この「松屋」から香林坊方向へ,順に「CoCo壱番屋」「洋食屋RYO」「ニンニクげんこつらあめん花月寅」である。
 まあ,こんなものを制覇したといっても自慢にはならないが……
 それにしても,注文から出てくるまでが早い!
 食券を買い,カウンター席に座り,食券をテーブルの上に置く。
 「牛めし,豚汁セットですね。」と言って,奥へ入ったかと思うと,帰ってくるときには牛めしと生玉子がやって来た。
 この間1分あっただろうか。
 ただし「豚汁はしばらくお待ちくださいね。」と言われて,まあ,2分くらいは待った。
 自分は券売機の一番左上の「牛めし豚汁セット」を選んだのだが,自分が入ってからこのお品書きを注文する人がいない。
 と言うことで,豚汁が少々遅いのだろうか。
 あと初めて「松屋」というところに入ったので,いったいこの生玉子はどうやって食べるのか,まずは疑問なのだった。
 しかも,小さなお椀を2重に重ねてある。
 これもなんのためにあるのか,また疑問なのだった。
 この手の店には「お約束」があるのだろう。
 要するに口コミで,こうやって食べるという「お約束」があるのだろう。
 まあ,すき焼きには生玉子がつきものだが,ご飯の上に煮込んだ牛肉がのった「牛めし」である。
 とりあえず,生玉子は割るしかない。で,割ってみた。しかし,二段重ねのもう一つの小鉢は殻入れだろうか?ほかに考えられない。
牛めし 豚汁 セット  ということで,はじめに生玉子は溶いて,牛肉をつけて食べてみた。まるですき焼きのように。これでもご飯が食べられる。
 しかし,これだと玉子が残ってしまう。最後にちゅるちゅると生玉子を飲んでも仕方ないので,結局は玉子かけご飯にする。
 つまり,牛めしの上からかけてみたのだった。
 醤油味と玉子は合うが,結局はどうやって食べるのがいいのか。玉子をかけると,結局は純粋な「牛めし」の味がわからなくなるのだが,これもこの「牛めし」のひとつの食べ方なのであろう。
 コレステロール値が高いので,玉子はやめなさいと言われているにもかかわらず,お品書きの一番最初のものを選んで,勝手に玉子が付いてきたので,これなら「牛めし」だけとすればよかったのか,それとも「牛めし+豚汁」とすべきだったのか,悩みつつも食べたが,そんなこと「松屋」で悩むなよと言われそうである。
 それにしても豚汁も結構な量があり,おなかが一杯になった今日の昼ご飯であった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:松屋のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集