満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:麺屋 達(めんや たつ)

分類:中華(ラーメン)
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市中橋町(まめだ大通り,中橋交差点近く)
探検時期:2006年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:とんこつラーメン 中盛り  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 中橋交差点の近くにこの店はある。
 店の間口は2間ほどだろうか。そして,奥行きも2間ほど。都合4坪ほどの店内。L字型のカウンターに席は10席ほど。そして,その中に2人の男が黙々とラーメンを作る。
 お品書きは単純。
 1品のみである。
 とんこつラーメン。
 あとは盛りを普通にするのか,中盛りにするのか,大盛りにするのか,そしてチャーシューをたくさんのせるのか,はたまた卵かのりをのせるのか。いずれにせよラーメンの味は1種類しかない。
 今日は会議の帰りである。どの道を通ってもいいのだが,前から目に付いていたこの店に入るために,わざわざ中橋交差点を経由する。
 車は店の前には1台しか止められない。ちょうど空いていたので,そこに止めるが,ちょっと歩道にはみ出す。
 駐車場は裏にあるらしい。そして,そこからもう一つの入り口のとびらを開けて入ってくることもできる。
 ちょうど空いていた席にすわる。
 しかし,10席ほどがすぐに満席になり,次々と客が来て,後ろに立って待つ。
 今日はとんこつラーメンの中盛りを注文した。味は同じなので,その他のものは一切注文しない。麺のみを少々増量する。
 カウンターの上に差し出されたどんぶりが熱い。目の前に持ってくるのに苦労する。
ラーメン中盛り  さて,味わいはというと,これがうまい。
 とんこつではあるが,かなりのしょう油っぽい味。上にはたっぷりとコラーゲンが浮く。
 壁には,ゴマ,酢,タレを入れることによる味の変化が説明してあったが,自分は何も入れない。出されたままを味わうのであった。
 麺はとんこつによくある細麺ではなく,中太麺のストレートである。ゆで具合もほどよく,とろとろのチャーシューとともに,いただく。
 このせまい店で,一つの味だけ。
 2人が黙々とラーメンを作り,自分でカウンターの上に差し出す。終わったどんぶりを自分で下げて,洗う姿。
 久しぶりに職人がやっているという店に来た気がした。
  −−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
営業時間
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:30
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
とんこつラーメン 普通盛り→600円,中盛り→700円,大盛り→800円,チャーシューラーメンはそれぞれの200円増し
−−−お箸の仕切り線−−−
所在地:金沢市田上町【もりの里店】(山側環状線,白山方向,田上小学校口交差点近く,田上交番のとなり)
探検時期:2016年10月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:豚骨醤油らーめん
今回の所要経費:680円
探検隊の報告:
 10年ぶりの訪問である。そして注文は基本の「豚骨醤油らーめん」である。
 平日の夜,連れ合いは県外出張でいない。仕事が遅くなり,その帰りに面倒なのでとりあえず軽く食べることとする。帰ってからはビールとおつまみという方針である。そうしてやって来たのがここ「麺屋 達」のもりの里店。いつの間にか「GB’s cafe」のあったところがラーメン屋になった。帰り道なのでここに立ち寄ることにしたのだった。
 しかし,この「麺屋 達」もいつの間にか支店を持つまでになった。10年前は中橋交差点近くの小さな店しかなかったのに,いつの間にか金沢市以外にも支店ができている。姉妹店とかいう「麺屋 雄」には何度か行ったが,「麺屋 達」の支店に来るのは初めてである。ここまで支店が増えたのも,ラーメンが美味しかったおかげか,それとも経営手腕が優れていたからか。いや,前者なのだろう。そしてここのお品書きも昔行った店のたったひとつ「豚骨ラーメン」しかなかったのに比べると,かなり多種多様なお品書きである。ごはんものやカレーまでも提供している。これまた大きな店舗で,厨房も広くなり,いろいろなものが提供できるからなのだろう。
 ところで,駐車場も空いており,9時も回っているので,お客はそんなに多くないかと思ったら,何のことはない学生だらけだった。昔の「GB’s cafe」と同じである。わいわいしゃべりつつラーメンを食べている。さすがにビールを飲んでいる者はどうもいない。自分だったらビールもあるし,ちょっとした居酒屋代わりに使ってもいいかと思えるような餃子やから揚げなどのお品書きもあるのだが,やはり晩ご飯を食べているらしい。仕事帰りのスーツにネクタイのおじさんというのは自分一人である。
豚骨醤油らーめん  さて,待つことしばしご所望の「豚骨醤油らーめん」がやって来る。ちなみに麺の硬さも味の濃さも脂の量もすべて「普通」にした。スープを一口すするが,「これが豚骨醤油ラーメンの味だな。」って感じの味。10年前には「豚骨醤油ラーメン」という分類があることはよく知らなかったので,「とんこつラーメン」と書いてあればあの博多の「とんこつラーメン」のように,「豚骨スープを基本とした味のストレートの細麺」という先入観を持っていたのを思い出す。ほんとにいろいろな種類の味が登場し,さすが「ラーメン大好き日本人」らしい様相である。ここのラーメンも一つの分野を確立した「豚骨醤油」の代表格のラーメンだろう。
 ということで,なかなか美味しいスープをいただきつつ,あまり飲み過ぎるとビールが美味しくなくなるな,と思い,少々スープを残す。チャーシューも柔らかく,美味しい。海苔やらほうれん草が載るのもこの「豚骨醤油」のよくある具であるなあと思いつつラーメンをいただいたのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
らーめん
豚骨醤油,和風あっさり→各680円,魚介豚骨→810円,みそ→760円,こってり→830円,達二郎→880円,ヘルシー豚骨→730円
つけ麺→810円,辛つけ麺→880円,まぜそば→830円,担々麺→780円
そのほかごはんもの,セットもの,トッピングなどいろいろあり
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集