満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ニンニク げんこつ らあめん花月 嵐
(かげつ あらし) (2022.4〜)

分類:ラーメン
所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。

−−−お箸の仕切り線−−−
 2018年までの報告
 2019年の報告
 2020年の報告
 2021年〜2022年3月の報告
 このページは2022年4月以降の報告です。

−−−お箸の仕切り線−−−
所在地:金沢市森戸2−211【金沢西インター店】(国道8号線下り線沿い)
探検時期:2022年4月 今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:金色不如帰(こんじきほととぎす)
今回の所要経費:1000円
探検隊の報告:
 確かに魚介の味わいたっぷりのスープだった。
 またもや「期間限定もの」を求めての来店である。今回は「金色不如帰」という,ある意味,えらく和風で,ある意味,意味不明で,ある意味,どんな味なのか想像もつかない命名である。
 で,カウンター席に座って目の前のチラシを読むとこの「金色不如帰」とは店の名前らしい。そうか,最初から続けて「真鯛と蛤の塩そば 金色不如帰」とまで読めば,味の想像がつく。
 そのチラシには載っているものの解説があったが,いずれもラーメンらしからぬものばかりである。「ルッコラ&バジル」「ベーコンビッツ」「穂先メンマ」「トマトソース」「イベリコ豚のバラチャーシュー」「肩ロースチャーシュー」「ボルチーニソース」。こうやって並べてみるとまるで洋食である。ラーメンらしいものと言えば「メンマ」と「チャーシュー」くらい。
金色不如帰(こんじきほととぎす)  さて,そんなラーメンのスープを一口すすれば,たしかに「魚介の味わい」。きっと貝だろうと思うが「アサリ」と「ハマグリ」と「シジミ」のスープの味の区別がつかないので,単に「魚介の味わい」としか言えないのだった。その独特の味わいだが,ラーメンとしてもいける。味としては結構濃いめだと思うが,それゆえに細い麺に絡んで美味しくいただける。
 上に載っているものはとにかく混ぜて食べなさいということか,最後には結構な濃い塩味に感じてくるのだった。スープはいい味だが,1000円は高すぎる。なんだか某レストランガイドで星をもらったそうだが,高い材料でいい味出して美味しいのは当たり前である。庶民としては600円程度で,「まあまあ美味いラーメン」で十分だと思う今日この頃……

このページの先頭

−−−中華の仕切り線−−−
探検隊おまけの報告: 今回は特にありません。

−−−お箸の仕切り線−−−
 2018年までの報告
 2019年の報告
 2020年の報告
 2021年〜2022年3月の報告
 このページは2022年4月以降の報告です。

このページの先頭

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
満腹探検隊のトップページ 検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−
Prince Kochan's Productionのトップページ  サイトマップ  更新情報