満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:金澤味噌らぁめん秀(ひで)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市もりの里(山側環状線沿い)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:金澤味噌らぁめん+辛味噌タンメン+ランチ餃子(2個)  今回の所要経費:680円+730円+150円
探検隊の報告:
 夏の平日のお休みである。貴重なお休みの日,午前中は映画「ローン・レンジャー」を一人見てくる。そして,そのあとのお昼,連れあいと合流して,ご近所もりの里にできたこのラーメン屋「金澤味噌らぁめん秀」にやって来た。ここは6月23日に開店したらしいのだが,なんだかやたらとここの店が変わるなあと思っていたら,ここは以前の「神力舎」と同じ経営の「神仙」の系列店である。つまり「神力舎」を改め,「金澤味噌らぁめん秀」としたらしい。前の「神力舎」ではお品書き一番の「肉そば」は美味しかったが,あとのものは今一だったなあという印象があったので,今回は「味噌」をウリにして,どのようなラーメンなのだろうとやって来たのだった。
 さて,2人だったが,平日のお昼ということもあってか,カウンター席ではなくテーブル席に2人で座る。そして注文したのはまずは毎度おなじみお品書き一番左上の「金澤味噌らぁめん」である。お品書きの左の列は基本すべてこれの派生で,トッピングがいろいろ変わっているだけのお品書きだった。いや,左の列でも「元祖味噌らぁめん」は少々違うのかもしれない。
 さて,続いては中列である。中列の一番上が「辛味噌タンメン」であったので,これにする。「辛味噌タンメン」を注文すると,辛さが4段階から選べるが,「普通」とする。それと,お昼時間のサービスで,ここの「秀ちゃん餃子」とやらが2個で150円だったので,それも注文してみた。
金澤味噌らぁめん  さて,まずは「金澤味噌らぁめん」。これはいい味である。結構濃いめで,味噌ラーメンなのだが,このこってり感が好きな味である。まだまだ暑い夏,扇子であおぎながら熱いラーメンをいただくのだった。かなり濃いめと言えば濃いめなのだろうが,夏の塩分補給にはぴったりのラーメンである。
辛味噌タンメン  続いては「辛味噌タンメン」である。このスープかなり辛い。辛いのはわかっていて注文したのだが,「普通」でこの程度だから,「大辛」とか「激辛」だったらどんな辛さなのだろうか。そして思ったのは,辛すぎてコクがないということである。いや,コクが感じられないと言うべきだろうか。あるいは旨味が辛さに隠れてしまっていると言うべきだろうか。つまり,辛いだけのスープって感じなのだった。ということで,次回からはこれは注文しない。まあこの「辛味噌タンメン」を注文するとすれば,味は「控えめ」にするかな。
ランチ餃子  そして,ほぼ同時に餃子がやって来る。ここの特製餃子らしく,2個150円にふさわしい大きさである。しかし,餃子のあんにコクがない。と言うよりも,かなり塩辛いあんだった。餃子の皮は十分厚くて食べごたえもあるのだが,どうも中身と共に食べた時に旨味よりも塩味が勝ってしまう。
 ということで,この店は全般的に濃い味なのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ
金澤味噌らぁめん→680円,麺少なめ金澤味噌らぁめん(半熟玉子半分付き)→680円
味玉味噌らぁめん→780円,元祖味噌らぁめん→630円,特製金澤味噌らぁめん(味玉,のり,炙りチャーシュー3枚)→980円
辛味噌タンメン→730円,豚とろ味噌らぁめん→980円,肉盛らぁめん→880円,海鮮野菜味噌らぁめん→880円,味噌つけ麺→780円
醤油らぁめん→680円,海鮮塩らぁめん→880円
麺大盛り→100円増し
そのほかトッピング,炒飯などいろいろあり。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:極濃豚骨味噌らぁめん  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 日曜日のお昼である。本日家事労働デーである。そんな記念日があるのではなく,連れあいは旅に出ており,単に自分が一切の家事をするだけのことである。朝ごはんと晩ごはんは自分で作るが,お昼は買い物ついでに「ラーメン探検隊」である。とりあえず家の掃除だけ終えて,時刻を見計らってここ「金澤味噌らぁめん秀」にやって来たのだった。順番待ちが基本嫌いな「満腹探検隊」隊長は,10月の土日に連日行列でこの店に振られたので,今度こそはと開店早々に行こうとしたのだった。
 開店は午前11時。着いたのは11時5分頃。しかしすでにテーブル席は1つ埋まり,カウンター席には自分とほぼ同時に入った1人を含め2人いる。だが待つことはなく,すんなりと空いたカウンター席に,カウンター席3人目として座ったのだった。
 さて,何を注文するかだが,なんと「期間限定」のお品書きがある。「極濃豚骨味噌らぁめん」と書いてある。そこで限定ものに弱い隊長は即これにしようと決めたのだった。しかし「極濃」は何と読むのだろう。やはり「ごくのう」か?「きょくのう」ではあるまい。「ごくこい」じゃ音読みと訓読みが混在する。ということで,注文する時にはおねえさんを呼んで,特別に1枚だけ独立しているこの「極濃豚骨味噌らぁめん」のお品書きを指で指して,「これ。」と一言である。おねえさんも調理場には「豚骨お願いします。」とのこと。基本的には濃いめの味や,味噌ラーメンそのものも好きなので,出てくるラーメンに期待する。
 だがしかし,おねえさんが「豚骨お願いします。」と言ったにもかかわらず,調理場ではどうしたわけか,このラーメンが忘れられていて,自分よりあとからやって来たテーブル席のお客の方のラーメンが先にできあがって届けられる。そんなにこの「極濃豚骨味噌らぁめん」が手間暇のかかるお品書きとは思えないので,「あれれ,なんでか遅いなあ。」と思っていたが,忘れられていたのだった。なので,しばらくして「ただ今作りますのでお待ちください。」と言われ,届けられた時には「順番が前後して申し訳ありません。」と言われたのだった。
 さて,店に入って約13分後に出てきた「極濃豚骨味噌らぁめん」はこんな感じ。お品書きの能書きによれば「豚頭・ゲンコツ・背ガラを強火で14時間以上炊いた豚骨スープを使用。ドロンとした舌触りで豚骨の重厚さが舌に響く北陸一濃厚な味噌ラーメン!」ということらしい。
 スープを一口すすると,豚骨という感じはしなくて,結構濃いめの味噌ラーメンという感じ。醤油豚骨ラーメンというのはよくあるのだが,味噌豚骨ラーメンというのは珍しいのかもしれない。濃いめのこの味は好きな味だ。
 しかしチャーシューがでかい。おじさんにとっては今日1日分のタンパク質を摂取する気分。結構軟らかめである。当然だが冷たいので,スープに沈めて少し温めていただく。
 麺が濃厚なスープにからんでなかなか美味しい。麺をいただきつつ,チャーシューをくずしていただき,その合間にスープを飲む。豚骨くささは感じないが,この濃厚なとろりとしたスープの感じは豚骨なのか。いや,能書き通り「とろり」よりも「ドロリ」か。とにかくいい味噌味だったので,スープもほとんどいただいたのだった。
 チャーシューといい,このスープといい,かなりの高カロリーである。晩ごはんはあっさりしたものでも作りますか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:元祖味噌らぁめん  今回の所要経費:630円
探検隊の報告:
 日曜日のお昼である。本日もまた家事労働デーである。そんな記念日があるのではなく,連れあいは1日の仕事に出ており,単に自分が一切の家事をするだけのことである。今日は朝は目一杯眠った。うちでは通称「朝寝こく」と言う。ということで,朝ごはんは食べていないので,もうお昼だと,買い物ついでに一人「ラーメン探検隊」である。そして,ここ「金澤味噌らぁめん秀」にやって来たのだった。順番待ちが基本嫌いな「満腹探検隊」隊長なのだが,この日は外まで順番待ちはなく,店の中での順番待ちである。
ナムル  なので,しばらく立ち,あとしばらくは座って待つ。そうこうするうちに5分あまりでカウンターに案内される。
 今日の注文はまだ食したことのない「元祖味噌らぁめん」である。
 注文して待つ間,目の前にある「ご自由にお食べください。」とある壺の「自家製ナムル」を皿に取り,少々つまむ。これって,ビールにあうよなあと思いつつ,ラーメンを待つのだった。
元祖味噌らぁめん  さて,通常の味噌ラーメンとこの「元祖」とはどう違うのかはわからない。なにしろ同時に食していないので味の方が比較できない。ただ,上に載っているのはチャーシューではなく,そぼろである。つまり,上に載るものの違いなのか,味までも違っているのかはわからないまま食べたのだった。しかし,この手のこってりした味は好きなので,美味しくいただける。麺も適度な茹で具合である。時々このそぼろをスープに混ぜて,スープと共にいただくが,なかなか美味しい。ということで,この日はしっかりとスープまでいただいたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:辛味噌タンメン+味噌つけ麺+瓶ビール
今回の所要経費:760円+840円+590円
探検隊の報告:
 久しぶりのこってり味噌味が美味しかった。
ビール  夏の1日である。連れ合いとともにお昼ご飯に出かける。最初は「讃岐饂飩 宏之輔」へ行こうと立ち寄ったのだが,11時15分開店でまだ開いていない。しかも,それなのに店が開くのを待つ車が数台止まっている。ここってそんなにも人気なのかと感心するが,あと10分ほども開くのを待つ気もせず,山側環状線に出て,この「金沢味噌らぁめん秀」に来たのだった。11時開店のこの店は,まだそんなに混んでいることもなく,2人でテーブル席に座ることができた。
 さて,何を注文するかだが,今日は自分は運転手ではない,このあとの行事の予定上,市内へと送ってもらい,あとはバスでの移動である。そのために自分はビールをいただくこととする。久しぶりの運転手付きお昼ご飯である。
 テーブルの上にある味付きのもやしがちょうどいいおつまみである。
辛味噌味噌タンメン  連れ合いが注文したのは「辛味噌タンメン」。
 昔注文したものはすっかり忘れているので,なんだか食べたことがあるような気がしたが,再び食べる。辛さは「普通」である。
 前回の感想では「辛いだけ」というような感想だったのだが,今回コクもあるスープでなかなか美味しいかった。日々進化しているのだろう。
味噌つけ麺  そして自分の注文は「味噌つけ麺」。これが太麺でなかなか美味しかった。つけだれもたっぷりあり,いい味噌味である。そして,なんだかんだと麺の量も結構あるのだった。
 つけだれの中のチャーシューやメンマはビールのおつまみになる。
 つけだれを薄めるための出汁もくれたが,それは使うことなく終わる。つけだれはそのままいただいてもなかなかいい味で,これでビールがなければすべていただいているところだった。
 ということで,久しぶりの訪問だったが,相変わらずのこってり味で,しかも結構コクもあり,美味しくいただけたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2017年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:金澤味噌らぁめん
今回の所要経費:720円
探検隊の報告:
 久しぶりの「金澤味噌らぁめん秀」である。山側環状線を走り,まずは最近できたらしい「中華そば大勝」に初めて行こうかと思ったが,まだ準備中だった。そこでUターンして反対車線のここ「金澤味噌らぁめん秀」にやって来た。
 平日だったのですんなりとカウンター席の空いているところに座れる。注文はお品書き一番左上の「金澤味噌らぁめん」である。この頃この道を走っていると「味噌味を一新した」といった趣旨ののぼりが立っている。で,お品書きの基本の「金澤味噌らぁめん」としたのだった。
金澤味噌らぁめん  待つことしばし,ご所望の「金澤味噌らぁめん」がやって来る。スープを一口すするが,相変わらず濃厚で,やや甘めで,好みの味である。前とどう違うのかと聞かれても覚えていないのでさっぱりわからない。まあ美味しいということだけは言える。暑い夏の1日,エアコンは入っているのだろうが,入り口の扉は開けっ放し。暑い夏に熱いラーメンもまたいけるのだった。ついでに甲子園では熱い戦いである。
「高校野球とかけて,『カップラーメン』ととく」
その心は
「どちらも『ねっとう』が必要でしょう」
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集