満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ラーメン轍(わだち)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市久安(久安2丁目交差点そば)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:轍らーめん+Aセット(ミニ玉チャめし付き)  今回の所要経費:650円+100円
探検隊の報告:
 平日のお昼である。このあたりに用事があって,やって来た。その帰りに適当にどこかに寄ってお昼としようと,選んだのがここ「ラーメン轍」である。
 前はこの久安2丁目交差点には「らーめん ほくしん」があったが,今はそこはラーメン屋ではなく別の店となっている。この「ラーメン轍」はその隣の小さな建物で,前はどうもクリーニング屋だったようだ。片町,広小路,有松方面から来ると店には入りにくく,Uターンして野々市方向から店に入る。
轍らーめん  さて,何を選ぶかだが,満腹探検隊お決まりのお品書きの一番最初のもの,「轍らーめん」とする。しかし,小腹が空いて,お品書きを見るとお得なセットとして3種類がある。その中の100円増しのAセットの「ミニ玉チャめし付き」を選ぶ。
 ちなみに,「新しく始めました」として「ベトコンラーメン」がある。「ベトコンラーメン」は名古屋の方のご当地ラーメンで,愛知に行ったときに「新京」で食べたことがある。「新京」の「ベトコンラーメン」は美味かった。ここの「ベトコンラーメン」にもちょっとそそられたが,今はわざわざ金沢で「ベトコンラーメン」でもあるまいと,この店のきっと一押しの「轍らーめん」としたのだった。
 これはお品書きの能書きによれば「あっさりした醤油とんこつ」とある。たしかにとんこつくささはなく,あっさりとした味である。とんこつではないと言われてもそんな感じのラーメンである。
ミニ玉チャめし  ラーメンが出てすぐに「ミニ玉チャめし」が出てくる。ご飯の上に刻んだチャーシューと半熟玉子が載ったご飯である。単にライスだけでも100円だったのだが,せっかくなので「ミニ玉チャめし」としたのだった。まあ,あわせて結構カロリーの高いお昼ご飯をいただいたのだった。
 ラーメンについては最後までスープをいただいた。店は金工大に近く,学生が多く通ってくるという感じであった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 
 このときのお品書きいろいろ
轍らーめん(あっさりした醤油とんこつ)→650円,チャーシューめん→850円,全部のせ→900円,大盛り100円増し
しょうわらーめん(どこかで食べたなつかしいあの味)→500円,チャーシューめん→700円,大盛り100円増し
トッピング 煮玉子,チャーシュー,メンマ,白髪ねぎ,のり→各120円 
玉チャーシューめし→350円,ライス 大・中・小→各100円,唐揚げ→350円,ギョーザ→250円
ベトコンラーメン(豚肉,もやし,ニンニク,ニラ入り)→750円
五目ベトコンラーメン(豚肉,もやし,ニンニク,ニラ,イカ,エビ,玉ねぎ,椎茸入り)→900円,麺大盛り100円
ベトコンセット(ベトコンラーメン+ライス+餃子(5個))→900円
辛さ5段階 控えめ→通常の半分,普通→基本,倍辛→基本の2倍,激辛→基本の3倍,超激辛→!!!!!
セットメニュー(好きなラーメンに以下のものプラスで追加料金)
Aセット(+ミニ玉チャめし)→+100円
Bセット(+ライス+餃子5個)→+150円,Cセット(+ミニ玉チャめし+餃子5個)→+250円
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ベトコンラーメン  今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 今日は金沢市の北部に用事があって,そこにいた。そしてお昼を食べようとそこから「吟とん」を目指してやって来た。駐車場に止めたはいいが,店をちょっと見ると順番待ちである。順番待ちが嫌いな満腹探検隊の隊長は即方針を変更して,少し市内中心部へと向かう。武蔵にあるまだ行っていない「武蔵丸」にしようかと思ったが,この店に駐車場はない。で,近隣の駐車場にしようと思って探したが,ラーメン1杯に駐車料金をかけるのももったいないなあ,とまたもや方針変更である。そして,いきなり南部にやって来る。ふと思い出したのだ。「ラーメン轍」に「ベトコンラーメン」があったなあと。どうせなら,それを食してみるかとやって来たのだった。前回訪問してからちょうど1ヶ月後である。
 さて,カウンター席に座り「ベトコンラーメン」を注文すると,辛さを聞かれた。そうか,ここでは辛さの選択があるのかと確認する。5段階である。そうだったか,前回来た時に確認したなあと思い出す。そのうちのやはり「普通」を選ぶ。超激辛の「!!!!!」とはどの程度なのであろう。
 待つ間にお品書きを見ると,1か月ほど前にはなかったお品書きがある。味噌ベトコンらーめん(800円也),濃厚味噌らーめん(700円也)である。この2つは新しいお品書きだ。それとトッピングに,バター,コーン,もやしが付け加わっている。この店も日々工夫しているのであろうか。
ベトコンラーメン  さて,出てきた「ベトコンラーメン」はこんな感じ。丸ごとニンニクが3個ほど入っている。あとはニラともやしというおそらく基本の「ベトコンラーメン」である。辛さを「普通」にしたのだが,それでも結構辛い。にもかかわらずスープをたっぷりいただく。スープ自身は醤油味がベースである。これで「激辛」にでもしたらどうなるのだろうという感じである。そう言えば右側に座っている学生は「ベトコンラーメン」の普通以上の辛さを選択しているようである。なにしろもやしが唐辛子粉で真っ赤である。味は全体にただ辛いだけではなく,辛さの中にもうま味がある。しかしやはり「新京」の「ベトコンラーメン」には負ける。「新京」の「ベトコンラーメン」はここまで辛くなく,スープの味がこってりしている感じがする。そして,上に載っている野菜炒めがそれだけでも十分美味しかった。値段もここよりは高いが,量もその分多い。また「新京」の「ベトコンラーメン」が食べたくなったのだった。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集