満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:らーめん天水(てんすい)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市進和町(間明町交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:天水らーめん  今回の所要経費:630円
探検隊の報告:
 国道8号線よりもさらに海よりのいしかわ総合スポーツセンターへと研修に来る。1日の缶詰研修である。これが長い!
 さて,その昼休みである。さっと会場を出て,10分もかからずやって来たのが,ここ「らーめん天水」である。お昼時にぎわっている。店の前の駐車場は満杯である。こりゃダメかと思って,しばらく先の空き地でUターンしたら,ちょうど1台が出てきて,うまくそこに止められた。
 店に入ると混んでいる。そして,この時間お客はほぼ100%は男性と言っていいだろう。仕事の途中とおぼしきサラリーマン,ビジネスマン,エンジニアとカタカナ言葉が並んでいるが,そんな感じでカウンターにもテーブルにも人が並んでいる。自分は一人でカウンターのすき間に座る。サラリーマン一人追加である。
 お品書きを開いてみると,これがけっこう多種多様である。店の名は「らーめん天水」ではあるが,中華料理屋である。ラーメンだけではなく,中華料理も多種多様にあるのだった。さて,お品書きの最初のページにラーメンがいろいろと載っている。で,満腹探検隊としては,お品書きの一番最初の「らーめん」を選ぶのが通例であるが。今日は違う。というのも順に「らーめん」「らーめんこってり」「天水らーめん」「天水こってり」とあり,やはりここは,この店の名を冠した「天水らーめん」というのがこの店の特色あるお品書きなのではなかろうかと思い,「天水らーめん」を注文したのだった。
 それにしても,先述したように,ここにはたくさんのお品書きがあるなあと眺めていると,注文してから3〜4分あまりでご所望の「天水らーめん」がやって来たのだった。なんだかえらく早いという印象である。
天水らーめん  さて,このラーメン,スープは説明書き通りの白濁色,いや乳白色である。スープを一口すすると,ゴマの香りと味がする。そして,この色から想像されるようなとんこつくさい味と言うよりも,塩味といった趣である。浮かぶゴマ油やネギなどが調和した味をかもし出している。確かにキクラゲや紅ショウガが載っていることからして,とんこつラーメンなのだが,麺も細いストレート麺ではない。だからこそ,この店の名を冠した特色ある「天水らーめん」という名前なのだろうか。
 といったことを考えつつ,このラーメンをいただき,スープも飲み干すのだった。なかなか美味いラーメンといえるだろう。
 あとで入って来たお客が,お品書きを見ることもせず「味噌野菜大盛り」と言う。どうもこの店のご常連らしい。目の前の貼り紙を見ると,ミニ宴会の案内もある。ここは単にラーメン屋の枠を超えた店のようである。次回はやはりお品書き一番最初の「らーめん」だな,と思いつつ,この店をあとにしたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
麺類
らーめん(醤油味)→600円,らーめんこってり(醤油味)→650円,天水らーめん(乳白色)→630円,天水こってり(乳白色)→680円,とんこつらーめん(野菜入り・醤油味)→680円,チャーシューらーめん(醤油味)→880円,天水チャーシュー(乳白色)→910円,味噌野菜らーめん→690円,北京風あんかけ(醤油味)→790円,五目野菜らーめん(塩味)→710円,ピリ辛屋台麺(ピリ辛)→720円
そのほかお昼のおすすめランチ,ご飯もの,点心,主菜類あれこれあり
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集